寝取られ体験談で鬱勃起 最新更新情報!

【人妻】家庭崩壊【出来心】

一見、裕福で幸せに見える家庭でも、内情は結構荒れていたりするもんなんだなぁと思うような出来事が過去にありました。
学生時代に家庭教師のアルバイトをしてましたが、そこの家庭は俺が住んでいたアパートの大家さんでした。
その家は元々その辺りの大地主だったようで、戦前はもっと土地があったらしいのですが、戦後残された土地にアパートとマンションを何棟か建てたそうです。
先代から現在に代替わりした際に、税金の関係で何棟かは売ってしまったそうですが、それでも家賃収入だけで裕福な生活が出来るくらいになっているように思われました。
俺が住んでいたのは、大家さんの家の目の前のアパートで入居後は挨拶を交わしているうちに次第に会話まで出来るような関係になっていました。
アルバイトを探している事を奥さんに伝えると、当時小学校6年生の娘さんと小学校3年生の息子さんの家庭教師をやってくれないかと逆にお願いされました。
条件はかなりの破格で、生活的にも助かるから即了承しました。
元々子供好きだった俺は息子さんが外で遊んでいるのを見かけると、声を掛けたりしていたのですが、娘さんはあまり見かけたことがありませんでした。
かなり病弱で持病のせいで入退院を繰り返していた関係もあったのですが、学校にも殆ど通ってませんでした。
そんな中で家庭教師を開始し、半年も経たないくらいで、娘さんの病の原因が分かりました。
別に病弱とかではなく、父親が母親以外の女性と関係しているという事から精神的に塞ぎこんでしまっている状態でした。
ある程度大人からしたら、今の時代に不倫と言うのは、割り切れるのかもしれませんが、
子供には多大なショック要因のようです。
そのため、幼いながらも男性不信に陥っている娘さんにあえて俺を家庭教師として頼んだらしいのです。
あくまでも娘さんが話していたことだから、どこまでが本当かは分かりません。

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

||||||||

2014年2月3日 | 寝取られ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】青春の思い出!完全版【出来心】

今から調度8年前位の出来事です、僕は22歳で社会人1年生の時に就職先で知り合ったパート社員の美人な人妻さん32歳に一目惚れしてしまいました。
その奥さん当時32歳は優しい人で仕事を教えてくれたり他にも色々お世話をしてくれたり僕の彼女の事等、悩み事を聞いてくれたりしました。
優しくて美人で会社でも人気者の女性でした、男性社員は
皆が狙っているような感じが僕にはしました。
顔は黒木瞳さんに似ていますが身長は165cm有り95cmのFカップで巨乳でした、少し豊満な感じですが決してデブではなく脚も長くて綺麗です。肌の色も白くて艶っぽいオーラを出していました。
ある日奥さんが顔を腫らして、暗い顔で職場に来ました。
僕が心配して奥さんに「どうしたの?」と話しかけると
「何でも無いの大丈夫だから…」とうつむきながら言いました。
僕は心配でした、仕事が手につかなかった記憶が有ります。
其の日は会社全体の定時日だったので僕は奥さんに「駅まで一緒に帰りましょう」
と声を掛けた所、奥さんが何か僕に言いたげだったので僕は勇気を出して奥さんを食事に誘いました。
2人で居酒屋に入りました、お酒を飲みながら奥さんの不満や旦那の暴力やEDで最近SEXレスの不満話を真剣に聞いてあげました。
奥さんの話を聞いているうちに若い僕は溜まらなくなりお酒の力も借りて自分の気持を正直に奥さんに告白しました。
奥さんは少し困った様子で「嬉しいけど・・私・・人妻だからゴメンネ・・」
とはっきりと言われ僕はショックだけど仕方ないかと思いましたが、居酒屋を出た前の歩道の所で思わず、奥さんを後ろから「好きだ」と言いながらギュッと抱きしめてしまいました。

