寝取られ体験談で鬱勃起 最新更新情報!

【寝取られ】ただ一つのことのために全てを晒した妻 【体験談】

私は東京外国語大を卒業し松○電工の本社に就職しました。今は名前が変わってしまった会社です。
そこで5つ年上の今の夫と知り合い、25歳の時に結婚しました。
夫は私を本当に愛してくれ、私も夫を心から愛し、幸せな結婚生活でした。
しかし、結婚から1年後、義父が舌癌に掛かってしまったため、夫が実家の工場を継ぐことになりました。
夫の実家は都心から車で2時間以上掛かる田舎にあったため、私も夫と同時に会社を辞めてにUターンしました。
夫の工場は、地方にある農機メーカーの下請けでした。夫が社長になって、しばらくは非常に順調でした。。
発注元の農機メーカーからも先代と同様に発注して貰え、
私も専務などと煽てられて、従業員達と一緒に社員旅行で海外へ行ったりもしました。
ところが、折り悪く、リーマンショックによる大不況の波が当社にも押し寄せ、経営は非常に苦しいものとなりました。
売上の大部分を占める農機メーカーからの受注が一気に減ったことが大きな原因でした。

給与などの支払いが自転車操業状態に陥り、工場を閉鎖することも視野に入れなければならなくなりました。
しかし、従業員の多くは再就職の難しい年配者であったため、彼らの生活をなんとか守りたいという夫に
私も同意見でした。
なにより闘病生活を送っている創業者である義父にとって、工場は生きがいそのものだったのです。

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

|||||||||||||||

2015年4月8日 | 寝取られ体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【寝取られ】ネトラレに関する一考察 【体験談】

ネトラレという言葉が市民権を得て、
エロ分野におけるひとつのジャンルを形成したのはここ数年のことである。
比較的新しい、このネトラレというジャンルについて私は以前から大きく二つの分野に分けられるということについて、
大衆がもっと留意すべきであると考えていた。
この場を借りてその考えを披露したい。

まず、言葉どおりのベーシックなネトラレは、
自分の妻ないし、恋人が、他の男に陵辱されるというパターンである。
これはネトラレの基本形と言って良いだろう。

そしてもうひとつのネトラレは、
自分の物では無いが、ずっと自分が憧れていた意中の女性が他の男に陵辱されるというパターンである。
自分の妻でも恋人でもないので、原義的にはネトラレとは言えないはずだが、
これもネトラレのジャンルに含めて考えるべきだろう。
特に、自分など相手にしてくれそうにない、いわゆる高嶺の花である女性が、

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

|

2014年10月16日 | 寝取られ体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【寝取られ】妻は銀行員【体験談】

私の妻・貴子は27歳。銀行に勤めています。
 厳格な両親の躾の甲斐あって性格はいたって真面目で浮ついたところもなく、
おとなしそうな瞳が優しげな雰囲気を醸し出しています。

 私にとっては少々自慢の愛妻で、友人や知人からお世辞を言われるのも心地
よく感じています。
 昨年結婚してもうすぐ一年ですから新婚ですが、学生時代からの交際なので
あまり新婚らしい新鮮さはないのかもしれません。その分、気心が知れていて
気楽でいいのですが。
 私は一つ上の28歳。ごく普通のサラリーマンです。

 結婚して三ヶ月ほど経ったある朝、妻が今夜は同じ支店の同僚と飲みに行く
と言うので「じゃあオレも行っていい?」と冗談で聞いてみました。妻はそう

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||

2014年2月3日 | 寝取られ体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【人妻】ギックリ腰【出来心】

先日、暑い日の昼下がりでした。
私は、息子とその幼稚園のお友達を、私の家で預かっていました。
私はプログラマーをしており、ほとんどが在宅での勤務です。
お友達のお母さんは、景子さんといい、36才で3人の息子さんがいます。
小柄で、いつも元気いっぱいの景子さんとは、私達夫婦にとって良き友人です。
エアロビクスのインストラクターの仕事をしていて、お互いに子供同士も仲良し
ということもあり、仕事の時は子供を一緒に見ています。
家内は最近は夜6時頃まで、仕事で帰りません。
景子さんが1時頃、エアロビクスのインストラクターの仕事から帰ってきました。
子供は二人ともお昼寝をしています。景子さんが、寝ている息子を抱きかか
えようとしたときに、その事件は始まりました。
「痛いっ!」呻くような声を聞いた私が、リビングから和室を覗き込むと、景子
さんは、自分の子供に覆い被さるようにして、ピクリとも動きません。
「大丈夫ですか?どうしました?」
「腰が・・・。」

