寝取られ体験談で鬱勃起 最新更新情報!

【人妻】妻を常務に預けてしまった(3)【出来心】

 妻を常務に預けてしまった(3)    龍 晃一 私の失敗したことを棚に上げて妻を責めようとしていた。妻は私の失敗をカバーする為に常務に仕方なく身を捧げたのである。女は常に受身なのだ。私よりも太くて逞しいペニスで何度も逝かされ、失神してしまうと常務に惚れてしまうものである。媚びを売っているのではない。肉体の満足感が自然に常務を愛する身体になって行ったと思われる。雅美の好きなものをプレゼントされると女心は靡いてしまうものである。 このことを感覚としては理解しているが陰毛を剃られ、キス マークの残る肉体を診ると激しく嫉妬し妬みを抱いてしまう。頭では雅美に済まないと詫びるが言葉では言えなかった。常務に奪われた雅美の肉体を俺のものだと俺の精液を膣に注ぎ、口に飲ませることが唯一の憂さ晴らしであった。常務に犯され続けた沙織を戻って来ても犯し続けた。 携帯で聞いたような悶絶する絶叫を聞くことはなかった。妻の肉体は、常務のテクニックに疼いていた。私のペニスでは妻を失神させることができないもどかしさがあった。「あなた無理しないでもいいのに—-」
「俺は、雅美を常務の爺に奪われたことが悔しい—-」
 幾ら悔しいと言っても雅美の肉体は反応しなかった。疲れ果てていつの間にか眠っていた。 そんなことの繰り返しが毎週続いていた。
 雅美の肉体を逝かせることができなくなって、4週間が過ぎてしまった。俺の辛さを和らげようといつも笑顔で家庭内を明るくしてくれている。雅美に感謝しなければならなかったが出来なかった。 雅美と常務が結婚式を挙げるためにグァム島に行く日が近づいてきた。出発の前日に常務から呼ばれた。常務の部屋に入ると笑顔で迎えてくれた
「雅美が妊娠してくれると君を部長にしてやる。君が望んでいた資材部の部長の椅子を準備している」
 会社で昇格することは何よりも嬉しいことである。
「ありがとうございます」
「明日から3泊4日でグァムに行ってくる。妊娠させたい」
「頑張ってください」 以前のように反発心が失せていた。淡々としていた。
「妊娠するかしないかは神が決めること」
 と思うと心も安らいでいた。
 私がミスした10億円の損失を如何に解決したのか知らなかった。会社では表立っていなかった。 常務と相手の会社の社長が大学の同期であることは聞いていた。常務の剛腕さと巧みな話術で大きな問題にならなかったことは雅美の功績なのであった。 そのように考えると雅美の本心は知らないが気持ちよく送り出すことにした。グァムで着るビキニの水着もドレスも常務が準備してくれたと聞いた。
「雅美、嬉しい—-」
「恥ずかしいわ」
「何で—–」

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||

2013年12月11日 | 寝取られ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】酔った勢いで妻を晒してしまった・・【出来心】

今年のGWに同級生と飲み会があったのですが
同じ日に妻も職場の仲間と食事会(飲み会)があり子供たち4人を私に実家に預けて出かけました。私は44歳、妻は41歳、子供は高校生の長女と中学生の次女、小学生の三女と長男という家族です。妻から『二次会の後、カラオケに行くから少し遅くなります。』とメールが着ていました。
私たちは居酒屋を出てスナックへ行く予定が私の家で飲もうってことになり
タクシー2台で私と5人の友人がコンビニ経由で我が家に到着、飲み会の続きをしていました。しばらくして酔った妻もタクシーで帰宅、そのまま飲み会の輪に加わり
上着を脱ぎタンクトップと膝までのスカート姿で最初は床に正座してたのですが
気づくといつの間にかソファー側に座り友人の一人に少し持たれかかっていました。話題は下ネタというか妻の胸の話で盛り上がっていました。
妻は少しポチャっとした体型で巨乳&デカ尻で、妻が帰宅するまでも友人たちが胸を揉んでみたいとか
話のネタになっていたので、その延長だったのです。
実際に妻は巨乳でブラをしていれば素晴らしい胸なのですがブラを外すと見事に垂れています。
お腹も皮が垂れて妊娠線が目立ちます。妻は二人の友人に挟まれて満足そうな笑顔でしたが、酔って眠そうな虚ろな目をしていました。
しかしそんなことはお構いなく二人の友人は妻の胸やお尻に軽くタッチしていました。
最初は「きゃー」とか「エッチねぇ」とか言って友人の手を振りほどいていましたが
途中から何も言わなくなったと思ったら眠ってしまってました。その時気づいたのですがソファーの反対側に座っていた三人の友人の視線が妻の下半身に集中しているようで
妻の方を見るとスカートの裾が上がり股も少し開いてるようで向かいの友人たちには股間の下着が丸見えのはず・・・
と思った瞬間に酔ってたこともあったのか私の悪魔の部分が騒ぎ出したのです。立ち上がると三人の後ろに回り込み妻の股間を覗きこみました。

