寝取られ体験談で鬱勃起 最新更新情報!

【人妻】ムカつく野郎の妻を寝取るリアルプロジェクト8/22【出来心】

2008年8月22日(金)
こんにちは細川幹夫です。
今日からブログ形式で、皆さんに、僕が人妻を寝取る過程を楽しんで頂こうと思います。
なぜこんな事になったのか、先に説明させて頂きます。
僕が勤務している会社は東京の千代田区に有る、オフィスビルの中に入っていて、3フロアーを借りて、社員数が200人未満の会社です。
その会社の常務が、塾長の刈太志さんです。
社員旅行の時に、部長が僕の過去の性癖を暴露してしまい、それから、個人的に刈太志さんから話し掛けられる様になって、今では二人で飲みに行くほどのお付き合いをさせて頂いています。
まわりの皆からは「お前と常務って何なの?おかしくない?お前が仕事出来る奴なら分かるけどさー」と言われます。
僕も同感ですけど、理由は分かっています・・・
すでに僕の彼女と常務はセックスをしていて、僕も知っていますし、3人でする事も有り、その時は僕を拘束して、目の前で彼女を犯されるのです。
僕は興奮して、手を使わないでイク事もタマに有るぐらいです。
そんな関係なので、仕事とは関係なく仲良くさせて頂いて、本当に楽しい毎日が送れています。
でも、つい2ヶ月程前、同じフロアーに、ある男がブースを作って、間借する事になったんです。
その男は、専務の親戚で「経営コンサルタント事務所」を開業する為に、会社を辞めて独立したそうです。
僕は会社では下っ端で、うまく仕事が出来ないので、上司から「専務のご親戚の面倒を見てくれよ」と言われていました。

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

||||||||||||||

2014年2月4日 | 寝取られ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】お得意さんの奥さん【出来心】

週に1.2度お邪魔しているお得意さん。
家族で商店を営んでいる。
経営者である旦那さんは会合やらなにやらで、
あまり顔を合わせることもない。
いつも奥さんが応対してくれる。
普段はお茶をだしてもらって、
30分くらいおしゃべりをする。
仕事の用件は最初だけ。
あとは俺のつまらないギャグに笑って付き合ってくれる。
年は40歳前後かな・・・
小学生の男の子がいる。
と言っても、昼間の時間帯だから
男の子には会ったことがない。
一言で言えば、とっても清楚で綺麗な奥さん。
スラッとした体型でありながら、おっぱいは少し大きめだ。

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

|||||||||

2014年2月4日 | 寝取られ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】Tちゃん【出来心】

相手は、元派遣会社の営業の子です。
この子が営業で来てるころからなついていて、あの頃は、全然そんな気がなく、
彼女は今の旦那と同棲中でしたし、あれからしばらくして派遣会社も辞め、
そのうち結婚して子供ができ、たまにメールでやりとりするくらいでした。
2年くらい前に、メールをやりとりしているうちに、突然告白され、会いたいと言ってきました。
まったくそんな気がなかったので、困って断ったのですが、すごく泣かれて、付き合いでメールのやりとりが続きました。
メールでの、Hなやり取りで自分も会いたいとおもうようになり(爆)ついに会ってしまいました。
子供がいるのにそんな感じはありません。年は27か28になっていたと思います。
焼肉食べて(このあたりが意気込みを感じさせます。)外に出ると腕を絡めて歩きだしました。
(このあたりでティムポはギンギンです。)もう一軒、飲みにいき、彼女が酔っちゃたというので休む事に、
ラブホテルに入り、ふたりきりになるとどちらともなくキスし、愛撫が始まりました。もう止まりません。
彼女はスレンダーですが、乳の形が良く、乳首はやや大きめです。
裸になり、愛撫を続けると彼女のあそこは洪水状態でシーツがビショビショです。
挿入しようとすると、やさしくしてと哀願します。いとおしく感じます。
挿入するとしまりは、決して抜群ではありませんが、あえぎ声がすごくいいんです。

