寝取られ体験談で鬱勃起 最新更新情報!

【人妻】遅れて【出来心】

今日はパートのケイコとホテルに行く約束をしていた。
昼飯を食べ話していると、生理が遅れているという・・
途端にやる気が萎えてしまい、生理が来るまでそんな気にならないと
いってホテル行きは取りやめた。
大きな病院の駐車場のはずれでケイコの車で話していたのだが
ホテル行きが駄目になったケイコはふてくされている。
「普通、生理が遅れていたら気になって女の方がそんな気に
ならないと思うぞ」
「だってしばらくぶりだからしたかったんだもん」
ケイコはもう何年も旦那とはしなくなっていたのに
俺と会ってから忘れていた体に火が付いたそうだ。
「昨日から楽しみにしてたのに・・・」
なんと言われてもしたい気分にはならなかったが
いつの間にか俺の股間に手を伸ばして擦っていたケイコが
「社長、硬くなってきたよ・・」そう言いながら

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

|||||||

2014年2月7日 | 寝取られ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】人妻【出来心】

大阪の某有名百貨店で働く38才の人妻と知り合ったのは僕がセールスをしてた時の事。
彼女は身長160位でボディは普通だけどヒップが肉付きのいいスケベそうな人妻特有の体をしていた。
またそのハスキーな少し低い甘えるような声はなんともイヤらしかった。
たまに作業中でこちらに背を向けて尻をつきだしている時等はタイトなスカートにバンティラインが出ていて、おもわずそのまま捲ってバックから犯してやりたくなるほどフェロモンがプンプン匂う女でした。
ある日飲み会の二次会「男女10人位」まで着いてきた時、みんなかなり飲んでいて何組かいつの間にかチークダンスを踊っていたので、チャンスと思い、彼女を誘って一番隅っこで密着して踊った。
無礼講であのイヤラシイヒップをなでまわして、人目を盗みながら大胆にも前から太ももを撫で上げてみたが抵抗がないのでパンティ上からオマンコを擦りました。
チークダンスで人目を盗みながら、あのイヤラシイ人妻のヒップを左手でなでまわして、右手はタイトスカートから見える黒ストッキングのうまそうな太ももを、初めは軽く、次に揉むように、そして徐々に上へと移動し、ついにパンティに。女は嫌がりもせず、小さく揺れうごいてる。
右指二本でパンティの上を擦り回していると、パンストまで湿った感触が指に伝わってきた。すると「ウゥン」と小さく甘えるような女の声。かすかに匂う人妻の熟成された甘いアルコールの香り。俺は「ヤりたい!」と思った。・・・でも社内の目があるので(出来るだけ自然に?)と間隔を空けては、不自然に何回も踊った・触った。お開きになって、皆ぞろぞろと店を出て行く。最後の方で女に「終わったら、駅と反対方向の離れた場所に先に行って待っててくれ。」と言っておいた。
少し遅れて皆には「タクシーで帰るわ」と見送ると、必死に目的地に向かった。「いないかもな」と思いながらもヤりたい気持ちに後押しされて、走った。
「いた!」遠目でもわかった。会うなり人妻の手を取って、死角になりそうなビルの暗がりに引っ張っていった。
「ヤりたい!」壁に女を押し付けて激しくディープキスをした。
黒のタイトスーツの上から小ぶりの胸を揉み回す。
さすりながら下へ、スカートの中へ、パンストの上からオマンコを撫で回した。
強引に襲ってきた男に「いやぁだめぇ、ウゥン」と体をくねらす程度。
「これはヤレル」と思い、(閉店した地下の店)に降りる暗い階段に連れ込んだ。

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

|||||||

2014年2月7日 | 寝取られ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】会社の上司の奥さん【出来心】

