寝取られ体験談で鬱勃起 最新更新情報!

【寝取られ】妻が接待で体験した超肉食絶倫3Pセックス 4 【体験談】

前回↓

翌日、旅館の食堂で朝食を食べ終わった一行は、帰りのバスが待っている駐車場に集合していた。

「昨日は悪かったな菜穂、色々と面倒を掛けちゃったみたいで。俺、全く記憶がないんだ。」

「ううん……。それより智明体調は大丈夫なの?このままバスに乗っても。」

「あぁ、心配ない、もう大分酒は抜けてるし。」

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

||||||||||

2015年6月15日 | 寝取られ体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【寝取られ】弱みを握られた絶世の美女2 【体験談】

続き

伏し目がちに下を向く恥ずかしげな顔が

堪らない。

自らスカートをたくし上げて

太腿も露わに、下着を晒す

ゆずりさん。

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

|||||||

2015年5月19日 | 寝取られ体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【寝取られ】遠距離恋愛している間彼女が喰われる話 9 【体験談】

〜121

果歩 「ぁ・・・あの・・・」

椅子に縛られ身動きのできない果歩の身体と顔を舐めるように見つめる大林。

大林 「いやぁ果歩さんは本当に可愛いねぇ、これだけ可愛いと、男の子なんかに凄くモテるでしょう?」

果歩 「い・・・いえ、そんな・・・あっ・・・」

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||

2015年1月12日 | 寝取られ体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【不倫】続・新妻絶頂 【浮気】

前編:新妻絶頂

電話が鳴ったのは、一週間分溜った洗濯物を干し終わった時だった。
よく晴れた土曜日である。美佳の銀行も健介の会社も週休二日だったが、健介は仕事が残っているからと言って午前中に出かけてしまっていた。
今日はどうしても家にいて欲しかったのだけれど、そういえば婚約したばかりだった去年の夏も、健介は土日返上で働いていた。
年に一ヶ月のことだから、仕事だけなら我慢しなくてはいけないのだろう。
しかし今日はその上、学生時代の先輩の結婚式の二次会があるとかで、帰りが遅くなるという。
美佳はそれだけでも欠席して早く帰ってきて欲しいと頼んだのだが、健介は例によって柔和な口調で拒んだ。
「そうもいかないよ、なるべく早く帰って来るようにはするけど。ごめんな。」
「でも毎日遅くて疲れてるんだし…。」
「ああ、大丈夫だよ。ずいぶん実家にも帰らせてもらってるし。」
「そんなにここに帰るのが疲れるの?」
「そういうんじゃないよ。仕事は遅いけど、寝る時間はきちんと取ってるから大丈夫、ってこ と。」
「そう…じゃあ、できるだけ早く帰ってね。」

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||

2014年11月23日 | 寝取られ体験談カテゴリー:不倫・浮気体験談

【寝取られ】好きな子が幼馴染のヤリチンに喰われた話 【体験談】

7月の朝、正幸は自宅のマンションから夏服の制服姿で自転車で高校に向かっていた。

信号待ちで止まり、正幸は自転車のカゴに入っている鞄から携帯電話を取り出しメールを確認した。

[昨日寝ちゃってたぁ、ごめんね]

正幸はその文を見て、顔に笑みを浮かべながら返信のメールを打った。

[いいよいいよ!じゃあ学校で!]

正幸は1年生の時から同じクラスの神谷綾香に恋をしていた、その期間は長く、もう一年以上の片思いだ。昨日は夜遅くまで綾香とメールをしていた。

学校に着いた正幸は教室に向かう途中の廊下で教室に向かって歩いている綾香の後姿を見つけた。

(あ!綾香ちゃんだ!どうしよう…おはようって言おうかな…)

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||||

2014年11月3日 | 寝取られ体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【修羅場】ストーカー?【制裁】

<>661:恋人は名無しさん:2008/05/02(金)13:56:37ID:L7zZlvir0<>
大した修羅場じゃないが自分的には記憶に残る出来事なのでひとつ

年齢は全て当時のもの

俺 26歳 会社員
A子 21歳 大学生
B美 23歳 俺の家の目の前の店の店員

その日休みだった俺は近所のコンビニに買い物へ。
歩いてすぐの所にコンビニがあるんだが、その日は散歩もかねてもう一件の少し離れたコンビニの方に行くことにした。
帰りに店を出た時、通行人が俺の前を通り過ぎるんだが、女が通った くらいの印象しかなかった。