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

||||||||||

2014年2月4日 | 寝取られ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】昔【出来心】

仕事から帰宅後、何かしらの理由で妻と大喧嘩をして、家を飛び出しました。その日は帰宅するつもりもなく、ビジネスホテルを取り、部屋で熱いシャワーを浴びて、思いはせていました。体はサッパリしたものの、心にはまだ何か、つっかえ棒があり、部屋の冷蔵庫の缶ビールぐいっとを飲みました。
ふと窓から外をみると、きらきらと看板のネオンが眩しく
暫く見ていたのですが、また着替えてネオン街の方へ行って
みました。気分的には何か、とても飲みたい気分で、ネオン
街のとあるパブへ入りました。
そこは俗にいう熟女パブというところで、会社の仲間内でそういうとこには何回か来た事があるのですが、1人で行った事はなく、少し緊張しながら待っていました。
しばらくすると、グレーのワンピースを着たセレブっぽい女性の方が付いてくれました。やや、化粧は濃い感じでしたが顔立ちはハッキリとしていて、素直に綺麗な人だと思いました。年齢的には35位だと思います。ちなみに僕は当時、30でした。
その方と他愛もない世間話しをし、盛り上がってきたトコでご指名がかかり、席を外しました。
暫くすると何やら、ロリータ風のやっちゃいました系の女性が来たので、テンションが急激に下がってしまいました。
その方は来て5分もしないうちに店員に呼ばれまた、席を外しました。
最後に来たのが、父兄参観に行く様なスーツを来た41歳の女性でした。その方は違う席で飲んでいたらしく、少し出来上がっていて、お客さんからチェンジを申し出されたようで、
僕に執拗にチェンジしないでね!と言ってきました。
僕にはどうでも良かったので、大丈夫ですよ!とは言っておきました。
暫く話しをしながら、冗談を交わし楽しく飲んでいると、お決まりの営業作戦でアドレス交換を申し出て来たので、まあもう来る事もないし。。と思って取り合えずは交換しました
1時間を迎えようとした時に店員さんが延長しますか?と聞いてきたのですが彼女が、あと1時間だけお願い♪

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

|||||||||||||||

2014年2月4日 | 寝取られ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】お局様【出来心】

会社のお局様とやっちゃっいました。会社設立時の新入社員で今年33歳。彼女の社歴=会社の歴史です。
僕が工場の現場からこの職場に移って数か月、飲み会を何回かした時に成り行きでそういう関係になりました。
先月始めに飲んだ時、二次会で解散したら「ちょっと待ってよ!」と呼び止められ、強引に「もう一件行くわよ」
と誘われたので、2人で適当な居酒屋に入り飲みました。
居酒屋から出たところお局様、飲み過ぎたらしく「気持ち悪い」と言われ、建物の裏で背中をさすってあげたけど
吐かなかった。
なんとお局様、何事もなかったかのように起き上がって“ニヤッ”と笑ってから「最後にエッチしたのはいつ?」
と聞いてきた。
返答に困ってると「ねぇ…私見てやりたいと思う?」と聞かれ「そりゃ…綺麗ですからね」と言うと、
唐突に太股から股間をじわりじわり触ってきた。
びっくりしたけど触り方が上手くて勃起。手を胸に持っていかれついに暴発、その場でしちゃいました。
服を捲って汗ばんだ胸を舐めてると、チャックを開けられモノを握られました。
アソコを撫でたらもう湿り気が凄くてびっくりしました。
立ちバックで突き刺してると「あぁ…やっぱり硬いぃ…!」と悶えてました。
入れる度グチュッグチュッと音が出るくらい濡れてました。「はぁん…!ゴリゴリあたる!」とノッテきたのか腰まで

