寝取られ体験談で鬱勃起 最新更新情報!

【人妻】単身赴任の間に妻が・・【出来心】

私は44歳のサラリーマンで現在単身赴任中です。
妻は42歳の専業主婦で高校2年生の息子と二人で留守を守ってくれています。単身赴任で転勤になってもう2年余りになりますが、半年ほどで本社に帰れる手はずになっています。
最初は妻と息子だけ残して転勤というのは心配でしたが、息子の高校進学もありましたし、
妻は柔道2段の段持ちで曲がったことが大嫌いな真面目な性格でもあり信頼して家を後にしました。ところが息子が高校に進学して間もなく、妻からのLINEで息子がイジメに遭ってるようだと知りました。
仲間外れにされてるようで、落ち込んでいると知らされ私も悩みました。しかししばらくして妻から自宅に友達が遊びに来るようになったと報告があり安堵していました。
妻からは毎日LINEで報告があり、息子も明るくなったとか、学校が楽しいようだということで安心していたのです。
AくんBくんはイケメンだとか少し嫉妬しそうな情報も送ってくるようになりました。(笑)
毎月とはいきませんが私も有給とか取りながら妻や息子の待つ家に帰るようにしていました。ところが昨年の秋頃からだったでしょうか、息子の友達たちが遊びに来てくれるのは良いのですが
我が家が溜まり場のようになってきてると心配するような内容になってきました。
でも私は友達が多いことは良いことだからとあまり気にしてなかったのです。
それに進学校ですし、不良みたいな生徒がいない学校でしたから余計に油断したのです。しばらくして突然、妻からのLINEやメールが来なくなったのです。
こちらからしても『大丈夫』『何も変わったことはない』との短い内容でした。
心配で気になっていたのですが、10日もしたら普通になってきたので、そんなことは忘れていたのです。我が家に帰っても特別変わったこともありませんでした。
ただ私が帰ると息子の友達は全く我が家に来ないのです。
妻は私が帰る時には息子の友達に『主人が帰ってくるから』と言ってるので気をつかって来ないのでは?

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||

2017年12月21日 | 寝取られ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【寝取られ】気の強い年上の女 【体験談】

私は44歳のサラリーマンで現在単身赴任中です。

妻は42歳の専業主婦で高校2年生の息子と二人で留守を守ってくれています。

単身赴任で転勤になってもう2年余りになりますが、半年ほどで本社に帰れる手はずになっています。

最初は妻と息子だけ残して転勤というのは心配でしたが、息子の高校進学もありましたし、

妻は柔道2段の段持ちで曲がったことが大嫌いな真面目な性格でもあり信頼して家を後にしました。

ところが息子が高校に進学して間もなく、妻からのLINEで息子がイジメに遭ってるようだと知りました。

仲間外れにされてるようで、落ち込んでいると知らされ私も悩みました。

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

|||||||||

2014年12月16日 | 寝取られ体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【修羅場】兄弟どんぶり 【制裁】

<>233:◆6Lim2MHjR2:2013/09/04(水)19:51:04.76ID:mXIkRHul<>
元彼に洗脳されて仕事せずにずっと監禁DV受けた2年間が私の人生最大の修羅場でした。
テンプレ通り最初はすごく優しくて、かっこよくて自慢の彼氏でしたが、
同棲を始めてからおかしくなっていきました、

同棲してから女友達と遊びに行くのも許可制になって、帰ると責められるわけじゃないけど
無表情で何も言ってくれなくなる。一日過ぎれば元通り優しくしてくれたけど、
無表情に私を見るのが怖くなって段々友達とは疎遠になりました。
友達と出かけなくなると、結婚したら専業主婦になってほしい事、家で待っていてほしい事を優しく伝えられ
色々うまいこと言われて退職し、生活費を出してくれました。
結婚のデモンストレーション、とか言われたと思います。
普段がとびきり優しいだけに、怒った時が異常なほどに怖くて、淡々と私がいかに馬鹿で
愚かで愚図なのか、日常で目に着いた事を言われます。今思い返せばこじつけだとわかりますが、
その時は本気でそうなのだと思いました。