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||

2014年2月2日 | 寝取られ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】パチ屋【出来心】

平日の昼間に郊外のパチンコ屋に行ける方なら
人妻とできる確率は非常に高いです。
できれば自分のテリトリーから離れた地域の方が
後腐れがなくてベターでしょう。
午前11時頃にパチンコ屋へ行ってみると客の半分近くは女性で
中には、すでに2万円以上は注ぎ込んでいそうな主婦が
青ざめた顔つきで台に向かっていたりします。
そういうのが狙い目です。
ミニスカートを履いてタバコをふかす姉ちゃんみたいな若妻が
麻痺していた金銭感覚から覚めつつも後戻りできない状況になっている
—そういうところに声をかけると3人に1人くらいの割合で応じてくれます。
相場はフェラ抜き5千円…でも、結局は最後までやらせてくれたりもします。
人気のない屋上駐車場の車の中で着衣のままフェラ
そのまま69に移行して、少し匂いのするマ○コに指入れしながら舌でクリ攻め
白濁色の粘液が指にまとわり付く頃には、たいがいセックスOKになっているので

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

||||||||||

2014年2月2日 | 寝取られ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】PC【出来心】

妻の親友A(32)のPCが起動しなくなったから見てあげて、と妻に頼まれた。美人のAからの依頼にPCに詳しい仕事をしている私は快く引き受けた。普通には起動しないが、セーフモードでは問題なく起動した。できればデジカメ画像だけでも復活させてほしいと言われていた私は、別HDにできるかぎりのデータをバックアップした。そのデータを見てびっくり!Aの旦那が保存していたらしきフォルダに彼女の淫らな姿がギッシリ。しばらくおかずにしていた。
その後、やはり古いPCはまた調子が悪くなり、新PCを購入したらしく、写真データのバックアップがあればコピーしてほしいと依頼されたので、普通の画像と共に淫らの画像もコピーした。
すると、それに気づいたAは僕にその画像のことを遠まわしに気付いているか探ってきたので、あっさりと「知ってるけど誰にも言わないし、見せないから大丈夫。一人で楽しむだけにしておくよ」と言うと、
「私の画像でそんな楽しめるの?」と聞いてきたので、「十分!でも実物が見たくなったらどうしよう?」と言うと、
「実物見て、私にオナニーして見せて」と言われた。
まだ、そのチャンスは巡ってきていないが、ドキドキ!

寝取られ体験談検索用タグ

|||

2014年2月2日 | 寝取られ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】ある少年の一日【出来心】

近所でも可愛らしく真面目で通っている裕実。
私にとってはごく普通の妻である。
妻は月に一度ボランティア活動に励んでいる。ボランティア活動といっても、不登校の少年宅を訪ね
保護者に近況を聞くといった、お茶のみの延長のような活動であるのだが・・・。
6月にはいっての日曜日、台風も過ぎ去り、もう外は 暑いぐらいの日中
家事を済ませ、不登校児宅訪問の支度をしている妻。
平凡な毎日に ちょっと気合が入る。
月一回の家庭訪問の準備である。
この活動を始めてから、どんな少年でも深く話せば理解しあえると確信を持ち始めた妻。
実際、何人もの少年達が妻の励ましで学校へ通うようになってきた。
やりがいも持ち始めている妻は、訪問日誌に目を通す。
申し送り事項が書かれている。
今日の訪問先は、イジメられて登校拒否になってしまった中学一年 淳君である。
春休みの訪問の際は、新学期から登校することを約束してくれていたのに・・・。
淳くんの真剣な眼差しが思い浮かぶ。