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

||||||

2014年2月4日 | 寝取られ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】友達夫婦と【出来心】

僕達は30代前半の夫婦です。結婚して2年近く経つがそろそろ新しい刺激がほしかった頃の出来事。その日、嫁さん(=K美)が学生時代からの付き合いだった女友達(=E子)とその旦那さんが家に遊びにきていたのだ。お酒を飲んで4人とも程よく酔っ払っていた時にこれまでに一番すごかった性体験を語り合う事になった。じゃんけんの結果、最初にK美が話す事に。これまで僕自身あまりK美の過去の話は聞いておらずかなりどきどきしていた。内容は以下だった。
「大学時代、当時付き合っていた彼氏とある日ふたりで彼の家で夜を過ごしていたら、彼氏の先輩がふと遊びに来た。先輩は既に酔っていたので早々にいびきをかいて寝始めてしまった。私達はその頃忙しくてなかなか会えなかったので久しぶりのエッチを楽しむ予定だったから、先輩が寝ている横でエッチを始めてしまった。そしたら私達二人の声が漏れていたのか先輩が起きてしまい、「俺も参加させてくれ」と言う。もうエッチな気分でいっぱいになっていた彼氏は「K美しだいだ」と言う。実は当時の彼氏と付き合う前に私はその先輩が好きだった事もありOKをしてしまい3Pをする事に。彼氏以外の人、しかも自分が好きだった先輩にあそこを舐められて気持ちよくなっている所を彼氏に見られるのは少し罪悪感があったけどすごく気持ちよかった。しかもその彼氏も夢中で私のおっぱいを舐めていた。二つの舌が違う所で同時に私を気持ちよくするなんて最高だったし、気持ちよくて頭の中は真っ白だった。それにおちんちんが2本あってどっちも大きく固くなってて夢中で気持ちよくもさせてあげた。」という体験談だった。
僕はその内容にかなり興奮してしまい既にあそこはかちんかちんになっていた。よく見ればK美は過去の気持ちよかった事を思い出してすでに自分のズボンの上から右手があそこに伸びていたのだ。そこで僕は「少し気持ちよくしてあげる」と言い、彼女のおっぱいを触り始めた所、吐息が漏れ出したのだった。その時、K美の友達夫婦も既に寄り添って二人でキスをしつつおっぱいを触っていたのだった。なので僕らはそのままエッチを始めてしまった。
K美は予想通り既にかなり濡れており僕の右手を自分のあそこに誘導してくるのだ。僕はK美を下着だけにさせてE子夫婦によく見えるようにK美を四つん這いにさせK美のあそこを触り始めたのだ。そのK美の姿がとてもエッチであった事は間違いなくE子夫婦もエッチをしながらしばしばK美の様子をちらちらと見ていた。K美はどうやらE子の旦那さんと目があう時、更なる快感を感じているようだった。そこで僕はK美に「また3Pをしてみたい?」と聞くと、気持ちよくなりながら目を輝かせて「うん、してみたい。」と言うので、E子の旦那さんが参戦することに。K美はそれまで僕が聞いた事のないようなよがり声をだして気持ちよくなっていたのだった。あそこをE子の旦那さんに舐められたり、指を入れられたりしてかなり気持ちいいらしく、何度となくK美は「ごめんね。でも気持ちいいの。上も下も気持ちいいわ。」と甘えた声で言うのであったが僕はそれに興奮して必死にK美のおっぱいを舐めるのであった。そしていよいよE子の旦那さんがK美のあそこにおちんちんを挿入した時、K美は全身を伸ばして、手も上に伸ばして至福の表情をしていた。僕はそのK美を見てK美の顔の前で自分のおちんちんを必死にしごいてしまった。
するとK美とは別の喘ぎ声が聞こえてきた。そう、E子はオナニーをしていたのだ。E子もK美と同じぐらいスタイルがよく、おっぱいも大きく僕は夢中でくらいついてしまった。そして既にびしょびしょになったあそこに指を入れると腰をぐいぐいと動かし始めるのだった。それを見ていたE子の旦那さんとK美はより一層激しいセックスをしていた。そしてK美が上になり騎乗位となって激しく下から突かれている時、K美が僕を呼ぶのである。「私におちんちんを咥えさせて」。E子の旦那さんの上で下から突かれながら立っている僕のおちんちんを舐める。そう彼女はこの状態が今までで一番すごかったエッチだったというのだ。
その後、K美とE子の旦那さんはいってしまったので、僕はE子と夢中でセックスをした。そしてそばでは二人が鑑賞していたのだ。K美が言うように僕も見られる事に興奮を覚え、K美とE子の顔を代わる代わる見ながらE子を激しく突いた。するとK美はオナニーを始めるではないか。無理もない。自分の旦那が他の女性とのセックス中なのだから。E子の旦那さんも二人の女性のいやらしい姿を見ているとまたすぐに大きくなってきたので、E子との3Pを楽しんだ。その後、朝までスワップ、3P、4Pを続けたのは言うまでもない。その後はE子夫婦と月に1度程度、エッチを楽しんでいる。これが僕達夫婦にいいように作用しているから不思議だ。

寝取られ体験談検索用タグ

||||||||

2014年2月4日 | 寝取られ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】人妻中だし【出来心】

何年か前の話しですが、人妻(当時25)を某掲示板でネットナンパしました。
最初はそのつもりはなかったのですが何度かメールやチャットで話しをしていたら相手からお誘いが。
据え膳喰わぬは恥と即OK。
実際に会ってみたらちょっとぽっちゃりだったがタダマン出来るなら有る程度は我慢と自分に言い聞かせ取り合えずそのままホテルにしけ込む。
部屋に入るなり速攻で脱がして胸とアソコを刺激してやったら
「シャワー浴びてから」と言われ渋々シャワールームへ。
一緒にシャワー浴びている間も各部への刺激を続けていたら我慢出来無くなったらしく、チンポを掴んでくる。
しかし、まだ入れてやらない(笑)
ベッドに戻ってクンニや指で散々弄くり回したら
「入れて〜〜〜」とせがんできたので
「そのままで良い?」と聞くと
「うん」と嬉しい返事が(^^)v
そのまま生で一気に挿入。
ガンガン突いてやったら白目剥いてイキまくってる。
15分ほどして自分もイキそうになったので

