寝取られ体験談で鬱勃起 最新更新情報!

【不倫】美和子物語 竹下さん大好き【浮気】

美和子物語 竹下さん大好き ! !
ある週末の事でした。竹下さんと約束の場所で落ち合いました。
夕食を摂ってからバーへ移動して軽くお酒をいただき二人ともほろ酔い気分でした。
竹下さんがダンスに誘ってくださいました。そこでカラオケスタジオへ出かける事になりました。
女性同士ではカラオケに出かけていましたので雰囲気のよいお店へ案内しました。
適当なアルコール類を注文してお好みの歌を歌いました。
私はビートルズの歌を英語とフランス語で交互に歌い続けました。
大学時代に歌ったものですから大いに楽しみました。
個室ですからカーテンが有りますがそれを閉じてドアーをロックしますと完全な密室です。
お酒の酔いに任せて野球拳をして負けた方が洋服を脱ぐゲームを始めました。
10分くらいで美和子はブラとショーツだけになりました。彼はランニングシャツだけです。トランクスは先に脱いでいましたので・・・。
このような状態でチークダンスを始めました。数分で彼のジュニアーが勃起して美和子のショーツにふれます。
じゃんけんをしないのに彼がショーツを下げます・・・。
二人は踊りながら合体です。交接する直前に彼の唇が私のベビーにキスしてくれました。
朦朧としていましたがたくさんのラブジュースが合体を容易にします。

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

|||||||||||

2013年10月22日 | 寝取られ体験談カテゴリー:不倫・浮気体験談

【不倫】美和子物語 ダイアの指輪【浮気】

美和子物語 ダイアモンドの指輪
竹下さんとの出会いは週末の恒例行事になってきました。
彼の学歴は中学卒ですが何事に付けても研究熱心でした。
彼は奥様とは離婚していました。私も別居状態で事実的には離婚の意志を固めていました。ですから、二人の関係は恋人です。誰かに非難されるような事は無いと思っていました。
ベッドに入るときは、『美和子』と呼び捨てされていましたが不思議に抵抗感は有りませんでした。
只、外出先で『美和子』と呼び捨てで呼ばれるのは嫌でした。
逢うたびにベッドインして4~5時間の性交渉は何にも代え難い幸せでした。
お会いすると何回も何回も合体して射精されていました。
竹下さんが外語学院の講師の女性(美和子とは面識もあり複雑な心境でした)と仲良くされた翌日は、2~3回位しか私へ射精出来ません。
それでも、知らない素振りでやり過ごしていました。恋人が他の女性とベッドを共にするのは私への侮辱でした。
ある日の事ですが竹下さんのペッテイングで私が濡れているのを確認してから膣の内部に中指を挿入してきました。
それに引き続いて尿道へ小指の挿入を試みました。結婚時代には経験しなかった事でした。
ビックリしましたが敏感な部分が膨張したのかも知れません。
私の尿道へは彼の小指の第一関節までが入った様でした。目も眩むような経験でした。
勿論、初めての経験です。その状態で私のベビーは分泌物が沢山出ています。

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

|||||||||||

2013年10月22日 | 寝取られ体験談カテゴリー:不倫・浮気体験談

【不倫】女友達のお願い 完結【浮気】

あの事以来、俺はA美の事で頭の中が一杯だった。
日曜日はA美を送り仕事場に行き書類の整理をしていた。
しかし全く集中なんか出来ない。
2chに投稿すればだいぶ気が紛れるのではないかと思い、
事実を少しずつ書き始めて行った。
そしてその日の夜は妻と電話で普通の会話をし、
映画を観ながら大量の酒を飲み寝てしまった。
月曜日は書き貯めておいたものを2chに投稿しながら
仕事を何とかやりこなしていく。
しかしやはりA美の事ばかり思ってしまう。
俺はこのままじゃいけない、ある意味結論を出したい。
A美と直接会って話をしたいと思っていたのだ。
その夜、連絡をしようとしていた矢先にA美からの着信メール。
「こんばんは。調子はどう?この間はありがとう。
約束の食事を御馳走したいので会えないかな?」という内容。

