寝取られ体験談で鬱勃起 最新更新情報!

【人妻】実は妻はエロかった【出来心】

僕は31歳。妻は32歳。妻は清楚で、巨乳のEカップ。顔は小泉今日子に似ています。
この夏、妻の実家に帰省しました。
毎度の事ですが、最近妙に艶っぽくなった妻に『夕方から同窓会行って来るから、子ども宜しくね♪』と頼まれ、『わかった。エッチな、お土産宜しくな♪』『はい、はい。楽しみにね』と、僕の寝とられフェチを理解してくれてる妻は、毎回帰ってくると『孝くんとずっと一緒だったけど、何も無かったよ。今度は少し色気出してみるわ』のような話で、あまり興奮させてくれません。やっぱり妻は、清楚で真面目な女なのかな。しかし、今回は違っていました。深夜0時を回っても、帰って来ません。『いまどこ』とメールしました。
妻『今から、バーに行くとこ』
僕『誰と♪』
妻『男2女2で』
僕『孝くんも?』
妻『いるよ♪』
僕『大丈夫なの?』
のメールを最後に妻の携帯が圏外になりました。それから2時間経ちました。
妻からメールが来ました。
妻『今から帰ります。楽しみに待っててね』極度の興奮で一度抜いてしまいました。
暑いのでビール片手に、外で妻の帰りを待っていると、一台の高級車が家の近くの空地に止まりました。
まさかあれじゃないよなと、そっと近くまで行くと、妻と孝くんでした。
二人はなぜか手を握っています。焦りました。もう出てくるだろと、隠れていましたが、一向に降りてくる気配がありません。

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

|||||||||

2013年10月10日 | 寝取られ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】愛してる!【出来心】

昨晩このスレROMってて無性に言いたくなった。
朝食を食べながら
「なあ・・・愛してるよ」
とさらっと言ってみた。そしたら嫁は
「なっ・・何寝言言ってんのよ!早くいきなさいよ!」
・・・・・・(‘・ω・`) って顔で出社orz
さっき帰ってきたら夕飯がビーフシチューと海鮮サラダという豪華ぶり
ビーフシチューなんて時間がかかるから3ヶ月に1回くらいしか食えないのに・・・
俺がニヤニヤしてたら、
「べっ別に何にもないんだから!暇でしかたなかっただけよ!」



!!!雑貨屋でネタで買ったYESNOマクラがYESになってる(`・ω・´)
ちなみにうちの嫁はリアルツンデレです

寝取られ体験談検索用タグ

|||||

2013年10月9日 | 寝取られ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】帰宅した深夜に【出来心】