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

|||||||

2014年2月3日 | 寝取られ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】ヤンママ【出来心】

単身赴任35歳。
今年の4月から若夫婦が俺の隣に引越ししてきました。
日曜日は旦那が仕事らしく、いつも乳母車に乳児乗せて散歩してるところを見てました。
俺も暇だし、隣で顔見知りだから公園で話すようになりました。
21歳サキです。
先日突然の雨で俺もサキもびしょぬれになってしまいました。
公園の滑り台の下で雨宿りしてサキを見ると、塗れたノースリーブから赤のブラが透けて見えます。
そして薄い白のスカートからも赤のショーツが見えて、俺はいろいろ想像して勃起してしまった。
雷もなり始め激しい雨の中俺たちは小走りでアパートに帰り、俺が乳母車を押していきました。
サキのアパートに乳母車を押して入り、帰ろうとしたら、サキがバスタオルを持ってきて渡してくれました。
サキは子供を寝かしつけてから、俺にシャワーしていってくださいといい、早々とシャワーをして出るとサキの旦那のパジャマ(新品)を渡され、サキも塗れた服を脱ぎシャワーをしにいきました。
俺の頭は、これはひょっとすると?????思いました。
サキはバスタオルを巻いただけで俺の前にきて、目がうつろ状態です。
ソファーに座ってる俺にそのままの格好で寄ってきて、俺の手を持ちサキのあそこに誘導してきました、
濡れてる〜〜  肩を引き寄せキスをすると下を絡ませてきました。

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

||||||||

2014年2月3日 | 寝取られ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】単身赴任【出来心】

俺(45歳)は、本社の人事抗争に巻き込まれ3年前から仙台支店に単身赴任している。
肩書きは統括部長だが閑職に等しく、顧客からのクレームに営業部員と謝りに行くのが唯一の仕事になっている。
赴任当初は毎週末に帰省しては、本社で部下だった社員と新橋で呑み、不満の捌け口を酒と、愚痴と、妻の肉体で紛らわせていた。
1年位で本社へ復帰出来ると思っていたが社内状況は好転しない。経費節減で帰省回数も大きく減らされた。
帰省回数が減ると同時に夫婦生活も疎遠になり、妻も子供中心の生活に浸るようになって2年が過ぎようとしていた昨年春、俺が運転する社有車が交差点で赤のアルトに軽く接触された。
車から中年女性が降りて来たが、初めての事故なのだろう戸惑うばかりで話にならない。俺が、警察に連絡しようか?とか住所や名前、保険会社の事を矢継ぎ早に聞いたので最後には泣き出してしまった。
車(マーチ)の凹みも言われなければ判らない程で社有車だし、却って会社に報告すれば俺が面倒になることは明らかだ。
泣き止んだ女性が勤め先(某デパート)の名刺を出したので、俺も名刺にマンションの住所と電話番号を裏書きしてその場を終わりにした。
 2日後の土曜日「これからお伺いをさせていただきたい」との丁重な電話の後、アルトに乗ったその女性(恵美子)が菓子折を持って俺のマンションを訪れた。
 俺は、玄関で「こんなに丁寧にしなくて良いですよ」と云いながらも、中年女性特有の色気と甘い香りに「実は、大変だったのですよ」と咄嗟に嘘を云ってしまった。
 女性の困惑した顔を見ながら「中で話しませんか?」と声を掛けると、戸惑いながらも
パンプスを脱いだ。
 ソファーに腰掛けると「本当にご迷惑をお掛けして済みません。保険会社にはお願いしてありますから・・・」とのことであった。
 私は「車のことより、私の立場ですよ。事故に遭って大切なお客との約束時間遅れたこと・・・」など、自分ながら適当な困り文句を云った。
恵美子と話して判ったことだが、ご亭主は俺と同じく単身赴任中で、今は息子と2人暮らし。保険会社からは当事者間で事故の話をしないようアドバイスがあったが、気が済まずに尋ねて来たこと・・・・等であった。

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

||

2014年2月3日 | 寝取られ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】人妻【出来心】

私の体験を・・
相手は41才の岡山の女性で、お子さんは都内の大学に通っていました。
知り合ったのはエキサイトです。面白くもない私のメールに返事をくれた理
由は、家族がいて安全そうだった事と、頼子さんの子供の大学の近くに住ん
でいて、いざとなったら情報収集してくれそうだからですって。 最初は、世
間話ばかり、それから口説くのに実に4ヶ月です。 
その間に一度だけ出張時にお会いしました。
その時はお茶しただけで、また岡山駅まで車で送ってもらいました。頼子さ
んは小柄でお洒落な感じの人で、結構グラマーなのに足が細いのです。
本当に普通の奥さんって感じでした。 
そんなわけで、彼女が子供の大学の下宿先に来る時があるので、そのときに
思い切って誘いました。
彼女はいたって真面目というか、人間的にも立派で優しい感じの人でした。
こちらの家庭の事とか、相手の家族の話とか色々な話をそれまでにしていま
したから、そのときお会いしたときもごく自然な感じでホテルに入りまし

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

||||||||||

2014年2月3日 | 寝取られ体験談カテゴリー:人妻との体験談

このページの先頭へ