寝取られ体験談で鬱勃起 最新更新情報!

【人妻】出会い(宿舎編)【出来心】

木村家を昼ごろ出た、妻と吉本は、タクシーを拾える所まで歩いた。昨夜の出来事で気まずい雰囲気の中、口を開いたのは、吉本だった。
吉本『奥さん、すいませんでした。つい、酔ってしまって・・・・』妻無言で頷く。
吉本『また、お会いしたら、その時は、楽しくやりたいですね』
妻『吉本さん。お掃除とかお洗濯は、どうなさっているの』と吉本の暮らしぶりを尋ねた。
吉本『一週間分を土曜日にやっていますよ』と半笑いで答えた。
妻『明日、時間がありますので、私がお手伝いしますよ』吉本、呆気にとられて
吉本『滅相も無い。他人の奥様にして頂くなんて』と手を振った。
妻『大丈夫です。主人の宿舎で慣れていますから。折角のご縁ですから遠慮為さらずに』
吉本『そうですか~。じゃあお願いしちゃおうかな?』と満面の笑みを見せる。
妻『住所を教えて下さい。明日行きますから』と住所を教えて貰った。私は、妻が何を思い、吉本の家に行くのか不明だったが、後に、由美子から状況を聞くことができ、納得したのだった。
 日曜日、妻は、約束とおり吉本の家を訪ねた。一戸建てのアパートで、隣の家とも10m位の間隔があり、ゆったりとした家だった。6畳2間でキッチンと風呂付の小洒落た所に住んでいた。
吉本『すいません。お休みの日に。汚い所ですが上がって下さい。』妻は、ハーフコートを着ていたが、上がり込んだ途端に脱いだ。吉本は、目を疑った。ハーフコートの下は、私が好きな大きく胸の開いた黒のキャミソールと薄手のニットのカーディガン、しかもノーブラだったのだ。妻の乳輪は年のわりにピンク色で直径7セン程度でやや大きめだが、乳首が小さくノーブラでも乳首の突起や乳輪は目立たなく、私とショッピングに行く際にも肩が凝ってしまうと言う理由でよくノーブラで出かけたのだった。
しかし、私との外出は、ハーフコートを脱がないが、この日は、脱いでしまったので、妻のIカップの谷間が、20センチ以上露出されており、吉本が勃起してしまうのに時間が掛からなかった。
妻『お洗濯から始めますので』と洗濯機に向かい吉本の服を洗い始めた。
妻『吉本さん。お掃除までやってしまうので、お出かけになったら。』

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

||||||||||||||

2013年11月15日 | 寝取られ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】出会い【出来心】

私は、45歳の公務員、妻は2歳年下の43歳、サキ(仮名)、子供は22歳の社会人と20歳の大学生がいる。子供は、都内の会社と大学に各々がアパートを借りて住んでいる。私は、昨年夏から8年ぶりの単身赴任。自宅には、妻のサキが一人で暮らしている状況だ。私の住まいに月1回、妻は訪れ洗濯や掃除をしてくれている。私も2ヶ月に1回は、自宅に帰るようにしているが、日常の疲労から夜の仕事は、半年に一回程度になってしまっていいた。妻のスペックは、バストがHからIカップの間を行ったり来たりで、ヒップは、メーター越えのデカ尻、ウエストもそれなりにあり、ややもすれば、只のデブだが、すれ違った男達が振り向く位、エロ漫画にでてくる豊満熟女のようなムチムチっぷりだ。結婚前から胸は大きく、妻の同級生たちから『ボインちゃん』と呼ばれていたようだが、子供を産むたびに、安産型と言うか、尻もムチムチと大きくなって行った。私は、8年前に倦怠期を打開しようと思い、妻のヌードを何枚か撮影して投稿したこともあったが、私の仕事の関係で万が一バレたら、えらい事になってしまうので数週間で辞めた経緯がある。なぜかと言うと、所属の課に熟女好きな部下がいて、妻の左顎にあるホクロと妻のムチムチした体に興味があり、家に誘って呑んだ時も妻をエロい目でみていたからだ。そいつは、事あるごとに妻を褒め、酔っ払った勢いで妻の胸に顔を埋めたこともあった程だからだ。その時は、妻もかわいい子供をあやし付けているようだったが、熟女サイトを漁り、万が一見つかっては と投稿を辞めたのだった。
 妻の友人で由美子(妻の高校の時からの同級生)が、一人暮らしになってしまった妻を気遣い、ショッピングや夕飯に誘ってくれ、妻も寂しさを紛らせていたようだった。由美子は、細身のセレブ系。旦那も私と同じ年だが、大手企業の部長補佐、高級住宅と呼ばれる家に済み、収入は、私の軽く1.5倍はあるだろう。しかし、この家には、子供がいない。二人っきりの生活だったので、妻と比べて由美子は良い服やバックを身につけ、アクセサリーも妻の着けている物とは違い、華やかであり、しがない公務員とは、大違いの生活をしていた。そんなある日、週1回夕食に招かれていた妻に異変が起こったのだ。妻の証言と由美子の話をまとめてみた。
 この日の夕食は、ローストビーフと洒落たおつまみ。高級ワインを呑みながら談笑しているとお客が現れた。ピンポーン
由美子『はい。どなた』
男『木村さんの部下の吉本です。』
木村(由美子の旦那)『おう。俺が呼んだんだ。入れてやれ』
由美子『はい。どうぞ~』招かれたのは、木村の部下である吉本。
吉本『補佐のご好意で来てしまいました。』と日本酒を片手にやって来た。
木村『吉本さん。気を使わないで』吉本は、昨年秋から木村の部署に赴任してきた56歳の男だった。
由美子『わ~珍しいお酒。遠慮なしに頂いておきます。』
木村『さ~。吉本さん座って下さい』と吉本を招き入れた。
由美子『はじめまして。木村の家内の由美子です。隣に居るのが、友人のサキです。』
妻『サキです。宜しくお願いします。』
吉本『吉本です。宜しくお願い致します。』
木村『さ~。呑みましょう。』暫く歓談が続き、他愛もない話に花が咲いたようだった。