最近、妻とのセックスは遠のいていた。私が望んでも妻は拒んで応じてくれないからだ。そんなことから夫婦仲もギクシャクしていて面白くない日が続いていた。そんな時、帰るバス停で、同じ職場の美穂子にばったり出会った。彼女はまだ二十八歳。愛らしい顔、胸の膨らみ、はち切れそうなお尻と太腿が、勤務中から私の目を虜にしていた。
「お茶でも飲まない…」と誘うと、彼女は黙って頷いた。世間話をして喫茶店を出るとネオンが眩しかった。点滅するネオンが若い二人を招いているようだ。 昂ぶる胸の鼓動を押さえて、思い切って彼女に「ちょっと、よってみない…」と云うと、彼女は、恥ずかしそうに、ただ黙って、うつむいていた。ホテルでは、妻よりも十歳若い彼女の、弾けるような肌に溺れて、連続して二回も果ててホテルを後にした。、帰ったのは深夜の零時を回っていた。
寝室には豆電球がついていて、その薄明かりで妻の寝姿がぼんやりと見える。よく見ると妻は、薄い布団をお腹だけに掛け、下半身は、ネグリジェが捲れて太腿が丸出しになっていた。右足は伸ばしているが、左脚は立て膝となって、その谷間に白いパンティ−が見える。一瞬、淫らな寝相だと目を逸らした。
服を脱ぎながら再び見つめる。いったい、この乱れた妻の寝姿は何だろう…。男を挑発する寝姿なのだ…。今夜は受け入れてもいいのよ…という妻の暗黙の合図なのだろうか…。そう思うと、不思議に男の欲情が沸いてきた。たった一時間前に、浮気して果てたばかりなのに、四十男の性欲は旺盛だった。
でも、また拒まれたらどうしよう、という不安もつのる。それでも眠っている妻に触って、性欲に昂ぶる女の反応を見てみたい、と思う男の好奇心が沸く。下着だけになって、頭を妻の下半身辺りに置き、横になって滑らかな太腿を見つめると、男の欲情が激しく昂ぶってきた。太腿の付け根の白く薄いショーツが、女の膨らみを包み隠してるその姿が、さらに男の欲情を誘うのだった。
寝息が続いている。それは妻が眠っている証なのだ。その寝息を聞いて悪戯する勇気が沸いてきた。思い切って人差し指と中指先を、薄いショーツの上から恥裂に軽く触れてみた。寝息の様子を伺いながら、指先に圧を掛けたり、押したり引いたりする。妻が夢うつつの中で昂ぶる様子が見たかった。寝息は続く。恥裂の溝を上下にさすってみる。蕾あたりを円を描くように軽く触れて回転させてみる。やや太腿が拡がったような気がした。指が動かしやすくなった。
妻のからだがビクッと反応したが寝息は続いている。恥裂の溝をゆっくりと上下に揉んでいく。すると、急に妻が両方の太腿を締めつけた。両方の太腿の間に手が挟まって動かせない。それでも、手を抜くことなく恥裂を擦り続けた。恥裂を擦る手が、両方の太腿で更に強く絞り込まれた。手が動かせない。その時、妻の太腿が急に硬直した。
この時妻は、快感にまどろむ夢うつつの中で、誰とも知れぬ男性にキスをされ、彼女の恥部がその男の手でまさぐられ、強烈な刺激に堪えかね「そこはダメ…」と口走って股を萎めたのだろう。その時、快感の限界の頂点にあって我慢できずにイッタのだと思った。
やがて両脚の力は緩んだが寝息は続いていた。寝たふりをしているのだろうか…。いや…妻はもう気が付いている。触って悪戯しているのが夫とわかって、その愛撫に愉悦を感じ、寝たふりをしているのだ…と思った。
私は、思い切ってショ−ツのゴムに手を掛け、指を滑り込ませた。柔らかく生い茂る陰毛をまさぐり、更に指が滑り込むと、柔らかい恥裂に達した。そこは潤んでいた。恥裂を上下に、蕾を円を描くようにまさぐると、微かに太腿が拡がって蠢いているようだった。恥裂が濡れて指が動きやすくなった。さらに揉み続けていると、またも、太腿を強く絞り込んできた。指が動かせない。それでも指は恥裂から離さなかった。その時妻は、再び、二度目の絶頂を迎えたのだと思った。
既に妻は気がついて目は覚め、寝たふりをしているのだ。思い切ってショ−ツのゴムに手を掛けてづらせると、その動きに妻は腰を浮かしてくれた。ショ−ツを両足から抜き取り、脚を拡げさせ、薄闇だったが、いつもお世話になる観音様を眺めた。
そこは赤貝が閉じているようにピタリと閉じていた。そのまま恥裂の沿って上下になぞった。その時、妻の身体が、またしてもビクって反応した。更に指先で突起当たりを擦り続ける。すると、閉ざされいたあの部分の肉襞が、少しづつ開いてきて、ピンクの肉襞が見えてきた。その辺りはぐっしょりと濡れていた。
そこの肉襞を指で擦り、舌を尖らせて蕾を擦った。からだがビクッと反応した。もう妻は、寝たふりを続ける我慢の限界を超えていた。その強烈な刺激から逃れようと、両手で私の頭が押さえられたが、私はそれを拒み、なおも蕾を吸い続けた。その強烈な刺激から逃れようと、下半身が凄く乱れ、下半身が震えていた。再び頂点に達したと思った。
その反応を見た私は、恥部から舌を離し、両脚を拡げて、硬く聳え立った男塊が妻の肉襞を貫いた。真上から快感に歪む妻の顔の表情を見つめながら律動を繰り返す。妻が凄く快感に歪む顔の表情を見て男の至福を感じた。ついに男も我慢の限界に達し、白濁を妻のからだの中に注ぎ込んで果てた。
結局、今夜の妻は、三回もイッてくれた。妻が恥じらいもなく大の字になって恥部を曝しているいる肢体を見つめて思った。確かにこれまでの妻とのセックスは、雰囲気も醸し出さずに、おざなりの愛撫で、まだ十分潤まないにのに挿入して、五〜六回腰を振ったかと思うと、すぐに果ててしまうのが常だった。これでは女は、満足のいく性感は得られなかったのだろうし、それが夫の欲求を拒む理由の一つだったかも知れない。妻を昂ぶらせるのが男の役割なのか、と思いながら、満足感に浸って吐息している妻の寝顔を見つめていた。