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||

2013年10月21日 | 寝取られ体験談カテゴリー:不倫・浮気体験談

【人妻】田舎で嫁が2【出来心】

容赦なく腰を動かす。有希は抵抗するが、有希ね上にのしかかったおじさんはビクともしない。乳房に貪りつき荒々しく有希の体を汚す。そして、ピストンを早めると、有希は激しく暴れるが、動きは止まり、有希に抱き付いた。少しの間、余韻を楽しむように、繋がったままでした。おじさんは離れると、時計を見た。そして、有希を座らすと、荒々しく唇に吸い付き、有希の耳元で、何か言ってるみたいでした。おじさんは、仁王立ちすると、有希は驚いたことに股間に顔を埋めフェラを始めた。嫌らしく、ピチャピチャと聞こえた。そして、有希に頭を持って、すごい勢いで腰を振ると、喉の一番奥まで押し込み、苦してもがく有希を無視して、頭を押さえた。有希が飲み込んだ事を確認すると、有希から離れ「誰にも言うじゃねえぞ」と言うと、慌てたように、帰って行った。有希は、しばらくたって、トイレに 駆け込んで行った。私は、畑に戻り、昼にみんなで帰ると、何もなかったように、昼飯の用意がしてあった。

寝取られ体験談検索用タグ

|||||||

2013年10月21日 | 寝取られ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】田舎で嫁が【出来心】

妻を連れて田舎に帰りました。着いた時には九時すぎ。私は24妻の有希20。有希は田舎好きで、父や母にも好かれ誰にも好かれる妻です。私と父と母で畑にでて、妻は家で昼ご飯の用意をしてるとのこと、畑仕事をしていると「淳くん、帰って来たかい」と近所のおじさん。多分60前後。野菜がとれたから持って行こうとした所らしい。「家に嫁がいるから」と言うと、「家においとくよ」と行きました。田舎なので、和気あいあいと付き合ってました。私は喉が渇き、お茶を飲みに帰りました。畑から10分弱です。家に着くと、まだ、おじさんがいるはずなのに、静かで、あれ?と思い玄関に入ると、奥から「やめてー」と聞こえ、声の方へ行くと、おじさんが、有希を押し倒し、馬乗りになってました。おじさんは必死で暴れる有希を押さえ付け「静かにしろ」と服を捲りあげ、乳に吸い付き「いやー」と叫ぶ有希の口を塞ぎ、強引にパンティーをはぎ取り、足の間に入ると、素早くズボンを降ろし、「いくぞ」と挿入した。まだ濡れてなかったのか?「いた・・んーんっ」一瞬叫ぶが、すぐに塞がれた。

寝取られ体験談検索用タグ

||||||

2013年10月21日 | 寝取られ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【不倫】芋蔓【浮気】

28歳の社会人、彼女有りです。
かなり美味しい思いをしちゃいましたので投稿します。
彼女とのデート(H無し)からの帰りに、久々にDVDでも買おうかとアダルトショップに。いろいろ物色した結果、軽い気持ちで『地元で会える』とか謳っている2ショットカードを購入。
早速、帰りの車内からコールしてみたらすぐに繋がった。
なんか、喘ぎ声だけが聞こえ、話しかけても返答せず。テレHも面白いかと思ったけど、話せないなら意味無しとスルー。ポイントがもったいないなと思いながら待ってたら、すぐに次のコールが。
俺『もしもし?』
?「…もしもし」
OK、今度はちゃんと話せる。
まみ22歳でキャバ嬢。最初は割り希望と言ってたが、話してみたら、仕事から帰ると家の鍵を忘れて来たのか家に入れない。もう電車も無い。どうしようかと思い、暇だし電話したとの事。ちなみに場所は俺のウチから第2最寄の駅付近だとさ。ほんとに地元だ…。
もうポイントが無いことをまみに話し、とりあえず会ってみる事に。番号を交換して電話を掛けながら待ち合わせ場所に向かった。
ホットコーヒーとミルクティーを買って、待ち合わせのバス停に着くとベンチにポツンと一人座っている。良かった、見た感じチョイぽちゃ位かも知れないが普通だ。よく考えれば体型とかも何も聞いてなかった。
俺『こんばんわ~、まみちゃん?』
ま「こんばんわぁ、ホントに来た^^」
俺『寒いやろ?はよ乗って。』
ま「うん」