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

|||||||||||||||

2013年12月10日 | 寝取られ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】妻を常務に預けてしまった(1)【出来心】

 私には辛い思い出があります。丁度10年前のことになります。妻、雅美、30歳。私が33歳の時です。営業職10年で社長賞を獲得して課長に昇格しました。有頂天になっていたのかも知れません。妻が25歳の時に結婚しました。雅美は社内でも評判の美人で大学時代には、ミス丁市になったほどです。 社内では、若い彼氏とできている。上司と不倫していると言う噂も流れていました。私が福岡支社に転勤してきたとき、雅美を誘いました。断られると覚悟していましたが承諾してくれました。何回かデートを重ねて結ばれました。
「結婚しょうか」
 駄目元のプロポーズを承諾してくれて結婚しました。私が28歳になった時です。仕事のノルマを達成させることに苦しんでいましたが、結婚したことで運が向いてきました。 お得意さんからの注文を一桁ミスして、1000個を10000個で発注してしまいました。急いで訂正しましたがコンピューターが走ってしまい受注を確定してしまいました。常務に失敗したことを報告して、訂正する許可を貰いに行きました。
「馬鹿野郎、お前は何年やっているのか—-首だぞ」
 と脅されました。
「何とか、首になることだけは勘弁してください」
 と何度も懇願しました。「条件がある」
「ハイ、聞きます」
「ノーの回答は、首になるだけだ。お前の奥さんを毎週一夜、俺のマンションに泊まりに来ること」
「エーッ—–」
 拒否することができませんでした。
「解りました」
 この場を治めるには、承諾することしかなかった。 自宅に戻ってもことのを妻に話すことができなかった。私が余りに塞ぎ込んでいたので、
「あなたどうしたの—–」
 し聞いてくれた。会社での失敗、常務とのことを話した。

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

|||||||||||

2013年12月10日 | 寝取られ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】黒人男性と付き合った私【出来心】

私は、数年前に英会話教室で1人の黒人男性と知り合いました。
彼の名はリオン
凄く紳士的で、優しい人柄に引かれ私は恋に落ちました。
リオンは当時、ある工場で働いていたんですが、バイトを頼まれ
期間講師として教室に来たんです。
もちろん教室内での恋愛は禁止されていたので、彼はバイトを辞めました。外国人のSEXは日本人とは大違いに激しいものでした。
チンポも半端なく太く長いんです。
彼と知り合うまで私も何人かの日本人男性とお付き合いしましたが、比べものに
成りませんでしたし、プレーも凄く長い時間をかけて攻めて来ます。
初めは、彼の本性を知らず受け入れていましたが、だんだん彼の虜となり、身体が断れなく
成って行きました。
彼はSM好きで、とにかく私の身体を縛ったりぶったりするんです。(外人はアソコに毛が無いんだと剃られました)
色々な道具や薬を使い、私の身体はドンドン彼の玩具と化して行きました。
でも、普段の優しい彼にすっかりハマっている私にNOと言う選択肢はありません。そんな彼との交際も1年を過ぎようとした時でした。
彼に言われる様に、下着を付けずワンピースを着ると、アソコに5個とアナルに3個ローターを

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

||||||||||||

2013年12月9日 | 寝取られ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】愛妻を淫乱な女に・・・智子編【出来心】