寝取られ体験談検索用タグ

||||||||

2013年10月5日 | 寝取られ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【不倫】寿退社の女の子と横浜で【浮気】

俺37歳♂営業部 営業MG、既婚
部下の子(27才♀)が、結婚して寿退社することになった。。
見た目は、木村カエラに似ていると俺は思う。
頭も良く仕事ができる子なので他の男子社員より重宝していた。
礼儀作法は教えるまでのなく、何気ない会話もそつなくこなせ、
何よりも彼女が作る議事録は自社内ならず顧客サイドにも好評なので、
大口の仕事や大事な顧客の時には、必ず彼女をパートナーにした。。
ウチはインセンティブがあり、大口担当の俺と組むと平社員は月にして10万は、
給料が違ったせいもあって、いつしか俺と彼女は不倫してると言う噂さえ、
社内で噂され、社内会議の議題にすらあがったことがある。
ある日、2人で出張で横浜に行った。いつもなら居酒屋コース、
たけど2人での出張も最後だし、色々世話になった。お礼をしようと思い 、
「今日はすし屋にでも行こうか?」と誘った。彼女がこう言った。。
「お気遣いはとてもうれしいです。でも、最後だからこそいつもどおりで」と。
そんなもんなのかと思いながら、実は少しガッカリしていた。