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

||||||||

2014年2月1日 | 寝取られ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【寝取られ】罠にはまった夫婦【体験談】

自分でも恥ずかしすぎる体験です。興味のある方や、下手な文章でも我慢できる方のみ読んでいただけると幸いです。

からの続き・・

どのくらい寝てしまっていたのだろうか、両手の自由を奪われて縛られている私の横に、さっきまで飲んでいたと思われるビールの小瓶が置いてあるのだが、まだ中身が残っているようで、全部飲む干す前に寝かされてしまったようだった。

部屋中が何か物々しく、すでに彼女への本格的な陵辱の儀式が行なわれようとしている雰囲気の中、ゆう子のお尻をしばらく撫で回していた白人Aは、次にゆう子のパンストとパンティを、スピーディ−のようだがパンストには絶対に傷をつけないくらいの繊細なタッチで一気に脱がしていった。

ゆう子は私達がこの部屋に入って来た時よりも、夫の私から見て、気のせいかもしれないが化粧が濃く見えたのだが、それより何より彼女の意識が、私より増して無さそうなのが一番心配だった。
今の状態でも心配なのに、これからゆう子に行なわれると思われる、彼らの悪事のことを想像してしまうと、悲しみと怒りがこみ上げてきて震えが止まらなくなっていった。

我々を空港の貸し車屋から見事に騙した女はたぶん日本人、英語の発音からするとクウォーターかもしれなく、Aは完全に100%白人、身長も180センチは悠に越える大柄男のようだった。

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

||||||||||

2014年1月29日 | 寝取られ体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【寝取られ】寝取らせ男【体験談】

252:名無しさん@ピンキー:2007/09/07(金)00:05:16
嫁37歳は、一年前から近所の工場の食堂にパートに出ている。
パートなので、盛り付けとか配膳等の簡単な仕事なんで、勤務時間は10〜14時。
その嫁が厨房内の調理スタッフの男34歳に狙われた。
嫁の特徴は身長168cm、Eカップ。巨尻。豊満系でそそるタイプだ。
最初は仕事中に話しかけられ、次第に会話も増え親しくなって、午後2時に仕事終わるんだが、
昼食も同じテーブルでするようになったそうだ。
そのうち飲みに誘われ、初めのうちは断っていたそうだが、親しくなるにつれ、
グループで行くようになり、
そして、3〜4ヶ月もすると、断り切れずついにペアで飲みに行くようになったそうだ。
話題は最初は他愛の無い話だったが、次第に口説かれ始めた・・・
『○○さん、ずーっとファンだったんですよ』→『若々しくて素敵ですね』→
『頑張ってるところが好きですよ』

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

||||||||||

2014年1月28日 | 寝取られ体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【寝取られ】奈落の底へ【体験談】

私は東京の農機具会社に勤務している33歳の会社員です。
妻は今年で28歳になり会社の受付をしていましたが2年前に社内結婚し退職しました。
自分で言うのもなんですが妻は中々の美人で、口数も少なく清楚という雰囲気の私の自慢の妻です。
これまでは何とか一番出世でエリートとして認められてきましたが、ある失敗をきっかけに北海道の営業支店に転勤となり、今はトラクターやそのほかの機械を買ってもらうために毎日農家に通う毎日です。
ここでがんばらないと、東京の本社に戻れなくなる恐れがあるため、何としても実績を残す必要がありました。
しかし、優等生で育ってきた私には、粗暴な言葉遣いの若い農家の人たちが怖く、なかなか馴染めず、また買ってほしいばかりに卑屈になるため、ほとんど舐められまくりの毎日です。
年下の農家の人たちに、呼び捨てにされて、ほとんど小間使いのように農業の手伝いまでさせられている始末です。
また会社の中でも、現場を知らないという気後れと、みんなとうまくやらなければならないとの思いから必要以上に気を使い、結局は高卒の若い社員にまであごで使われるようになってしまいました。

そんな中、会社が企画した農家のお客様たちを招いての焼肉パーティーが開催されることになりました。その接待パーティーの接待に会社の女子社員だけでは満足してもらえない(女子社員は19歳と20歳のコギャルみたいのと45から50歳くらいの太ったおばさんが3人)と考えた支店長が、営業マンの妻を応援に出せといってきたのです。私は会社での惨めな姿を妻に見られたくないという思いから、なんとか許してもらおうと支店長に頼みましたが、支店長に睨まれると東京の本社に戻れなくなる恐れがあるため、結局は承諾せざるを得ませんでした。