私の上司は外車に乗り色白で美人の奥様とかわいい子供に恵まれた男としても理想の
男性です。よく独身の私を飲みに連れて行ってくれて、仕事の話や彼女の話などの
相談に乗ってくれる男らしい上司です。飲みに連れて行ってくれた後はよく「家に
泊まっていけ」と言って上司の家で飲みなおすのがいつものパターンでした。時々は
お子様を寝かしつけた奥様も「私も一杯いただこうかな〜」と言って参加してお酒を
注いでくれるので、どんなキャバクラに連れて行ってもらうよりも嬉しい瞬間でした。
2人はとってもラブラブでお風呂上りの奥様がゆったりとした胸元のパジャマで彼と
いちゃいちゃする姿を見ては羨ましく思っていました。先週、実家に寄った時に親父
が処方されている睡眠導入剤を分けてもらってきた私は上司の家に行く時にそれを粉
にして持って行きました。
子供を寝かした奥様が参加してくれたので二人がいちゃいちゃしてる時に「氷を入れて
きます」と言って冷蔵庫に行き氷と一緒に睡眠導入剤を2錠分ずつ2人のグラスに入れて
しまいました。よくかき混ぜてから「いつもありがとうございます!これ飲んだら邪魔
者は先に寝ますのでお二人で盛り上がってください」と言ってカンパイをして一気に飲
ませてしまいました。私は客間に行って自分で布団を敷き寝たふりをしていました。

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

|||||||||||||

2014年2月6日 | 寝取られ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】カレーショップ【出来心】

昼飯を食いに近くのラーメン屋に行った。
いつも混んでいるが、その日もご多分に漏れず長い行列が出来ていた。
待たされるのが嫌いな私は数軒先のカレー屋に予定を変更した。
ここはカウンターだけの店で、私と同じようにラーメン屋から流れて来た客が
多いようである。
『カレーください』
『はい!カレー1枚ね〜』
アルバイトみたいなお兄ちゃんが調理場に向かって声をかける。
『カレーください』
後から私の隣に座った女性が同じように注文した。
『はい!続いてカレーもう1枚ね〜』
再びお兄ちゃんの元気の良い声が店内に響く。
カレーはすぐに出て来た。
だが、先に皿が置かれたのは後から来た女性の前である。
『あの…お先にどうぞ』

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

||||

2014年2月6日 | 寝取られ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】フィトネスクラブに一日体験【出来心】

単身赴任で大阪にきている29歳の会社員です。最近なんかお腹が気になり始めてたし、近くのフィトネスクラブに一日体験したときの話です。
自分は高校のとき空手をしてましたので身体には自信があり柔らかいほうだと思います、受付でお金を払いロッカー室で着替えると2階にある部屋に上がりました、部屋ではエアロビクスみたいな事をしている人が40人くらい、筋肉運動の器具やランニングマシン他の器具が沢山あり、腹筋を鍛えるマシンをしてた時、横でロングヘアの30代の女性が汗を流しながらこちらを見る視線があり、こちらも身体を舐めるように見ていると、女も俺をじ〜と見つめてた。
エアロビが終わりキックボクシングのようなのが始まり、その女は部屋の中に、俺もついていくように部屋に入り女の後ろに行きました。リズムにのり激しい動きの中、女にわざと触れるように近づいたり離れたり、30分で終わったときに 結構きついねと話かけ後でお茶する約束をしました。女は電車で通ってるとの事で俺のマンションが近くだからって部屋に案内しました。
女は真由実さん35歳の人妻で旦那さんは今日は出張で帰らないし、子供は中学生で友達の所に遊びに行ってるとの事でした。
フィトネスの話題に夢中になりビールをすすめると、きらいではないらしく、ほのかに頬がピンク色に 奥さん綺麗だよって言い寄り
 キスしにいくと、真由実さんもこたえてくれて シャワーの臭いがする髪を両手で抑え 長いくちづけ 右手は真由実さんのおちちを揉み 左手で真由美さんの手を俺の股間にゆうどうしました。
真由実さんは始め見たときからあなたが好きよっていいのこして
俺のちんぽを舐め回してくれました。俺も真由実さんのおめこに指1本を入れ中を掻き回しびしょびしょになるまでクンニのおかえし。
あとはベツトに移動し、真由実の中に1ヶ月ぶりの濃い精液をぶちこみました、ゴムの中はすごい量で破れてないか心配になるくらいの量でした。それから真由実さんのおくちで硬くしてもらい、再度挿入! 途中でゴムをつけ今度は10分はもったかな。
二人でシャワーをして、お酒を飲んだので近くの駅まで手をつなぎ
送って行きました。また今度ねって手ふり なんか昔味わった恋人気分に久しぶりに返った気がしました。