そのコンビニから家まで15分くらいなんだが、帰り道のほとんどは大通り。
人通りは少なかったが場所柄いつもの事。

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

|||||

2014年1月30日 | 寝取られ体験談カテゴリー:修羅場体験談

【寝取られ】621の憂鬱【体験談】

621:名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/14(日)22:58:16
今日依頼していた興信所から連絡があり先ほど調査結果と状況報告を聞いてきた。
とっくに覚悟はしていた、というかもう分かってたことだけどやはり悲しいね。
何がいけなかったのか、どうしてこうなったのか、ずっと煩悶してるんだ。
でも現実は受け入れなければしょうがないよな。
興信所には引き続き継続調査を依頼したよ。

624:名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/14(日)23:08:18
ある日俺は仕事の段取りが予定よりも早くついたので、
妻に伝えてあった日よりも2日早く帰宅した。
東京に単身赴任して半年、
仕事に追われまくってここ2ヶ月は休みもほとんど取れなかった。
妻に突然拒否されもうSEXレスも1年になるのに、
それでもやはり久しぶりの我が家を前にして久しぶりに楽しい気分だった。

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年1月30日 | 寝取られ体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【不倫】アスレチッククラブ【浮気】

春先になって、大学の後輩の結婚式に招待されました。
旦那といっしょに結婚式に出かける当日、私はお気に入りのピンクのスーツを押し入れから出しました。
大学の卒業式の謝恩会で着て以来ずっとしまったままにしておいた服でした。
ハンガーから降ろしてスカートを着てみましたが困った事になりました。
スカートのウエストがきつくてどうしてもホックを止められないのです。
他に着ていく服もないし、私はいったいどうしようかと困り果てました。
旦那は私がなかなか支度がすまないので機嫌が悪くなってきました。
私は仕方なく、上着を脱がなければいいと思って、ウェストを安全ピンで留めました。
式場はずいぶんと立派なホテルで、ホテルの中の教会で式が始まりました。
天井が高くて、ステンドグラスも立派で私の時よりもずっと素敵な教会でした。
私はこんな教会で式を挙げたかったと思いましたが、旦那も私の気持ちが分かった様子で、「俺たちの時も、ここにすればよかったな」と言ってくれました。
披露宴はホテルの会場で私達の時の倍くらいはある広い会場で料理も豪華でした。
花嫁さんも何度もお色直しを繰り返して、まるで芸能人の結婚式のようでした。
余興の出し物も終わって、ようやく式も終わって私はホットしました。
なんとか結婚式は無事に済んだのですが、ウエストの安全ピンが気になって、料理も食べれませんでした。

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

|||||

2014年1月25日 | 寝取られ体験談カテゴリー:不倫・浮気体験談

【不倫】姪【浮気】

春先になって、いつもはなかなか電話をよこさない父から電話がありました。
親類に今度東京の大学を受験する姪が居るので私の所に泊めて欲しいという連絡でした。
父から言われて断る訳にもいかないので、全然構いませんよとひとまず返事をしました。
試験の数日前に高校の制服を着た女の子が来ました。
私のいた高校の制服だったので、すっかりなつかしい気持ちがこみ上げてきました。
顔立ちは私の母に似てやや丸顔で、高校生の割にはまだ幼い雰囲気が残っていました。
東京ではまだ中学生くらいの女の子にしか見られないような仕草で、表情も田舎の女の子らしくて純朴な感じでした。
私も高校生の時はこんなだったのかしらと、胸が熱くなりました。
小柄な体の割には胸は人並み以上に大きくて、幼さの残る顔とは不釣り合いな気がしました。
姪は通学用のカバンに受験用の参考書をたくさん入れて持ってきたようですが、他に着替えらしい荷物は見あたりませんでした。
数日は泊まることになるので、着替えくらいは持ってきたほうがよかったのにと思いましたが、何も言わないことにしました。
旦那の部屋に通して、荷物を置かせてひとまずお茶を飲ませました。
姪は落ち着かない様子で、受験会場の場所を確かめたいと言っていました。
私は地図を出してきて、場所を教えて電車の道順も何度も教えました。
姪は東京には慣れていないので、朝起きる時間を何時にすればいいのか分からないので困った様子でした。