私達夫婦(智・33歳、愛・36歳)  私の願いから妻・愛を清楚な女から淫乱な女に変えていった現実の話を聞いていただきました。今回は友達夫婦(直樹・33歳、智子31歳)の話しをさせて下さい。
直樹は私以外の男を知らなかった妻を罠に嵌めた協力者です。
直樹と智ちゃん夫婦には子供がいません。
子供が出来ないのを理由にレス状態になっていました。
しかし、愛が間に入って二人で話し合った結果、子作りに努力していましたが1年経った時点でも妊娠の兆候はありませんでした。
直樹は変わっていく妻のように智ちゃんも一緒にセックスを楽しんで欲しいと洩らしていました。
直樹は智ちゃんとのセックスのたびに『他の男とセックスしてみないか?』とか、『誰か他の男と3Pしよう?』などと言ったりバイブやローターを智ちゃんに使ったりするようになったらしいのです。
心配になった智ちゃんは、普段から姉と慕っている愛に相談してきました。
「愛さん・・・相談したい事があって・・・」
「いいわよ。どうしたの?」
「電話では話しにくい事なんです。週末、直樹さんは出張でいませんのでお邪魔してもいいですか?」
「あら、いいわよ。うちの人も土曜日はゴルフだし、そのまま飲みに行くって言ってたからお泊りにくる?一緒にご飯を食べてお酒でも飲みながらゆっくりと話しを聞いてあげるわよ」
「じゃあ、5時頃にお邪魔します」
「ええ、いらっしゃい。待ってるわ」
電話を切った愛は私と直樹に連絡してきました。

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||

2013年12月9日 | 寝取られ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】愛妻を淫乱な女に・・・8【出来心】

直樹と岡本君とで妻の誕生日を祝った翌週に〇〇商事の木下君から「飲みに行きませんか」とのお誘いがあった。
勿論、妻を貸し出す件である。
写真の女性は私の妻だと告白する決心はついていたのでOKしました。
私は愛に了解を得るため連絡ととりました。
「愛、木下君から電話があったよ。今晩、飲みに行くから・・・木下君との貸し出しプレイを打ち合わせてくる」
「あなたにお任せします。私はあなたの望む女になるわ。」
「じゃ、少し遅くなるから・・・」
私は電話を切りながら、私には妻の不安な気持ちが伝わってきます。
今まで、私と一緒に複数プレイなどは経験してきましたが、妻一人で他の男に抱かれるのは初めてです。
今まで知らなかった快感を知る事によって、淫乱な女になっていくことを期待して木下君に会いに行きました。
酒の席は居酒屋ですが個室を予約してくれていて秘密の話しをするのには好都合です。
小一時間ほど仕事の話などしましたが木下君が鞄からUSBメモリーを出して
「ここに妻の記録が入ってます、家で確認して下さい。社長が信頼してる友達がたに見てもらって結構です。私達には子供がいません、妻は仕事もしてませんのでいつでも貸し出しできますよ。社長の彼女さんとプレイする前に友達と楽しまれますか?ビデオさえ撮っていただけたら私も楽しめますから・・・」
「いや、連絡を取ってみないとわからないなぁ?それより、木下君。君に話さないといけない事があるんだ。」
「社長なんでしょう?話しって・・・」

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||

2013年12月9日 | 寝取られ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】勿体無いほど美形の人妻⑦【出来心】

S子と付き合い始めて半年後、S子と私の関係が変わりました。夜をかたくなに拒絶するS子の態度に疑問を感じた旦那から行動を調べられ、
浮気がバレたのです。S子は裸になるよう命令され、パイパンにしている理由を追及された挙句、
淫乱!売女!、挙句は子供2人の前で“お前たちの母親は盛りのついたメス豚だ!”と言われたそうでした。不倫の相手を追及されましたが、私の事は隠し通し翌朝家を出たS子。朝9時前に電話をしてきました。“家を出ました・・・”私は何も聞かず“こちらにおいで。私がS子の面倒を見るから。”と言いました。その日はS子をホテルに泊め、翌日にアパートを借り、家具や電化製品等生活に必要な物を揃えました。そう、S子は私の愛人として生きる事になったのです。
傲慢と思いますが、十分な生活力が有るとは思えない元の旦那には勿体無い女・・・そう思ってました。
愛人となったS子の生活はセックス三昧。毎日どころか朝昼晩です。朝起きてから、私が会社に行く前にSEX。アパートで昼食をとりSEX。
夜も疲れ果てるまでSEX・・・我ながらよく飽きないなぁ・・・と思えるほどでした。私はS子に剃毛は面倒臭いし、どうしても伸び始めの見栄えが悪いので、
美容形成外科に通わせ全て脱毛させました。次にクリトリス、ラビア、乳首にピアスを施させました。恥丘に“淫乱”とタトゥーを入れさせる事も考え、S子も承諾しましたが、さすがに止めました。そうまでしなくても十分すぎる位の卑猥な体です。騎乗位で腰を振らせると、揺れる胸の先で動くピアス。同じく騎乗位で股を開かせるとパイパンに出入りするチンポは丸見えで、
局部で輝く3個のピアスも美しく卑猥・・・AVにも居ない様ないやらしいモデルです。
このころのS子はアナルSEXでもイクようになっていました。四つん這いでクリにローター、オマンコには極太のバイブ、アナルには私のチンポをぶち込まれ、
逆にアナルに極太バイブ、オマンコに私のチンポ・・・被虐的な快感に酔いしれ、ハメ潮を吹き散らしながらの絶叫アクメを迎えます。
“こんな変態に調教されたら、もう普通のSEⅩなんてやってもダメね・・・”とS子。S子にはもともと被虐的な妄想があったと告白しました。小学3年の時にオナニーを覚え、中学生の時に目にしたアダルト雑誌の写真・・・SMです。その中でも、複数の男性にオモチャにされる女性の写真に強烈に興奮したとの事。
それからのS子のオナネタは“輪姦”。中学一年でバージンの女の子のオナネタが輪姦・・・
しかも口やオマンコ、アナルも同時に犯され、顔や体中にザーメンを注がれる・・・不自由に体を縛られ、身動きが取れない・・・なのに犯されてイッてしまう・・・SEXの時にS子は“もっと汚して!滅茶苦茶にして!”と叫ぶことがありました。
SM写真の中に出ていた女と自分をリンクさせていたのです。私は多少ですがSMプレーは経験していました。
亀甲縛りなどはマスターしてましたが、複雑な縛りは分かりません。専門書を購入しS子をモデルにして覚えて行きました。