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||

2013年11月14日 | 寝取られ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】妻の浮気は辛いものですね【出来心】

私は44歳・妻は38歳の夫婦です。そして小1の娘が1人おります。
子供が小学校に入学を切っ掛けに妻はパートに出ました。
妻はパートに出てから間も無く、職場の上司に喰われてしまいました。

条件も良く、かなりの競争率だったようで、最初は採用は無理だと思い、面接に行きました。すると、数日後に採用の連絡が入り妻の就職が決まりました。
結局、上司は私的な考えで妻をに気に入っていた様です。
初出勤の日から、妻は特別待遇だったそうです、秘書的な部署へ配置替えされての採用でした。
更に、正社員の話しもされました。
妻はその上司を信じて慕ってしまうのです。
間も無く、妻は出張に出掛ける事になりましたが、勿論、上司の同行でした。
当初は日帰りのはずで、22時には帰る予定でしたが、仕事が縺れて帰れないとの連絡が入りました。
私は疑う事も無く妻を気遣った。
後から知りましたが、その時が初めての日となったのです。

探らなければ浮気を知る事は無く、疑いだけで済んだはずでした。

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

|||||||

2013年11月14日 | 寝取られ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】寝取られ【出来心】

私も50代ですが、昨年実現しました。
そのきっかけは、幼なじみの同級生同士結婚した友人で、
その夫婦二人とは、小さい時からよく遊んだ仲です。
私はその奥さんを好きでしたが、とうとう同級生の友人に取られてしまい
40代ごろ、同窓会の時にその同窓生夫婦に会い、その後同窓会の度に会い、
親交を深めていきました。
友人は愛知県に住んで居ましたので、愛知万博の時は、そちらに行き
何度か友人の家に泊まり、いっしょに見学にも行き、家族同様な付き合いになり
奥さんが益々好きに成り、いつかは抱きたいまでに成りました。
思うままで、何年か過ぎた頃、友人が実家に用事で里帰りした時会い、酒を飲みながら
冗談半分で、奥さんに対する思いを、ぶちあけたら、友人が「抱いても言い」
「そのかわり、お前の奥さんを抱かせてくれたらな」と言う、条件でした。
お互いに、その時は、実現不可能な条件でした。分かりきったことですが。
それからというもの、段々50代に成り、セックスでは、後先ない人生に成り、
奥さんの想いは、募るばかりでした。

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

||||

2013年11月14日 | 寝取られ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】伯父に支配された女達【出来心】