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||

2013年10月20日 | 寝取られ体験談カテゴリー:不倫・浮気体験談

【寝取られ】バージンだったギャル系の彼女が痴漢グループに寝取られた【体験談】

私の彼女が痴漢グループに寝取られた話しをします。

彼女(K)
ショップ店員
当時18歳
B90のFカップ
ミクロでムチムチのエロギャル系

出会いはKが田舎から出て来たばかりの時、勤め先である○宿で仕事帰りの時ナンパして家が同じ方向で乗る電車も同じなのが切っ掛けで意気投合し携帯番号とアドを交換して付き合う事に。
ナンパした時も東口の喫煙所で無意識にしゃがみパンチラしていたKは何人かにナンパされていました。
Kはギャル服のショップ店員だったからいつもエロい格好していて見た目ヤリマン女で男性経験も多そうに見えましたが、付き合って少ししてKの部屋に遊びに行って初エッチしたら驚く事にバージンでした。

この話し全ては後日Kの告白で知った話しです。

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||

2013年10月19日 | 寝取られ体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【寝取られ】思い出の中で・・・【体験談】

専門学校時代に付き合っていた彼女とクラス会で再開した。10年ぶりだった。今はお互い30代、彼女は結婚していた。
なぜかクラス会では、あまり話すことができず、周りとの会話で彼女の現状を知って、少しショックだった。2次会には行かず、帰ろうとしたとき、彼女が追いかけてきてくれた。「幸せそうだね。」二人で駅に向かう途中、僕は言葉をかけた。「そっちは?」僕の近況を心配して聞いてくれた。「最近、転職した。安月給なのに仕事に追われているよ」と、ありのままを話した。
別れ際、彼女の手をとった。「もう帰れらないとまずいかな・・」彼女はいった。「ならもう少しだけ一緒にいよう」と、もうずっと会えないかもしれないという同情が沸いたのか、僕たちは、駅のベンチに座り、30分程、手をつなぎ同じ時間をすごした。帰り際、メールアドレスのみ交換し、10年ぶりの再会を終えた。
10年ぶりとかゆう理由で、妻が同窓会に行った。久々の連休なのに、留守番になった。19時開始で、23時までには・・と言って昼過ぎに家をでたまま、まだ帰らない。23時45分を過ぎたところで、我慢できずに電話した。「おなかすいたから帰りなんか買ってきて」そう言うと、「遅くなってごめんね、わかった、もう駅ついたから・・」の明るい声が返ってきて、怒りが一気に治まった。
折り詰めの弁当を食べている途中、妻は疲れたぁ~とバスルームに向かった。シャワーの音を確認し、すぐ妻の携帯を手にとった。・・・怪しいのはなく、ホットした矢先、メールを受信した。見たのがばれるのも嫌なので、そっと携帯を返し、妻の反応をみることにした。
TVを見ているふりをして、動向をうかがっていると、今度は着信が入った。「あ、りょうこ~!うん、ついたよ~・・」どうやら友達からだったらしい。ホットしたが、私の胸はモヤモヤしてならなかった。妻が美容院にいき、お洒落をして出て行ったのだから。しかも、専門の時に付き合っていた人が一番長かったと言っていたのを何年か前に聞いていたからだ。今まで同窓会なんていったことなかったのに・・・。そんなことを思っていると、電話が終わった。が、そのまま携帯画面をみている。受信にきづいたようだ。横目で動向を伺った。・・・・・。妻は、そそくさと携帯をもったまま、トイレに行った。!!ふざけんなよ!誰からだよ!胸が熱くなり鼓動が激しくなった。
次の日、夕方外食する予定だったのに妻から「急用ができちゃった」と軽く言われ、夕方までに帰るからと、まだ布団にいる俺の枕元で言い残し、朝8時頃に家を出て行った。俺は飛び起きた。そのまま上着を着て帽子をかぶり、後をつけた。