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

|||||||||||||||

2013年10月4日 | 寝取られ体験談カテゴリー:不倫・浮気体験談

【人妻】陰毛を剃り落とす【出来心】

妻の陰毛を剃り落とした昔の話です。それは妻が三十二歳の初夏のことでした。
その頃、私の陰阜に毛虫がついのか痒かった。その痒さが性交を通して妻の陰阜にも移ったらしく、妻もやはり痒いという。私は「剃り落とそう…」と云って妻と一緒に風呂場にいきました。当時の風呂は、まだ、五右衛門風呂でした。私の男塊は、妻の恥部を剃り落とす好奇心で弾けそうに固く漲っていました。
風呂場に妻を立たせました。妻は恥ずかしがりましたが、それを慫慂して石鹸を膨らみの丘に泡立てると、その泡が、黒い恥毛に馴染むように、しゅわ、しゅわ、と音を立てて塗り込み、一瞬にして白いスロープが出来上がりました。私は、そこに密生していた黒い林の全部を、皮膚を傷つけないように慎重に反り落としました。その黒い恥毛は剃り落されるのに、三分もかかりませんでした。膨らみの丘に泡立つ石鹸を洗い流した私は、その変わり果てた膨らみの丘に視線が釘付けになっていました。
恥毛がそり落とされたところは青みがかっていましたが、真っ新らで、一点の曇りもない少女のような白い恥丘に変わっていました。その丘はこんもりと盛り上がっていて、真ん中に薄いピンク色の恥裂が割れて走っていました。産毛一本も生えてなく、つるりとしたた美しい少女の陰阜の丘に変身して現れたのです。赤い恥裂は会陰部まで続いているのが見えました。
ツルツルになった膨らみの丘に指を当てて見ました。指先を少し膣口に差し込むと、その恥裂は、もうたっぷりと潤い溢れていましたが、括約筋がいち早く収縮して、そこがいかに女の敏感な部分であるかを教えていたのです。もう少し指を押し込んでみると、狭く小さな膣口は頑固に拒もうとしました。
お尻に手を回して見ると、そこは白く輝く半球形のヒップが、固さの中にも柔らかく膨んでいて、可愛いい少女のお尻のように見えました。妻は、恥じらいながらも、私にそこらを見せてくれました。私は凄く興奮し、男根から液が弾け出そうなのをグット我慢していました。
風呂場から出た私は、妻とともに全裸のままで寝床に横たわりました。妻を仰臥させ両脚を拡げて見ると、少女のような恥毛のない陰阜が、大の字になった妻の太腿の付け根に浮かび上がってきました。その恥部を愛撫し、潤んだそこに、強張った男塊がその花園に吸い込まれていったのです。
剃り落としてから一週間が過ぎていました。妻は膨らみの丘がチクチクするという。仰臥させて白いパンティをづり下げて見ると、その丘一面に約二ミリ程度の黒い芽が頭を出していました。陰毛のない恥裂を拡げてみると、ピンク色の小さな突起が頭を覗かせていました。それが恥毛のない谷間に埋まる女の敏感な蕾なのでした。私は、芽生える恥毛の痛さから、恥骨や陰阜を擦りつけないように肘を立てて、ゆっくりと静かに律動を繰り返し、妻を昂ぶりに誘い込んでいくのでした。
剃り落としてから三週間が過ぎていました。妻は、社内試験の第一関門突破して第一次合格し、気分良く浮き浮きしていました。その夜、その気分に浮かれた妻は、両脚を大きく拡げて応じてくれました。陰毛は五ミリ程度一面に伸びていました。その夜も恥裂を拡げて跳びだした突起を見つめていると、妻の外側の厚い肉襞がぷっくり膨らんできて、そこが、次第に沼地となって濡れて、その沼地に男塊がめり込んでいきました。その夜も、陰毛が多少芽生えてはいるものの、まだ、擦れ合う少しの痛さがあって、恥骨と恥骨を擦らないように腰を浮かせながら、静かな躍動を繰りかえし果てていったのです。
剃り落としてから一ヶ月が過ぎていました。三歳の子供が眠ったのを見届けてから、妻の下着の全部を剥ぎ取って、薄明かりに膨らみの丘を眺望しました。剃り落とした陰毛は、もう一面に黒く生え揃っていました。そのためその夜は、恥骨と恥骨をぴったりと合わせて律動を繰り返しても、陰毛は伸びていて、私はもう芽生える陰毛の痛みは感じませんでした。女は男にされるままにからだを投げ出して、快感の宙を彷徨っているのでした。

寝取られ体験談検索用タグ

|||||||||

2013年10月3日 | 寝取られ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】あの時に甦らせた岩風呂【出来心】