私の家族は、父と母、それと伯父(親父の弟)、そして祖母の5人家族です。
今から、10年前の話しになりますが、父は大工さんで、伯父と一緒に働いていた。ある日、父のミスで伯父が屋根から転落し
大けがを負った。伯父は元々独身で一人暮らしをしていたが、この事が原因で我が家に来る事になった。
怪我も良くなったが、後遺症もあり伯父は一切仕事をする事もせず居候状態だった。
そんな生活も半年続いたある日の事、(当時、私は中学3年だった)私は学校も午前中で終わり自宅に帰った。
家に入ると、人気が無く母も居ないのかな?と母の寝室に向かった。すると、部屋から声が聞こえた。
”母は居るんじゃないか?”と思い近付くと一人では無かった!”誰?”そう思った私は、耳を澄まし会話を聞いた。
母 「もう、許して…子供が帰ってくる時間だし」
男 「お前の親父のせいでこうなったんだからな」
母 「それは分かるけど、何でこんな事するの?」
男 「俺だって男だ!溜まるんだよ!お前達は毎晩、楽しんでいるのに・・・俺だって」
母 「今日だけでいいでしょ。困るわ!」
男 「何言ってるんだ・・・毎日でも犯してやる」
私は、ハットしました。間違いなく男は、伯父です。母が伯父と…。私は複雑な気持ちでした。
伯父は私にはとても優しく、一緒に遊んでくれたり、時には親父の様に叱ってくれます。そんな伯父がどうして?

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

|||||||

2013年11月14日 | 寝取られ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】夫婦の営み【出来心】

夫婦の営み 
by さと美の夫
私36歳、妻38歳です
妻は痩せ型で、胸は大きいほうでは有りませんが、髪が長く素顔でも我ながら自慢できる女です。
そういっても結婚した頃に比べると、子供が出来てから成長するにつれて夫婦の営みは減っていました。
私の親が老け込んでしまって二世帯住宅での同居などが重なり、ますます夫婦の営みは減っていました。
 ロープやおもちゃ等、妻が喜びそうな(実は私が喜んでいるんですが)買ってきては試していたり、二人で夜に外出したときはカーセックスをしてみたり、色々工夫していたんですが長続きせず、そのうちにそれらの道具は、押入れの中に眠っていました。
 そんなある日、私の仲の良い歳の離れた弟が転勤になって帰ってくることになってしまい、親と同居しているこの家に居候することになってしまったんです。
最初、妻は私の両親の前では露骨に嫌だとは言いませんでしたが、夜二人きりのときは、狭い家に一人加わるのは抵抗があるようなことを言っていました。
 一、二ヶ月で家を探すということでしたので妻もしぶしぶ納得せざるを得なくなり、同居人が一人増えることになりました。
弟は28歳で、独身。おとなしい性格で、やさしい性格で、私とも大変仲がよく、小さいときから自転車に乗って一生懸命私の後をついて遊んでいました。
以前は可愛い女の子と長く付き合っていたのを覚えています。
しかし独身貴族ということもあり、仕事で転勤が多く、遠距離恋愛の末に別れてから、そういう話も聞かなくなっていました。
 
いざ引越しが決まってから、弟の部屋をどこにするか家族会議でした。

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2013年11月13日 | 寝取られ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】最初で最後【出来心】

最初で最後、地元に帰る後輩に妻を抱かせました。
後輩W君27歳、妻みずき44歳です。
W君は、よく家に遊びに来ていたので妻ともHな会話も出来る程、仲が良かったんです。
そんなW君が、地元に帰る事になり、会社とはまた別に、家で送迎会をしました。
子供も寝たので、これからは大人の時間だと、三人で飲み始めました。
僕は、W君に「なんか欲しい物とか、して欲しい事ないか?」と聞くと、
何を思ったのか「なんでもいいんですか?うーん、じゃあ、奥さんと一回したいです」と訳のわからない事を言いました。
「あほか、それは無理だわ、本当アホだな~」
しかし妻は「最後だから一回だけならいいよ~なんて冗談だから」僕はびっくりしまた。
しばらく、そんな馬鹿な話しをして、W君がお風呂に入り、
僕は妻に「なぁ~さっきのW君と一度だけならいいって、本気で思ったしょ?正直に」
妻は「笑いながら、冗談だって、W君だって冗談で言ってたんだよ、おばさんなんて相手にしないって」
僕は「いや、一回だけしてみれば?多分もう会わないんだから、一回だけ、駄目?」
「実際Hしたら怒るくせに、本当にしちゃうよ」
妻は笑いながら軽く流していました。

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

|||||||||||||

2013年11月13日 | 寝取られ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】妻の噂話をするバイトの男たち 続き【出来心】