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||

2013年12月9日 | 寝取られ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】勿体無いほど美形の人妻⑤【出来心】

S子はその頃になると、旦那とのSEXは拒否していると言いました。“だってぇ・・・このチンポ食べてるとバカバカしいし・・・”
十分だな…そう判断しました。
“S子、俺の命令なら何でも聞くか?”
一瞬不安そうな顔色を浮かべ“なんですか”と聞くS子。
“先にハイと言いなさい、S子が困るような事は言わないから・・・”“ハイご主人様。”
私は自分の事を“ご主人様”と呼ばせていました。
“オマンコの毛が邪魔。全部きれいに剃りなさい。”
旦那とのSEXは無くても、小さな子供とお風呂には入ります。
“拒否するかな・・・”という私の不安は簡単に消えました。
“う~ン・・・旦那はいいけど子供とのお風呂が・・・隠してればいいか。”
私の懸念を自ら語り払拭するS子に呆れました。
“もう一つ、次からは淫乱変態になるためアナルを調教していくからな!”
アナルでイク変態女・・・しかも不倫相手に調教されて・・・。可愛い愛妻に拒否されて、自分が知らないうちにアナルを犯されアクメする淫乱変態にされている・・・クリには強力なローター、オマンコには極太バイブ、アナルはカリの張ったチンポをぶち込まれて・・・
このころのS子は潮を吹くようになっていました。
特に入口をカリで擦り、激しく出し入れすると次第に入口が締ってきます。潮を吹く直前になると本気汁が多量に出てきて・・・イクな・・・と思った瞬間にアクメ。“イクっ!”と叫びながらビュっと吹き出します。一度吹いたらなかなか止まりません。

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

|||||||||||||

2013年12月8日 | 寝取られ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】勿体無いほど美形の人妻④【出来心】

翌日もS子と会いました。お腹は減ってないとの事でラブホへ直行です。途中コンビニでビールや摘み、サンドイッチなどを購入しました。
その日以降、S子と私のデートはこのパターンになって行きました。その日S子に聞いた話。
S子は専業主婦!
子供は二人で結婚したのは19歳。
出会い系を始めた理由(?)は旦那の浮気だそうでした。
私は驚きましたよ。
主婦?全然見えませんでした。上品で年より若く見え、いいところのお嬢様にしか見えない・・・
結婚に失敗し実家に出戻りした…そんな想像をしていました。
その日のS子とのSEXは、S子のフェラから始めました。
部屋の椅子に座った私の前に跪き、左手でチンポの根元を掴みしゃぶりながら、
右手ではクリトリスを・・・S子のオマンコは、シャワーから出た後で既に濡れ切っていました。自分でなぞるクリからは“クチャクチャ”と卑猥な音が・・・“あれっ?もうオマンコ濡らしてるの?一昨日数えきれない位イッたのに?”S子は私のチンポをしゃぶりながら頭をイヤイヤします。私と言えば一昨日出してないし・・・カリもビンビンです。
“すごいでしょ?チンポがビンビンでしょ?S子の涎でいっぱい汚してくれよ!”“オマンコがクチャクチャ言ってるよ!そんなに俺のチンポが欲しかったのか?”“今度は淫乱S子の濡れ濡れオマンコを舐めてやるよ!”S子を立たせると足を広げさせました。
今度は私が跪き、S子のオマンコを指で広げるとS子の右手でクリの皮を剥きあげさせました。剥き出しのクリトリスはピンピンに膨れあがっています。私は、S子のクリに舌を当て、S子に腰を振るように命令しました。はじめはおずおずと動いていたS子ですが、次第に堪らなくなってくると、左手を私の頭に回し腰の動きは早く激しくなって行きました。
”あっ・・・気持ちいいっ・・・アンああっ!”S子の左手が私の頭をギュッと抑え付けてきました。
“あっあっあっ!あ、あっ、あ・・・”S子がイク直前、私は舌を引込めます。