真夏の強い陽ざしが照りつけていた。日本海の海岸に聳え立つ奇岩、洞門、断崖絶壁が点在する景勝を堪能し、青春の恋が芽生えた砂丘も眺望して温泉街に辿り着く。そこは二十五年ぶりに訪れた和風の旅館だった。
部屋に落ち着つくと、酷暑に汗まみれたからだを温泉の湯で流してさっぱりとしたかった。早速、家族風呂の貸し切りを予約する。敏子は、恥ずかしがって嫌がったが、折角の家族風呂だからと慫慂すると渋々納得してくれた。
家族風呂は一階にあった。脱衣場は薄暗くしてあり落ち着いた雰囲気だ。敏子は、脱衣場で私に背を向けて慎ましやかに一枚ずつ脱いでいく。やがて白く艶やかなスリムな真っ裸のからだがそこに立っていた。久しぶりにみる敏子の全裸だ。贅肉のない均整のとれた体付、形よく膨らんだヒップと太腿や脚、それらを目で追いながら見つめると、全身が申し分のない女の丸味を備えていた。
家族風呂のガラス戸を開けると、そこは小じんまりと造られた岩風呂だった。湯煙が立ちこめている。浴槽が小さいので湯に浸かるのは二人が精一杯だ。岩と岩との合間からちょろちょろとお湯が流れ出ていて、風情があり、二人で入るくつろぎと色香の雰囲気が、充分に醸し出されていた。
敏子が淑女のように、左手で乳房を、右手で前をタオルで隠して入ってきた。洗い場に腰を掛けて、湯桶で全身に湯を掛けると、湯を浴びた柔肌が湯玉を浴びて弾けるように浮かび上がる。その姿を湯に浸かりながら私は横目で盗み見していた。
首筋から肩にかけてのなだらかな曲線、 胸元から乳首にいたる穏やかなライン、くびれたウエスト、そこからせり上がる強い張りの腰、白く細い足、など、四十八歳女の全裸は、まだ肌に艶があり、まだまだ成熟した女の美しさを保っていた。格別、腰回りと尻朶が、今にもその肉が弾け出そうなほどに厚く張っている。全身がすんなりと均整のとれた白い裸体がまぶしいほどで、豊かに膨らむ女のからだは男を猛々しくいきり勃たせた。
やがて私の目の前で敏子が浴槽に足を踏み入れた。下腹部の重なり合った両腿の間から、淡い恥毛が僅かに見えていたが、両脚が湯に浸かるに連れて、そのすべてが映し出された。久しぶりに眼にする敏子の陰毛は立派な逆三角形に生え茂っていた。
その全裸の敏子が湯に浸かる。なだらか曲線を描く下腹の向こうに盛り上がった陰阜と、それを飾る黒い茂みがよく見える。太腿の付け根に黒い藻が漂っていて男を興奮のるつぼに追い込んでいいく。
湯から上がった敏子の背中を石鹸をつけたタオルで洗い流してやる。その手をさりげなく前に回し、乳房、下腹。そして太腿、ついには膨らむ陰毛の丘と恥裂を指先で触れて洗い流していくと、敏子は一向知らぬ振りをしてはいたが、その快感にまどろんでいる様子たった。
背後から敏子の背中を抱え込んだ。勃起は豊かなヒップの合わせ目あたりに力強く触れた。背中の両腋の下から手を差し込み、 二つの乳房を気兼ねなく揉んでいく。更に手を下げて股間を優しく柔らかく愛撫する。敏子は、膝を折り曲げた両足を斜めに伸ばして、うっとりと目を閉じ、からだを投げ出して身を任せてくれていた。
浴槽からでた敏子のからだを丁寧に拭いてやり浴衣を着せて二人は部屋に戻った。窓際のソフアで浴衣姿でくつろぐ敏子の艶濃い姿態が、水平線に沈む夕陽を浴びながら、男の誘いを待っているかのように艶濃かった。
静まり返った夜中、どちらからともなく抱きあった。この旅館で初夜を迎えた二十五年前の想い出を、互いに甦らせて偲びながら、二人は抱き合い貪り合った。その興奮は温泉宿の柔らかい布団の中で爆発し、二人とも完全に満ち足りて、深い滝壺の底に果てていった。
雰囲気を醸し出した岩風呂で敏子のからだを癒し、柔肌をほぐして、二十五年前のあの時に逆戻りして愉悦の一夜を過ごした男と女の温泉の夜だった。

寝取られ体験談検索用タグ

||||||||||

2013年10月3日 | 寝取られ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【寝取られ】王様ゲームで寝盗られ【体験談】

一ヶ月程前の話ですが。
大学の友達(♂3♀3)が僕の部屋にやって来ていきなり飲み出しました。
それでお決まりのパターンで王様ゲーム。その内に下系へ。
僕はそっち系のノリはちょっと苦手だし、
強引に部屋に上がり込まれて正直気が滅入っていました。
するといつもより度が過ぎた指示が飛びました。
これからトイレ(UB)で二人きり、
15分経たないと出てきてはダメというものでした。
指名されたのは、
いつも女にガッつき気味の友人と控え目で大人しい清楚系の女の子でした。
僕はドキドキしてしまいました。
一瞬、場に変な空気が流れましたが、
その友人は照れながらも嬉しそうにしてるし、
この女の子も押しに弱いっていうか…気丈に見せる為に照れ笑いをしていました。
指示した張本人の王様も引っ込みがつかず、

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

|||||||||||

2013年10月2日 | 寝取られ体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【寝取られ】醜い男達【体験談】