私は妻に恵美に会社の行事なので出席をたのみました。
素直な性格の妻は「会社の行事なら私もがんばらなきゃね。」と承諾してくれましたが、不安そうな顔をしていました。そしてその不安そうな顔は私をも不安にし、その不安が私たちの予想をはるかに超えて的中してしまうということを、私たちはまだ知りませんでした。

当日は快晴で、夜6時からの焼肉パーティーのため4時くらいから、準備をはじめました。

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||||

2014年1月27日 | 寝取られ体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【寝取られ】盲目の少女【体験談】

その出会いは、ちょっとした怪我が原因で入院した時だった、彼女と会ったのは…
夜中にトイレに行こうと病院の廊下を歩いてると、目の前に
窓からの月の光を浴びた、どこか神秘的な雰囲気を持った少女の姿を見つけたんだ。
「あっ…えっと看護婦さん?ごめんなさい、すぐに病室に戻るから」
彼女は僕に気付くと急に謝りだしたのです。
「いや、僕…看護婦さんじゃないんだけど」
いくら暗い中とはいっても、この満月の光の下で看護婦に間違われるとは思わなかったよ。
でもそれは仕方無かったんだ、その後に僕の彼女となるこの少女…『月宮このか』、彼女は盲目だったんだ。

あの初めの出会い以降、僕達はよく会って話をしていた、最初はお互いに遠慮しあって
長いこと会話が弾まなかったけど、いつしか慣れてきて色々とお互いの事を口にしていた。
「小さい頃に事故で失明してから、この病院から出た事がないんだ私…出たいとも思わないの怖いから」
彼女はそんな事も言っていた、本当なら学校生活を楽しむ歳なのに、幼少の時からこの病院内で

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||||

2014年1月23日 | 寝取られ体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【人妻】これが【出来心】

 私38歳、妻31歳どこにでもいる夫婦だと思います。
妻を私が見初めて結婚してちょうど丸6年になります、超美人ではないですが
そこそこいい女と思います、このサイトはいつから見始めたか覚えていませんが
結婚して数年後に偶然知りました。
 ここを愛読するようになって、いつも興奮していました。皆さんが書いてある
文章を読み、それを妻と私に置き換えて読んでいます。しかしどこかで本当に妻に
させたいという思いがあるのは私だけではなく、ここにいる殆どの方がそうなのでしょう。
 しかし勇気のない私は妻にここを読んでいることさえ言えません。それでも願望だけは
どんどん膨らみ妄想が妄想を呼んでいました。時々ここを読んで興奮したままベッドに行く
ことも何度かあります。
 たぶん妻は処女だったと思います、私の少ない経験からははっきりと断定はできませんが。
そしてそれから私たちはごく普通の生活をしていたはずでした。それがなんとかく違和感を
感じ始めたのは、昨年の私の誕生日の日でした。
 二人でレストランでに行き、食事も終わりかけたころに妻が「欧介さん、私が他人に愛さ
れたらどう思う?」と突然言ったのです。それは私の中に願望としてはあったのですが、妻

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||

2014年1月23日 | 寝取られ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【寝取られ】人妻Mさん 【体験談】

職場の部下のSから携帯に電話がかかってきました。
「課長、もしよかったらですけどMさんの鑑賞会を明日やるんで参加しませんか?」

Mさんとは同じ職場で、40歳くらいの既婚の女性。
後輩でぼんくらのSなどとは違って仕事もバリバリこなす慶応出の、まあまあ美人。

なんのことなのか判らなかったのでSに問いただすと
「Mさんが為替でしくじって借金を申し込んできたんだけど、返してもらえるアテが
なさそうなので断ったんですけど」
「なんでもするって泣いて頼まれたので、あきらめさせようと思って、会社の仲間
の前でヌード鑑賞会するなら500万貸すといったら、やるというので・・・」

悪い冗談かと思いましたし、いくらなんでもあの聡明で美人なMさんがそんなこと
とも思いました。
しかし聞いてみるとSは為替で相当儲けているらしく、どうも本当の話のようです。

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

|||||||

2013年12月13日 | 寝取られ体験談カテゴリー:寝取られ体験談
1 / 812345...最後 »

このページの先頭へ