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

||||||

2014年2月13日 | 寝取られ体験談カテゴリー:修羅場体験談

【修羅場】昨夜、バイクを俺以外のライダーが乗り回していたのが発覚…orz【制裁】

<>926名前:921[]投稿日:2005/07/04(月)13:34:39ID:eR2UwGee<>
普段仕事で俺が居ない時間に(昨夜は体調不良で早退した)、自宅に若いライダーから『もしもし俺だけど〜』って電話かかってきた。
俺があぁ?って聞き返したら『あっ!』っとか言って切りやがった。
着信履歴から携帯番号解ったのでバイクに聞いてみたら、しどろもどろで言い訳してたが、その内逆ギレしだした。
何でも俺には夢が無いんだと。
何でもいいけどさ、夢ばっかでかくて、かつなんの行動もしてないニート君に、俺が苦労して稼いだ金貢ぐなよ…

<>929名前:921[]投稿日:2005/07/04(月)14:16:04ID:eR2UwGee<>
バイクがガタガタ逆ギレして煩いので、喫茶店に避難してます。
とりあえず今日は休むつもりでしたが、相手の携帯番号や名前等、バイクの携帯奪い取って(俺が買ってやった俺名義の携帯。通話料も俺が払ってる)入ってた情報はゲットしたので、会社行って(金融屋勤務です)顧問弁護士に相談後、夕方にでも二人とも呼び出します。

冷たいと言われるでしょうが、愛は冷めました。
二人ともキッチリカタにはめます。

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

|||||||||

2014年2月6日 | 寝取られ体験談カテゴリー:修羅場体験談

【寝取られ】地下書斎に封印された教育委員会の二人 【体験談】

413:名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/27(金)19:10:00.89ID:

今現在、自分の妻も浮気している
妻と間男が昔倉庫だったのを改修した地下の自分の書斎でヤっていた……
お腹が凄く痛い何であんな女と5年も夫婦していたんだろう
自分が情けなくてしょうがない、あんな馬鹿な女だと知っていたら結婚しなかった
クソっ……お腹が痛い……苦しい、あんな馬鹿な女に、苦しい辛い……
あの書斎には外鍵があるのに……

  

416:名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/27(金)19:25:01.92ID:

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

|||||

2013年12月26日 | 寝取られ体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【人妻】復讐鬼【出来心】

私は、55歳で、資産家だ。この程、若い妻を向かえ、二度目の、結婚生活を楽しんで、いたように、思えたが、事件は起きた。妻が私に、喜び電話で報告して来た。内容は、妊娠だ。私は、動揺したが、平静を装い喜ぶ演技をした。
妻が妊娠する訳が無い。私は、ゴムを仕様すると、射精しないので。離婚後、セックスライフの為に、パイプカットしていた。
確かに、妊娠するわよって、妻の言葉に、かまわんと、中だししていた。あらゆる可能性を考えて、病院で、確認して、興信所に妻を調べさせた。
すると、あっと言う間に、結果が、でた。つまり、妻の過去と、現在の秘め事が、暴かれたのだ。私には、容認出来る。内容では、無かった。
妻は、十代の時に、風俗嬢で、チンピラの情婦だった。二十代で、クラブのホステスを経て、コンパニオン、私と知り合い結婚。しかも、今も、ヒモと繋がりカルチャーセンターに、通うふりして、密会していた。多分、腹の子の父親は、奴だ。その男の素性に、驚愕した。妻の運転手に、収まっていたのだ。しかも、たまに、遊びに来る。娘を夜な夜な呼び出しているって報告だ。最近、娘が寄り付かなくなったのは、奴の運転で、帰らせた時に、娘の身に何かが
怒りで、我を忘れる程、身震いし、復習を誓った。
まず、運転手は、仕事で、何かと、付き合いのある。その筋に頼み、
麻薬所持と、婦女暴行監禁、脅迫の罪で、前科持ちの奴は、実刑15年で服役、そのニュースに妻は、青ざめて、いた。娘には、
海外留学させて、心を癒させた。
妻は、無事出産後に、毎晩、睡眠薬入りワインを飲ませ。ドヤ街や、発展公園に連れ出し、素っ裸で、男達に体をもてあそばせ。出産後は、セックスをせずに、(本人は身に覚えの無い)、妊娠をさせて、浮気を原因にし身ぐるみを剥ぎ、離婚。追跡調査では、私の圧力で、まともな仕事もなく、売春婦に転落し、流産、薬に手を出して逮捕。
数年がたち、娘は毎晩ベットで、私の寵愛を受けて、いる。ぼろ雑巾の様に、棄てて、復讐が、完結する日を、心待に生活している。