寝取られ体験談検索用タグ

|||||||||

2014年2月6日 | 寝取られ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】年上の人妻【出来心】

私は当時25才で独身、20才年上の人妻A子は会社の同僚、世話好きタイプの人妻さん。ある日、半分冗談・半分本気で「あなたが好き、付き合って欲しい」と言うと何故か真剣な困り顔、当然だ!と思っていたが数日後メールで「本当なの?おばさんでもいいの。一度ゆっくりお話ししましょう」と返事。私はA子と会社で初めてあってから今までの感情を話した、更に数日後、「年も違いすぎるし、それでもいいの?」とまたメール。「お願いします」と返した。
付き合っているとはいっても、人妻さんと会社の目や彼女は世間の目を気にしメールが殆ど。会社では遭ってもそんなそぶりはお互い見せなかった。ただ、メールの内容は、「浮気はしたことない」「旦那には少し不満ある」「このまま人生を終わりたくない」と言った人妻さんにはありふれたものだった。
そんなこんなで3ヶ月くらいしたある夏の日、「来週遭える?」
その日夕方、指定場所に行くと、子供は学校行事でいなく旦那も出張とのこと。普段とは違う彼女の服装に驚きながらも少しドライブに行き食事、そして思い切って誘ってみた。
部屋に入ると「私だって浮気いいよね」。別々にシャワーを浴び彼女の待つベットに行くと「抱かれたかった、恥ずかしいから早くして」。言葉通りに少しだけ含ませた後、合体した。合体の後はやはり熟女、すぐにいきそうになったので「このままいっていい?」「今日はあなたの女だから、好きにしていい」遠慮なく子宮に射精、休憩の後もう一度中に出した。
それからしばらく付き合っていたが、そのときもずっと中だししていた。別れる時彼女は「旦那が浮気していた。私もと思って、どうせするなら究極の浮気(中だし)でないと私の気がすまなかった」と言う。何か女って怖いと思った。

寝取られ体験談検索用タグ

|||||

2014年2月6日 | 寝取られ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】ムカつく野郎の妻を寝取るリアルプロジェクト8/24【出来心】

2008年8月24日(日)
こんにちは細川幹夫です。
先日からブログ形式で、皆さんに、僕が人妻を寝取る過程を楽しんで頂くべくスタートしました!
予め言っておきますが、最終的に寝取れるかは分かりません・・・
今週の土曜日に、初めて高沢の自宅周辺へ調査に行きました。
住所はダイレクトメールから調べたので、地図サイトをプリントして、僕の車で向かいました。
住所は練馬区の都心よりなので、杉並区の僕の家からは車で20分位です。
そして午後2時位に家の前に到着したのですが、何も準備してなくて、取り敢えず来てしまったので何も出来ません。
その日は家の前に30分程停車して、渋々帰りました・・・
調査すると言っても、初めてなので、何をしたらいいのか全然分かりません。
車から降りて、家を見に行こうとしたのですが、怪しく思われたらどうしようと思って、出る事も出来ませんでした。
しばらくして、塾長に相談の電話をしてみました・・・
幹夫:「塾長お休みのところすいません、幹夫ですけど・・・今、高沢の家の前まで行って来たんですけど、調査ってどうすればいんですかねー」
塾長:「何だよ、何も考えねーで行ったのか?自分で考えろよ!しょうがねーな、じゃあ状況少し教えろよ」
幹夫:「すいません・・・けっこーデカ目のマンションでオートロックだと思います、そんでマンションの前はバスが通る位のそこそこデか目の道で、そこに路駐してました。」