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

||||||

2014年1月24日 | 寝取られ体験談カテゴリー:不倫・浮気体験談

【寝取られ】制服姿で輪姦され、何度もいかされた妻パート1【体験談】

私は、29歳の会社員。妻、美沙は専業主婦の25歳で、社内恋愛で3年前に結婚しました。子供はまだいません。これからお話するする出来事は、私にとって一生忘れられないと思います。
それは、夏の日の夜、私は会社の同僚3人と仕事帰りに軽く飲み、結局私の家で飲みなおうそうという話になり、家に招待したんです。夜9時頃、パジャマ妻は笑顔で出迎えてくれました。当然、妻と同僚3人は同じ会社で良く知っていたので、妻も「お久しぶりです!」と喜んでいました。妻は当時社内でアイドル的存在で、後藤真希に似てると言われていました。身長は、162センチで上から86、58、84(学生の頃、新体操部に所属)と良いスタイルで、会社ではよくタイトなミニスカをはき仕事をして、太すぎず細すぎずの足がセクシーと評判でした。私も自慢の妻です。同僚3人とも結婚式に来てくれた連中で、みんな私の妻との再会にご機嫌な様子でした。
お酒とつまみを持ってきた妻は、私たち4人と一緒に飲むことになりました。同僚たち3人とも「美沙ちゃんは、全然変わらないねー」と言い、妻は「そうですか、みなさんも相変わらずですねー」と話が切り出され、昔話に花が咲きました。私はここ連日残業で、お酒がまわりすぐに眠たくなり、いつの間にか、隣の部屋で眠ってしまいました。2時間くらいし目が覚めましたが、頭痛で起き上がる気がせず、横になっていました。まだ隣で妻と同僚たちが楽しそうに飲んで、会話しているのはよくわかりました。
同僚Aが「美沙ちゃんが高校の頃の制服は、ミニスカ・ルーズが流行ってたよね。」と言うと妻は、「そうね、みんな超ミニだったよね。私、まだ持ってるよ。」と言うと、同僚たちがみんな「美沙ちゃんの制服姿、見たいな!」とリクエスト。妻もだいぶ飲まされ、酔っていたので、「じゃー今夜は、特別サービスで、着替えてくるね!」とはしゃいだ様子で、タンスの置いてある部屋に行きました。私は妻が、制服をまだ持っていたことは、知らなかったので、少しびっくりしました。しばらくして、妻が制服姿になり、戻ってきました。「可愛いー、まだ高校生で充分いけるよ!」「美沙ちゃんのミニスカ・ルーズソックス姿は、たまんないねー!」と同僚たちの大きな声が聞こえてきました。私も見たくなり、みんなに気がつかれないように、ドアを少し開け、妻の制服姿をこっそり見ました。確かに、超ミニのルーズ姿はまぶしいくらいでした。妻はそのまま、また同僚たちのお酒に付き合っていました。同僚Bが「美沙ちゃん、よく痴漢されたでしょー」と聞くと、妻は「電車で、よくされたんですよ。ホント嫌だった。」同僚Cが「いやー痴漢する奴の気持ちが俺にはよくわかるよ。」同僚Cは「で、痴漢にどんなことされの?」妻は「太ももさわったり、お尻や胸をさわったりといろんな奴がいたけど、1番最悪だったのが、4人組にされた時かな。」同僚Aは「え、それは悪質だね、どんな風に?」妻は「うん、前から狙われてたみたいで、電車に乗るとすぐに囲まれてしまって、他のお客さんに見えないようにね。」私も初めて聞く話で、聞き耳をたてると、続きを妻は「私を動けないようにして、痴漢たちは、同時に私のHなとこさわってきて、それからだんだんエスカレートしてきて、」同僚たちは、みんな興味津々に「エスカレートしてきて、どうされたの?」
(続きは、パート2で)

出典:実話ですよ。
リンク:maki-sexy@.jp

寝取られ体験談検索用タグ

||||||||||

2014年1月23日 | 寝取られ体験談カテゴリー:寝取られ体験談
1 / 1612345...10...最後 »

このページの先頭へ