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

||||||||||||||

2013年12月8日 | 寝取られ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】勿体無いほど美形の人妻③【出来心】

手で顔を覆いながら濡れたオマンコは丸出し・・・間隔が長くなって行きながらもビクンビクンと前後に痙攣する腰・・・
男からすれば何とも卑猥な眺めです。
息も絶え絶えの彼女を俯きに替え四つん這いにさせました。
イた太ばかりの彼女はグッタリとして為すがまま・・・私の唾液と愛液が入り混じり、オマンコはグチャグチャです。私はチンポをあてがうと、オマンコの入り口をまた何度もなぞり上げます。
“アン・・・あっ・・・”しばらく続ける彼女は喘ぎだしました。わずかながら腰もグラインドしています。チンポのカリでクリトリスを擦り上げると“ああっ・・・いっ・・・”“ほら欲しがってるよ。どうする?チンポ嵌めたいんでしょ?”“ン・・・いやっ・・・いっ・・・あっ”彼女の声は弱弱しく、言葉に反して腰のグラインドは大きくなって行きました。“言ってごらん、どうして欲しい?ヌルヌルのオマンコにチンポ嵌めて欲しいって。”私は彼女の耳元で何度も囁きながら同じ動作を繰り返します。
“・・・さい・・・を・・・て・・・”“ちゃんと言わないとこのままだよ。クリ舐められてイッたでしょ?恥ずかしいことないやん。”“・・・てください・・・んちんを入れ・・・”“ほら、はっきり言わないと分かんないよ!私のオマンコにチンポをハメてっていいなよ!”そう言いながらクリを擦りたて、オマンコの入口に先をあてがいジッとしてると、
何とか入れようと彼女の腰が押し付けられてきます。
そのたびに腰を引き、彼女の望みは叶えてあげませんでした。絶対に落としてやる!そう決めていました。私もビンビンに興奮し、チンポのカリはパンパンに膨れあがっています。“お願いします。私のオマンコにビンビンのチンポをハメて下さいって言いなよ!”
彼女は堪らないようで、腰のグラインドも早くなっていました。
危うく入りそうになったり・・・私は尻を掴み動かせないようにするや入口にチンポをあてがいます。カリの手前まで挿入し“早く!言わないと抜いちゃうよ!”とうとう彼女が落ちる瞬間が来ました。“お願いします…私・・・わたしの…ンコ・・・オマンコにおちんちんを・・・て・・・入れて下さい。”“はっきり言わないとダメでしょう?それに子供じゃあるまいしおちんちんなんて・・・チンポと言いなさい!”そう言いながら腰を少し引きました。“あっ・・・いやっ・・・オマンコに…私のオマンコにチン・・・チンポをハメて下さい・・・”“チンポじゃなくてビンビンのチンポだろ?言い直し!S子のオマンコにTさんのビンビンに起ったチンポをハメて下さいっていいな!”
ここまで来ると口調も変えます。
“あ~っ・・・お願いします、チンポを・・・ビンビンに起ったTさんのチンポをS子のオマンコにハメて下さい・・あ~っ、イッ!”
私はS子の言葉が終わらない内にゆっくりと入れ始めました。
ビンビンに起ったSさんのチンポまで言った時にはカリまで、S子のオマンコまで来たときは半分まで、ハメて下さいの直後には子宮口に届くまで深く・・・
あ~っ凄い・・・奥まで届いてる・・・す、すごい・・・っ・・・”ゆっくりと抜けてしまうくらいにチンポを引くと“あっ!いやっダメっ!”とS子。大丈夫、抜きはしないよ。

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

||||||

2013年12月8日 | 寝取られ体験談カテゴリー:人妻との体験談

このページの先頭へ