妻が学生時代にオタク達の性欲処理として使われていた。
このことを思い出すと悔しさと興奮が混じった、
言葉では表せない気持ちになります。
妻(Y子)は一つ年下、155センチの細身な体で
胸はBカップと小さいのですが形がよく、
また整った顔立ちで年齢よりかなり幼くみえます。
美人というか可愛い感じで、喋り方が特徴があります。
昔から危機感がないのかガードが甘く、
いつも胸元が開いた服を着ており前屈みになると
その可愛い乳首が見えるのではないか?とハラハラしますが、
本人は「誰も私のおっぱいなんて見ないよ~」
なんていいながら顔を赤らめています。
出会いは大学時代でした。
自分と同じ下宿の後輩達と妻はゼミ関係でよくつるんでおり、
私達は時々廊下で話したりするうちに仲良くなり、

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||

2013年10月2日 | 寝取られ体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【不倫】援交相手は小学生で息子の彼女【浮気】

以前私は援交していました。初めは会社の同じ趣味、いわゆるロリコン仲間の同僚から誘われました。
聞くところによるとすごく若い女の子を紹介してくれるサイトを見つけたのでぜひ私にも試してみろと言ってきたのです。
重度のロリコンであった私も興味心身だったのですが。独身の同僚とは違い私は所帯持ちで捕まるのも嫌なので断っていたのですが、そいつが携帯を取り出してとある写メを見せてきましたそれが驚くことに、一緒に映っていたにはどこからどう見ても小学生か中学生だったのです。
本物かどうか聞いて確かめたところなんと本物の小学生だというのですよ。
それに興奮した私は、ぜひ紹介してくれと頼みサイトのアドレスとパスワードを教えてもらいやってみることにしました。
そして釣れたのは加奈子ちゃんという女の子、なんと年齢は十一歳。家の息子と同じ年の女の子でした。彼女はなんと泊まりでの希望、写真付きで見てみるととても可愛い子で私の好みでした、しかもまだ彼女にアプローチするライバルはいなかったのでこんなチャンスは速攻でメールを送りました。幾らかの金額と私自身のアピールを書いて送ると返信が返ってきました。その後短い内容での連絡を繰り返した後に『会ってくれますか?』と書かれたメールが送られてきて約束を取り付けることができました。

二週間後家族には内緒で二日間休暇を貰い、出張だと言い家を出ました。
指定された待ち合わせはちょっと田舎の方にある駅で、待つ事数分。駅のホームに旅行鞄を持った女の子がやってきました私はその子に近づき。
「久しぶり加奈子ちゃん」
「あ、叔父さんお久しぶりです」
とやり取りをするして少しでも怪しまれないようにし、女の子を車に乗せた。私の車出勤なのでその辺りは便利だった。
で、車を発進させ走りながら会話をする。
「はじめまして、加奈子ちゃん」
「はじめまして、小父さん」

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||

2013年10月1日 | 寝取られ体験談カテゴリー:不倫・浮気体験談

【寝取られ】大好きな優子ちゃんが同じ会社の奴に喰われた【体験談】

今日、大好きな優子ちゃんが同じ会社の奴に喰われたことが判明。
そいつはナンパ野郎として社内でも有名な遊び人。社内食堂でそい
つのグループと隣になった時、自慢げに話しているのを聞いてしま
った。複数で飲んでいたようだが、移動中二人がはぐれたらしく、
二人での2次会でガンガン飲ませてタクシーで優子ちゃんの家へ。
ベッドに横にしたらすぐに寝てしまったのでイタズラ。ムラムラし
てそのまま喰ったとのこと。そいつは初めから狙っていたらしい。
途中からは優子ちゃんの意識も戻って完全和姦。「最初は痛がって
大変だったけどマ○コの締り良くてサイコーだった」だと。
優子ちゃんは清楚な雰囲気で顔もスタイルも本当に可愛いので社内
でも評判の子。去年入社してきた時に一目ぼれ。オレは同じグルー
プで仕事してて仲良いから他の男からうらやましがられていたんだ
けど。優子ちゃん、ずっと彼氏ができなくて寂しいって言ってたの
に。まさか処女膜を破られたのでは・・・。午後は隣で笑顔を見るの
がとてもつらかった。かなりへこんでいるんだけど、家に帰って野

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

||||||||||||||

2013年9月29日 | 寝取られ体験談カテゴリー:寝取られ体験談

このページの先頭へ