「東京に帰ったら、もう会えないね・・・」そうメールをした。「ひろ、全然変わってなかったね、さびしいね」
といった内容のメールのやり取りができた。人妻になってしまったとはいえ、どうしてももう一回会いたくなり、「見送ってほしい」とメールをした。

夫とは、半年の付き合いで結婚しました。年齢的なものもあり、この人と結婚するんだろうな・・・と思いながら付き合っていましたので、「一緒に住もう」といわれたときは、すんなり了承しました。お互い共働きで、休みも合わず、子供にも恵まれていなかったので、結婚しているというより、同棲しているといった感じが続いていて、結婚5年目を迎える今年になってすぐに届いた同窓会のお知らせが、なぜか私を前向きにしていました。当時の親友で今回の幹事の一人になっている涼子からひろが来ることも聞いていたからかもしれません。

続く・・・

寝取られ体験談検索用タグ

||||||||||

2013年10月19日 | 寝取られ体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【人妻】一恵さんと僕(3)【出来心】

一恵さんと初体験を済ませた僕はもう、サカリのついたサルのようだった。
またお互いに洗っているうちにすぐに元気になり、僕は無理矢理入れようとした。
一恵さんは「すごい元気だねー、次はあきらが上になってよ。」と耳元でささやいた。
僕も異存はないので、二人で僕のベッドへ。
僕の布団に横たわった一恵さんの裸体は、まるで美術館の絵のようだった。
『このヒトで男になったんだー』と思うと幸運な僕は感激だった。
「それ、すごく大きくて良かったよ。」と一恵さんが僕のを指さす。
「今度はあきらから来てね。」というと一恵さんは手を広げて僕を誘った。
僕は一恵さんと唇をあわせお互いに吸い付いて長い深いキスをした。
それから耳たぶから順番に一恵さんを愛撫。
大きなプリプリの乳房を十分堪能したあと脇の下からくびれたウエストへ。
そして内股を通ってから一恵さんの中心へ。
一恵さんは足を少し開いて協力してくれた。
水着のためにきちんと整理された黒い茂みは谷間の上だけになっていた。
その下にピンクの谷間。ここを味わった男は僕で何人目なのか?

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

|||||||

2013年10月18日 | 寝取られ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【不倫】たぶん、M (3)【浮気】

またベッドへ移動しました。
今度は、私もKさんの愛撫に自然に応えました。
Kさんの股間に手を伸ばして、いつの間にか互いの大事な部分を愛し合う形になってた。
長い間、無言でそれぞれを味わって。
やがて指と舌で追い立てられ、我慢できずに、私のほうから「欲しい」と口にしてしまった。
「素直になったね」
優しくキスしてくれるKさんを迎えて、疼いた部分を深く埋めてもらいました。
またスローテンポのSEX。
お互いを会話と行為で確かめ合うのが心地いい。
「髪、触ってばかりいる」
「好きなんだよ。いい匂いするし」
「髪フェチ?」
「だね」
「お尻とスーツもフェチ」
「スーツってか、着てすると萌える」

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

|||||||||||||

2013年10月18日 | 寝取られ体験談カテゴリー:不倫・浮気体験談

このページの先頭へ