寝取られ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||

2013年12月5日 | 寝取られ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】ハイエナの住む街【出来心】

私は、33歳になる独身サラリーマン。
今まで、女性にも恵まれずチェリーボーイ。
駅前のベンチで、本を読みながら行き交う女性を物色しながら暇を潰している。
まぁ世言う、気持ち悪い中年男性と言う感じです。
数年前の出来事を書きます。
平日の昼間、私は仕事も休みで駅前のベンチで本を読んでいた。(まぁ女性を見ていたんだが)
すると、某高校(当時、かなり有名な不良学校)の生徒が5人現れ駅の出口にたむろっていたんです。
見るからにガラが悪く、関わりたくない感じでした。
彼らは人目を気にする事無く煙草を吸い、その辺に吸い殻を投げると言う常識知らずの行為を繰り返していました。
もちろん、行き交う人は皆関わりを持ちたくないので、見て見ぬフリで素通りして行きました。
ちょっと、若い女性が通ると”姉ちゃん!遊ばない!!”と声を掛けていました。
彼らが、来てから30分が経とうとした時です。駅のホームから30代の綺麗な女性が歩いて来るのが、
見えました。たぶん主婦と言った感じで、私好みの女性でした。
女性は、彼らに気づくと遠ざける様に、歩いて自転車置き場の方へ向かったのです。
男達の中で、一番番長っぽい男が何か喋ると、男達は立ち上がり女性の後を追いかける様に歩いて行きました。

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

|||||||||

2013年11月21日 | 寝取られ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】新婚旅行に起こった悲劇【出来心】

去年の秋に私達夫婦は結婚しました。
私が就職し、仕事上英語も多少習った方がいいかと思い英会話教室に通った時、妻と知り合ったんです。
妻は、私より2つ年上で26歳でした。海外旅行で英語を話したいと通い始め、もう2年目だったので結構ベラベラでした。
私は、多少理解はできる様になったんですが、まだまだ片言でしか話せません。
そんな2人も1年の交際を経て、結婚する事になったんです。
もちろん新婚旅行は、妻の希望でアメリカ(ラスベガス)に行く事にしました。
ラスベガスのホテルに到着する頃には、夜になっていました。夕食を食べに街に出かけ現地の人に聞きながらレストランを探し
夕食を食べました。さすがアメリカだけあって、食事の量は半端無く大盛でした。その後、カジノで軽く遊んで部屋に戻りました。
新婚初夜だったので、2人は盛り上がり子作りに励みました。妻もいつも以上に盛り上がり、ベットで一回済ませると、今度はベランダ
に出て、求めて来ました。私も興奮しベランダでSEXを楽しみました。下を見ると、外国人が多数見えました。多分見えていないと
思いますが…。
2日目、昼間買物を十分に楽しみ夜を迎えました。2日目もホテルから出て美味しい店を探して回りました。
すると、3人の外国人がいたので、嫁が”美味しい食事が出来る店知りませんか?”と英語で聞いたところ、”分かるよ。付いてきな”と
言われ、私達は外国人(黒人)について行きました。人通りも少ない裏道に入るといきなりビルの地下に連れて行かれ”何するんだ”
と聞くと、”昨日ホテルのベランダでSEXしていたカップルだな!”と言われました。