妻は目の前に出された巨根を自分からくわえこんで「おっきのが好き」と信じられないことを言ったみたいだった。僕は若者の言葉を信じたくなかったが、どうしても嘘を言ってるようには思えなかった。
というより今まで自分が抱いていた妻のセックス嫌いが嘘ではないか?という疑念が確信に変わっていた気がしました。
「それで○○さん興奮し始めてガンガン首ふってじゃぶりだしたんすよー、すげー「ジュボッ、ジュボッ」とか音出して。俺のデカいから半分もはいんないんすけど、それでも喉奥まで自分で突っ込んでくんすよー。あれ相当なM女っすよ。」
「え、そ、そうなんだ・・・すごいね・・・(M女って・・・)」
「で、俺も入れちゃおうかなって思ったんすけど、めんどくさかったからそのまま口の中に出しましたよー。すげー出ちゃったんすけど、あいつ勝手に飲み込みましたよー。マジでスケベな女っすねー、つーか人妻ってみんなエロいっすからねー。」
「え、飲んだ?す、すごいね・・・(俺のは一度も飲んだことないのに・・・)」
「そうっすねー、その後も全部吸い出すみたいにずっと掃除してましたよー。相当精子好きっすね」
「そ、掃除?あ、そうなんだ・・・」
「そーなんすよー、それが一昨日の話で、今日も午前中隙みて一発抜かせましたよ」
「え?抜かせた?」
「ええ、そっす、午前中の休憩の前に従業員トイレの掃除してたんすよ、そしたら○○が休憩だよって声かけてきたんで、思わず個室に連れ込んでチ○ポ出して「しゃぶって」っつたら「ちょっと、ダメだよ」とかいってましたけど、先っぽつっこんだらまた勝手に首ふりだしてジュボジュボしゃぶってくれましたー、いい便所女みつけましたー、このバイト最高!」
「す、すごいねー・・・(こいつ人の嫁を便所女って・・・)」
「で、しばらくしゃぶらせてたんすけど、誰か人が入ってきたから中断してたらマ○コいじりたくなっちゃって、○○を便座に座らせてスカートめくってまんぐり返ししてパンツ横にずらしてやったらマ○コビッチャビチャ。すげーんだもんマジで。濃いめのマ○ゲが濡れちゃってビラビラに絡まっちゃてるぐらいヌルヌルしてんすよー」
「そりゃ大袈裟じゃないの・・・(あいつはそんな濡れやすい体質じゃないはずだ・・・)」
「いやいや、全然大袈裟じゃないっすよー、マジでパンツ生地が水分吸収できなくなって表地まで染みでてんすよ?変態っすよあの女」

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

|||||||||||||

2013年11月13日 | 寝取られ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】妻の疑惑【出来心】

妻は32歳。結婚して6年で子供はいない。
夜の行為は確かに回数が減ってしまっていたが、それなりに平和な結婚生活だった。
しかし半年程前に妻が絵画教室に通うようになってからおかしくなった。
その教室は週に一回自分で予約を入れて通うスタイルだったのだが
2か月前ぐらいから妻は予約を金曜か土曜の夜の部に入れるようになったのだ。
そしてとうとう絵画教室の後にメンバーで食事をするからと、帰りが遅くなるようになった。
おかしいなと思い始めたこの2週間前にある場面に遭遇した。
金曜の夜に妻は絵画教室で帰りが遅くなるということだったので
1人で食事をして家にいたのだが、たばこが切れてしまい深夜12時ごろに近所のコンビニに歩いて買いに出た。
我が家はマンションでその日は歩いてコンビニに行くのにエントランスを出てすぐの垣根の間をすり抜けて近道したのだが
その垣根越しにマンションの来客用の駐車場に止まっている車になんとなく目が行った。
ワゴンタイプの車で運転席にも助手席にも誰もいないように見えたが、すぐに助手席の方で誰かが起き上がった。
シートを倒している体制から起き上がった感じだった。
垣根の隙間からじっくり見た。間違いない妻だ。
残念ながら運転席に人の姿はないが起き上がった妻が何か喋っている感じだったので誰かが寝ているのだろう。

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

|||||

2013年11月12日 | 寝取られ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】妻とKさん【出来心】

初めて投稿します。
長文ですが妻の性の変貌をお話します。
私夫38歳、妻35歳、子供一人。
妻とのSEXは月に1、2回程度です。
私の竿は一般男性に比較できない程短く、小学生位の長さです。
平常時で3、4cm、勃起時でも7、8cm程度と短く、細く太さも約3cm、しかも包茎です。
妻も、私の竿では満足できず、イッた事がありません。
妻に聞くと、正直入っているだけと言っていました。
結婚する前は5人程男性経験があるそうです。
いままで付き合ったい私以外の男性は、全てズル剥けで、大きかったと言っていました。
以前、私が職を失い、生活の費を稼ぐため妻が仕事に出ることになりました。
仕事は自治会の紹介で近所の老人(60歳~75歳位)の方の世話でした。
世話と言っても、雑談などですが・・・
仕事を初めて数日後、Kさん(65)さんに、お金が必要なのと言われたそうです。
Kさんは、以前土方をしており、身長180cmで体格もガッチリしている方です。

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

||||||||||||||

2013年11月12日 | 寝取られ体験談カテゴリー:人妻との体験談

このページの先頭へ