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||

2014年2月1日 | 寝取られ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】元家庭教師【出来心】

俺は大学受験のとき、家庭教師がいた。名前は佐織さんで年は俺より3歳上。美人で優しくて佐織さんに付き合ってほしいとお願いしたこともあったが「大学に入ったらね。」といつもはぐらかされていた。
俺が大学に入学してしばらくすると結婚したという話は聞いていたが諦められなかった。それが、1ヵ月前に偶然佐織さんの車に跳ねられるという出会いをした。
ケガは大したことがなかったので、佐織さんの家に行き話をしていたら旦那とは離婚調停中だから、事故のことは秘密にして欲しいと頼まれた。そんな話を聞いて原因は何かと思ったら、旦那が潔癖症過ぎて大学の友達と飲みに行ったことが原因だと言っていた。そんな話をしていたら以前の感情が表に出て「佐織さん、旦那と別れて俺と付き合ってよ。」と言っていた。佐織さんは「そんなこと言われても・・・。」と俯いてしまい黙っていたから、俺は自分の欲求を抑えられなくなって佐織さんを抱き締めていた。佐織さんは抵抗したが力で押さえ込みキスをして舌を絡めようとした時、跳ね飛ばされ「孝君、ふざけないで。これでも人妻なのよ。」と凄い形相で睨まれたが「交通事故のこと、俺とキスしたこと、旦那に話しちゃおうかな?」と言うと急に大人しくなって「どうすれば、黙っててくれるの?」と聞かれたから「俺、佐織さんを抱きたいんだ。」と答えると「そんなこと・・・。」と言って戸惑っていたから「旦那に・・・話そう・・・かな?」と遠まわしの言い方をすると「これ1回きりよ。」と言い出したから「今回だけだよ。」と答えると俺の手を引き寝室に連れて行かれた。寝室に入ると佐織さんは裸になり、そのプロポーションに改めて驚いたが、1回だけの約束が悔やまれた。佐織さんはベットに寝転んで「孝君、早くして。」と言われたけど、俺は無視して佐織さんの横に寝転んで「佐織さんがしてよ。」と言うと「冗談でしょ。私が・・・。」と言うから、「旦那とはしたんだろ。」「もし、旦那が帰ってきたら・・・。」と言うと「分かったわよ。」と言うと、佐織さんは俺に跨りチンコを手で持ちマンコに挿入し始め、カリが入ったとき動きを止めて「太過ぎ。あぁー裂けちゃうー。」と言い出したから、「旦那が・・・帰って・・・。」と囁くと「うぅっ。」と言いながらどんどん挿入していき根元近くまで入ると「だめー。こんなの大き過ぎるー。」と言って腰を浮かせようとしたから「ダメじゃないよ。」と言って、腰を持ち根元まで入れると「だめー。いっくぅー。いっちゃうー。」と仰け反ったと思うと俺に被い被さってきた。佐織さんは肩で息をしていたけど構わずに「自分だけ満足するなんて、ずるいじゃないか?」「俺も気持ちよくなりたいよ。」と言って、佐織さんの体を起こそうと胸を押し上げると「あぁん。だめー。許してー。」と言って抵抗されたが、体を押し上げ「腰を上下させてよ。」と言うと、佐織さんはゆっくり動き出したけど、2・3回上下すると根元まで入って仰け反りながらイッてしまった。
俺は、呆れながら「佐織さん、自分ばかり楽しまないでよ。」「早くしないと旦那が帰ってくるんじゃないの?」と言うと必死に体を上下させ、俺も締め付けられ、絡みつくマンコに気持ちよくなって「うぅっ。」と言って、中に出してしまうと、佐織さんはピクピク痙攣しながらイッてしまい俺の上で動かなくなっていた。
丁度そのタイミングに寝室のドアが開いて「佐織、お前はやっぱりそんな女か。」と旦那が怒りを露にして立ち尽くして「男なら、誰でもいいんだな。」「いつも、そうやって男に跨って楽しむのか?」「この淫買女。俺を裏切りやがって。」「お前とは離婚だ。」と怒って家を出て行った。
しばらくして、佐織さんは泣きながら「ごめんね。」「こんなの見られちゃった。」「軽蔑した?」と言って佐織さんが俺の上から退くと「ごめん。帰ってくれる?」と言う佐織さんに「変なこと考えないでよ。」「俺で良かったら、電話してよ。」と言って、服を着て家を出た。
何日かして、気になっていたけど電話も出来ないまま過ごしていたら、佐織さんから電話があり「直に来てほしいな。」と言われ、佐織さんの家に行くと「離婚しちゃった。」と少しお惚けな顔で言われ、家の中に入ると佐織さんに抱きつかれキスをされ舌を絡められた。
しばらく時間がたって「今日からはフリーだから、孝君が良かったら私を抱いて。好きにしていいよ。」と言われ「こんな女は嫌よね。軽蔑されても仕方ないよね。」と言われた。
俺は「そんなことないよ。佐織さんが好きなんだよ。」と言って抱き締めてキスをすると「孝君のが忘れられないの。孝君のがほしいの。」と言うと、いきなりズボンとパンツを下ろされいきり立ったチンコを握って「私、あれからこれが忘れられないのよ。これのと・り・こ。」と言うと、咥えしゃぶりだされ気持ちよくて口に発射してしまった。
佐織さんは、中に出したものを「ごくっ。」と喉を鳴らせて飲み干すと「今度は下のお口に頂戴。」と言って寝室に連れて行かれると自分から足を拡げて「ここに入れてよ。」と誘われ俺は理性を無くして獣のようにマンコを突きまくっていた。そのまま、中に出して「佐織さん、好きだよ。」と言うと「佐織さんじゃないわよ。佐織って呼んでよ。」「私は人妻じゃないのよ。」「孝君のアレの虜になった女なんだから。」と言うと、思いっきり抱き締められて耳元で「私って、孝君なしに生きられないのかな?これって性奴隷?って言うんだよね。」と言われ、俺はまた激しくマンコを突きまくって中に発射した。
それから、佐織と付き合っている。
しばらくしてから知ったんだけど、佐織ってお嬢様だったのが大きな誤算だった。今は、俺の従順で絶対服従する女なんだけと。