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

||||||||||||||||

2013年11月17日 | 寝取られ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【寝取られ】中学生に寝取られた_8 【体験談】

「せっかくだから、サラダも持って行きなさい」
 雄太の母が盛りつけているのは、具がたっぷりのチキンカレーだ。
「本当はご飯どころじゃないんだよ。お腹が空いたら勝手に冷蔵庫をあさるからさ、心配しないで」
「もう、だから言ったじゃないの。お盆前に終わらせなさいって」
「ぼくはやったよ。でも、ほら、あの二人がね」
 意味深に笑って、雄太はキッチンを後にした。手にしたトレイにはカレーライスが三皿とコップとスプーンが三つずつ。小脇にミネラルウォーターのペットボトルを抱え、軽い足取りで階段を上がってゆく。
 足音に気づいたのか、中から邦夫がドアを開けてくれた。Tシャツ、ハーフパンツ姿の雄太に比べて、邦夫は全裸だ。
「おまたせ。あ、家に電話した?」
「ああ、きちんとお礼しとけって言われた」
「康二くんも?」
 同じく全裸の康二は、床に散らばったティッシュを摘まみ拾いしていた。半端じゃない量のティッシュがくずかごに山を作っている。
「おれも言われたぜ。お礼しとけって」
「あはは、どこの親も言うことは同じだね」
 三人はトレイを囲んで車座になった。コップにミネラルウォーターを注いで、いざ乾杯となったとき、ふと雄太がベッドの方を見た。
「朱美さんもお腹空いたでしょ?」

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||||||

2013年10月23日 | 寝取られ体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【寝取られ】中学生に寝取られた_5 【体験談】

「邦夫くん? それとも康二くん? はやい者勝ちよ」
 邦夫と康二は顔を見合わせた。邦夫が顎をしゃくって、先に行けと促す。康二は頷いたものの、明らかに腰が引けている。
 いや、少年たちは最初から怯えていたのだ。人妻を監禁することを含め、なによりも生身の女体に触れること、初体験することに──。そしていま、雄太の撃沈を目の当たりにして、その恐怖は現実のものになった。
「どうしたの? やらないの?」
 朱美は腰に両手をあてがい、むっちり張った尻をひねって見せた。股間から流れ出た精液は二つに分かれて、内腿の中ほどまで筋を作っている。
「や、やるに決まってるだろ……」
 康二はベッドに上がり、大の字になった。雄太の二の舞になるのは怖い。怖いが、朱美のとろけるような肉体になら、食い殺されても構わないとも思う。
「あら、あなたも騎乗位でいいの?」
「お、おう。あ、あんたのおまんこがよく見えるしな」
「ふふ、それもそうね……」
 朱美は臆するどころか、ふいに康二を跨いだ。そして、なんのためらいもなく腰を落とす。意表を突かれた康二は思わず逃げ腰になったが、朱美は男根をむんずと掴むと、一気に尻を沈めた。
 ぶぴっ! 根元までくわえ込んだ拍子に膣から空気が漏れ、白濁の残滓が噴き出てきた。朱美は康二の胸に両手を置いて、舌なめずりする。
(さあ、いくわよ!)
「わ、わっ、わあっ!」
 ずちっ! ぐぷっ! 膣が鳴る。朱美は腰を二度上下させて、次に大きな「の」の字を二つ描いた。

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

||||||||

2013年10月23日 | 寝取られ体験談カテゴリー:寝取られ体験談
1 / 512345

このページの先頭へ