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

|||||||||||

2014年2月6日 | 寝取られ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】年末年始【出来心】

年末年始は実家に帰らず、学生時代にバイトをしていた屋内プールの支配人に頼まれごとをお願いされていた。
年末年始の休業中に一日一回、施設を見回って欲しいとのことだった。
バイト代は出ないが、プールで泳いでも構わないというから、経費を考えれば、かなり高額のバイトでもあると思った。
早速29日の午前中に部屋の大掃除を済ませてから、午後にプールに行ったが、
さすがに一人でプールにいるのは、寂しくなった。
併設されている小さなジムもやったが、それも虚しく器具のカチャカチャという音が響いて余計に寂しさを感じさせるものになった。
適当に見回って、ボイラーも最後消して施設を出て、引き受けてしまったことを少し後悔した。
誘えるような友達はみんな帰省してしまったか、仕事にはまっていて、帰省すればよかったと後悔した。
ところが、近所の子供で以前転んだところを助けたこともあって、遊んであげるような仲になった子供を
コンビニで見かけた。
母親も知っているが、家庭の事情が複雑そうで、挨拶程度しか話したことはなかった。
と言うのも、子供の父親は浮気相手の家に入り浸っており、母親は酒に溺れてしまった時期もあって、
それが嫌になった子供が突然夜に俺の部屋に泣きながら来た事があった。
子供から聞いたそういう話だから、内容はかいつまんだ感じだろうが、嘘はないと思った。
それを知ってから、母親の存在自体が俺の中で踏み込んじゃいけない領域になったような気がした。

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

|||||||||||||||

2014年2月6日 | 寝取られ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】同級会【出来心】

中学時代の同級生恵理子。去年の同級会で三年ぶりの再会。
背は低めで髪は茶髪。なんだか昔より痩せた感じだ。密かに彼女を見てたら「久しぶりだね!」と話しかけて来た。
久々に色々話し込んでる間に一時会が終わり、二次会でカラオケしてる頃にはお互い酔ってて、腕を組んで歩いてました。
皆からは「人妻なんだから手を出すなよ」とからかわれてた。
そのまま腕を組んで歩いて帰り、適当にタクシー拾って帰そうとしたら、「…まだ時間あるでしょ?」と帰りたくない様子。
冗談で「ホテル…行くか?」と言ったら「…しばらく行ってないから行ってみたい」とあっさりOK。
ホテルで座って会話。そのまま成り行きで抱き寄せたら抵抗なく寄り掛かって来た。
キスして服を脱がしておっぱいを触ると意外に巨乳でびっくり。
「子供生んだらサイズおっきくなった」って言ってた。
乳首を舐め回し、スカートの中を触ると「ウン…アハッ…」と吐息を漏らすとゆっくり股間を触って来た。
お互い興奮気味に触り合い、クンニでタップリ濡れて来ると、起き上がってゆっくりとモノを舐めてしゃぶってくれた。
流石は人妻、上手かった。
そして恵理子の中に入ると中はヌルヌル、動かすと「アンッ!アンッ!」と喘ぎまくる、
グチュグチュとあそこから音を出して来た。小中の同級生とハメてると思うと妙な興奮を覚えた。
キスしようとしたが「旦那に悪いからダメ」と拒否起き上がらせ、上に乗せると凄い腰使いで動いて来てたまんなかった。

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

|||||||

2014年2月5日 | 寝取られ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】デパートの人妻店員と【出来心】