寝取られ体験談検索用タグ

||||||||

2014年1月31日 | 寝取られ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】職場【出来心】

1ヶ月前、飲み会で同僚の人妻(43)といい感じになりました。向こうは俺のことかっこいいっていってくれてて、俺もその人はきれいだなぁっておもっていたんです。飲み会の帰り道二人で手をつないでキスをしました。生理中だったのでその日は口でしてくれました。
先日同じ職場での飲み会がありました。人妻はその日の飲み会を楽しみにしていたみたいで結構飲んでいました。2次会では俺の隣で結構引っ付いてきてて、でももう酔っ払っていました。
2 次会後人妻はまともに歩けなかったのでみんなでタクシーに乗せ帰らせました。他のメンバーも各々帰路につき、俺もかえるふりをしました。人妻もタクシーに乗った後俺に会いたいために途中で降ろしてもらったようです。電話をしたら迷子になってた・・・。何とか見つけたんだけどまともに歩けないし、駅近くで座らせました。何度も嘔吐し、俺は看病をしました。そのまま送ろうと思って歩いたのですが、歩くのがつらいと言うことで近くの神社のベンチに座りました。
俺の膝枕で寝転がりごめんねーを連発。でも手は俺のあそこに・・・俺も我慢できずに人妻のあそこに手を入れました。びちゃびちゃでした。その後ずっといじってたらとうとう「入れて欲しい」と言われ、騎上位で入れました。その後バックで!!10年ぶりくらいだったみたいで人妻は最後のほうには壊れる!!ってことでやめました。

あ〜気持ちよかった。

寝取られ体験談検索用タグ

||||||

2014年1月31日 | 寝取られ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】プールで【出来心】

暇に持て余してプールに通っている。なぜってこともないけど高校時代水泳部に入っていたから少しは泳げる。それに32歳にもなって独身で、正社員でなくパート勤めをしている。
そこで信じられないであいがあったのだ。いつものように一泳ぎして、プールサイトに腰かけていると、そこへ、美人ではないがナイスボデイーの女性がやって来て声をかけてきた「なんどか泳いでいるのを見させていただいてたんですが、泳ぎを教えてもらいませんか?と、真正面に立つ彼女は身長は1m60cm位だろうか?なによりも胸が大きく、白の薄地のワンピース水着のせいか、両方の乳首がぽつんと浮き出している。それにかなりのハイレグであり、ちらりと見ると股の脇は明らかに剃り後がわかる。お尻も大きく割れ目に食い込んでいる。教えることを告げ、一緒にプールに入る。
身体を密着させると思わずペニスが大きくなってしまう。身体に障るのは不自然でないのが嬉しい。ビキニパンツの俺はペニスの先が飛び出るのではと心配する。泳いで、服を着換え煙草を一服していると、短パンを穿いた彼女がやって来た。連絡先を教えてくれと言ったので携帯番号を交換する。
お礼にコーヒーでもと言われ、暇な俺は喜んでOKした。
彼女は3歳の子持ちで朝幼稚園に送ると5時までは暇を持て余してここにくるようになったとのこと。俺が独身を告げると
本当ですが?素敵な方なのにとお世辞を言って来た。
「いつもひとりでしているんですか?」との問いに一瞬びっくりしたが、「しかたないですよ。俺彼女がいないから・・でも早く彼女がほしいです。一人エッチばかりではつまらないから・・・」と答えると、びっくりした顔を見せた。どうしてだろうと思っていると「え?勘違いされたんですね。私が云ったのは、いつもひとりでプールで泳いでいるんですか?」って尋ねたんですよ。とクスリと笑った。「でもあなたの秘密を知ってしまったのね。私は。でも恥ずかしがることはないですよ。私は結婚してますけど、主人は自分の好きな遊びばかりして私はいつもほっておかれているんです。ですから人妻でありながらきっと独身女性と同じ位一人エッチしているんですよ。と。しばらく目と目で無言で会話をしていた。彼女は黙って自分が乗って来た車の方に行き俺を助手席に乗せて少し走ったところのホテルに入った。入るや俺に抱きつき片手を俺の股間に伸ばし、揉み始めた。あっというまに勃起した俺のペニスをズボンのファスナーを下ろし握って来た。もう先走りの汁が出ている。彼女は短パンを脱ぎ、セーターも一気に頭から脱ぎ捨てるとブラとパンテイーだけになって、俺の前にしゃがみ、片手でペニスを握り口に含んだ。たまっていた精液は我慢できず、彼女の許しもなくどくどくと喉の奥に射精してしまった。バツが悪く、目を除くと「今度は私を気持ちよくさせて」とパンテイーを脱ぎ棄て
よつんばになった。股間から陰毛がのぞき、ぱくりとわれたお●●こが見え隠れしている。一気に挿入し、力のかぎりピストンした。彼女の叫ぶような声を出して、「いいわ、久しぶり、固いわ、奥にあたる。中に出して・・・いっぱい・・・」と。いうまでもなく絞り出すように出しはなった。
レスを書くHなブログが読み放題!!