大阪の某有名百貨店で働く38才の人妻と知り合ったのは僕がセールスをしてた時の事。彼女は身長160位でボディは普通だけどヒップが肉付きのいいスケベそうな人妻特有の体をしていた。またそのハスキーな少し低い甘えるような声はなんともイヤらしかった。たまに作業中でこちらに背を向けて尻をつきだしている時等はタイトなスカートにバンティラインが出ていて、おもわずそのまま捲ってバックから犯してやりたくなるほどフェロモンがプンプン匂う女でした。ある日飲み会の二次会「男女10人位」まで着いてきた時、みんなかなり飲んでいて何組かいつの間にかチークダンスを踊っていたので、チャンスと思い、彼女を誘って一番隅っこで密着して踊った。無礼講であのイヤラシイヒップをなでまわして、人目を盗みながら大胆にも前から太ももを撫で上げてみたが抵抗がないのでパンティ上からオマンコを擦りました。「続く」
続き)チークダンスで人目を盗みながら、あのイヤラシイ人妻のヒップを左手でなでまわして、右手はタイトスカートから見える黒ストッキングのうまそうな太ももを、初めは軽く、次に揉むように、そして徐々に上へと移動し、ついにパンティに。女は嫌がりもせず、小さく揺れうごいてる。右指二本でパンティの上を擦り回していると、パンストまで湿った感触が指に伝わってきた。すると「ウゥン」と小さく甘えるような女の声。かすかに匂う人妻の熟成された甘いアルコールの香り。俺は「ヤりたい!」と思った。・・・でも社内の目があるので(出来るだけ自然に?)と間隔を空けては、不自然に何回も踊った・触った。お開きになって、皆ぞろぞろと店を出て行く。最後の方で女に「終わったら、駅と反対方向の離れた場所に先に行って待っててくれ。」と言っておいた。少し遅れて皆には「タクシーで帰るわ」と見送ると、必死に目的地に向かった。「いないかもな」と思いながらもヤりたい気持ちに後押しされて、走った。「いた!」遠目でもわかった。会うなり人妻の手を取って、死角になりそうなビルの暗がりに引っ張っていった。「ヤりたい!」壁に女を押し付けて激しくディープキスをした。黒のタイトスーツの上から小ぶりの胸を揉み回す。さすりながら下へ、スカートの中へ、パンストの上からオマンコを撫で回した。強引に襲ってきた男に「いやぁだめぇ、ウゥン」と体をくねらす程度。「これはヤレル」と思い、(閉店した地下の店)に降りる暗い階段に連れ込んだ。「地上から見えない。」「ここなら」と思い、「大丈夫、見つからないから」と訳の分からない事を言いながら、立たせたままで、スカートを捲り上げて、パンスト・パンティを一気に膝までずりさげて、夜目にもわかる、黒々と繁ったオマンコにむしゃぶりついた。重甘く淫靡で卑猥な匂いが、よけいに興奮を煽った。夢中でオマンコを舌と唇で舐め回すと、アソコはもうグチュグチュ・濡れ濡れになった。「アァン、ウッ、ファ〜」女は俺の頭を掴み、その圧力が声と共に甘強くなってきた。俺は立ち上がって、女を壁に手をつかした後ろ向きにさせ、スカートを腰の上までまくりあげ、想像通りの肉付きのいい丸〜い卑猥なヒップを左手で鷲掴みにし、右手で(うまか棒)を握るとヨダレを垂らしたオマンコに擦り付け、鬼頭を膣口に持っていくと、(穴の奥めがけて)一気に突いていった。「あっ、あーっ、う、うん」突いて「あぁん、あぁん、あぁん」突いて「フゥッ、フゥッ、フゥッ、フゥッ」突きまくった!グチュグチュ・パァンパァン。ヌルヌルマンコに出し入れするチンポが甘く痺れるように擦れ、たまらなくなった俺はより一層激しく突きまくりながら「イクゾ!ウウー」と言いながら一番奥に突き刺すと同時に精子を噴射した!「クー!」女「エェ?エェッ、中に出したの?もぅダメだって言ったやん、もぅー、」「出来たらどうするのぉ」けっこう怒ってたけど、こっちは出した気持ち良さとヌルッと抜いた感触に酔っていて、あまり耳には入らなかった。(まだまだ沢山あるよ)

寝取られ体験談検索用タグ

||||||||

2014年2月4日 | 寝取られ体験談カテゴリー:人妻との体験談
3 / 13112345...102030...最後 »

このページの先頭へ