寝取られ体験談検索用タグ

|||||

2014年1月31日 | 寝取られ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】隣の人妻【出来心】

隣に5年前 当時22歳の若い夫婦が引越ししてきた。
そのうち赤ちゃんの泣き声がよく聞こえていた。
少し茶髪でギャルぽい若妻が子供を保育園に預けてから家事が終わると、昼の静かな部屋に喘ぎ声が聞こえるようになった。
静かに俺はのぞき見に行くとパンティーが片足に引っかかり、ブラが首まで上がりオナニーをしていたのです。
喘ぎ声が毎日というほど聞こえていました。
月に一回回ってくる回覧板を喘ぎ声が聞こえているときにチャイムを鳴らし呼ぶと、顔を赤くして少し乱れ気味の服装で彼女は玄関を空けた。
回覧板を渡すときに、俺は言った。
旦那さんとはエッチしてないのかな?? 彼女はびっくり顔でえ~~なんですか?
俺はいや~ 奥さんの声が毎日聞こえてくるもんで?
さらに顔を赤くして手で隠して玄関を閉めてしまった。
2~3日すると押し殺したようにまた喘ぎ声がかすかに聞こえてきました。
俺はチャイムを鳴らし、玄関が開くと中に入り、鍵を開けて押し入った。
なんですか?と追い払うように彼女は言ったが、俺はそそり立つ物をずぼんを脱ぎ出して言った。奥さんこれが欲しいのでは??
彼女は目を点にして棒立ち・・・手を取り、俺のペニスを握らせ、キャミの紐を下げて胸を露出させてからわしずかみした。
硬直してるみたいにただ立ってるだけで人形みたいです。

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

||||||||||||

2014年1月31日 | 寝取られ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】寝取られ【出来心】

妻(美紀・33才)は、1年前から浮気している。
美紀は私が知らないと思って毎週水曜日に、昼前から激しく抱合っている。
36才の男とW不倫で、男が借りているアパートで会っている。
私は半年前に、妻の目を盗んで合鍵を作り、妻達のSEXの跡を見ながらオナニー
するのが日課である。家に帰ると妻は何も無かった様な顔で私を迎える。
アパートには、ベッドとテーブル、テレビがある。
ゴミ箱の中は、丸めたティッシュ・使用済みスキン・が詰めこんである。
ゴミ箱の下にあるスキンは凄く異臭で茶色く変色している。
ベッドの引き出しには、バイブが2本とローション(ぺぺ)・スキンが入っている。
アナルSEXもしている。ティッシュに黄色い妻の大便が付着している。
妻達が帰った後、部屋に入り、ゴミ箱チェックをする。
スキン着用かを確認する。5割でスキン着用だ。
使用済みスキンの中には、白いザーメンが入っていて、回りはヌルヌルしている。
多いときは、スキン4枚の中にザーメンが入っていた。
ベッドの上には数本の陰毛が落ちている。

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

|||||||||||

2014年1月30日 | 寝取られ体験談カテゴリー:人妻との体験談

このページの先頭へ