寝取られ体験談で鬱勃起 最新更新情報!

【不倫】美和子物語 吉井さんと英国旅行 昼も夜もおつかれで・・・【浮気】

美和子物語 吉井さんと英国旅行 昼も夜もおつかれで・・・

五月の中旬から英国へ7日間の小旅行をしました。
ロンドンでは王立植物園で二日、プリストル空港からはペンザンス迄はレンタカーで出かけました。
沈む夕陽を眺めるためです。

西海岸を経て、ホリーヘッド、リバプールまでレンタカーで。十分に自然を満喫しました。
交代でハンドルを握りながらのんびりとしたドライブでした。

自然の風景が心を和ませてくれました。
それぞれの場所で夕食後はベッドのお楽しみでした。
日本にいるときには一週間に一度程度の仲良し会ですが、旅行中は毎日が仲良し会でした。

ベッドルームに入ればお洋服をぬぎ去ってお互いをむさぼり合いました。
ブラを外して、ショーツも脱がせていただきます。

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

||||||||||||

2018年1月9日 | 寝取られ体験談カテゴリー:不倫・浮気体験談

【人妻】院長夫人【出来心】

個人経営の小さな医院、博信は月に一度その医院に薬を貰っている。勤めて居た薬剤師が辞め、院長の奥さんが薬を出す事になった、凛として上品そうな夫人であった、博信は夫人を一目見て性的欲求を覚えた、最初に見て観察を続ける博信は夫人を落とせると確信していた。
それからは、薬を貰うのを2週間に一度に変え医院に通う様になった、院長は毎日、2時に看護師を連れて往診に行く事、往診を終えて帰る時間は4時半である事を確認する、院長が往診に出た後、薬を取りに来る患者が居なければ入り口は鍵を掛けられ二時間は休診に成る、博信は毎回この2時の時間を狙い、2週間に一度通い続けた、最初の一ヶ月は事務的に薬を貰い、次の二ヶ月目は夫人から挨拶を貰い三ヶ月目に入り薬を貰う予定も無いのに医院に顔を出す。この頃に成ると夫人も素顔の部分を出し話しをしてくれる。
それが半年も続いた頃に薬を貰いに行った時、入り口の前に立つと夫人は入り口の鍵を掛けて居る所、夫人は鍵を開け博信を中に入れる。
そのまま入り口の鍵は掛けられ、帰りは横の非常口から。と言う。何時も様に薬を貰い、カウンターを挟んで立ち話、相変わらず上品な出で立ち、その衣服の下に隠された熟した肉体、博信は然り気無く夫人の身体を目で追い話しをする。
入り口に人影が、夫人は整った唇に指を当て居留守をする、人影が諦めて立ち去るのを確認した夫人は、意地悪っぽい顔で笑う。
博信は今日、駄目元で夫人を誘惑する事を決心する。
「奥さま、今日の服装は凄くお似合いですね」博信は夫人を誉める事から始めた。
「アラ!有り難うごさいます、お世辞でも誉めて貰うと嬉しいわ」夫人は博信の前で嬉しそうにクルリと身体を一回転させる。
「今までも素敵でしたが、今日の白で纏められたのが一番素敵です、って私の勝手な思いですけれど」
「貴方に、そう言われて嬉しいわ、主人なんて私の衣装の事なんて全く無頓着で何一つ誉めてくれないもの」
夫人は少し院長に対する不満を言う。
「普段から奥さまは何を着てもお似合いですから、先生の中では普通の事何ですよ」
「そうかしら、最近では私の方なんて見向きもしなくなったわ」
院長への不満が次第に増えて来る。
博信は、もう少し話を落とそうと小声で言う、聞き取れなかった夫人は顔を近づけ「何て言ったの」と聞き直して来る。

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

|||

2014年2月2日 | 寝取られ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】美しき叔母【出来心】

昔話を聞いて下さい。
当時、私は北陸のある県の普通高校に通学する真面目な一高校生だった。
あるとき、勉強に疲れたので一休みしようと自分の部屋を出て、台所に入った。お菓子でもつまもうと思ったのである。
台所のテーブルの上に週刊誌があったので、お菓子と一緒にその雑誌を手に自分の部屋に戻った。
週刊誌のページをくくると、そこには「私が落ちた快感地獄」というタイトルでいくつかの投稿記事が載っていた。
「よくこんな記事書くよな!」と馬鹿にしながら読み始めたのだが、そのなかの一つの記事に釘付けになった。
若い甥に犯され、若さに蹂躙され、ついにはそのセックスの虜になってしまった人妻の物語が書かれていたのだ。いま思えば、それこそネタ記事の一つに過ぎなかったのだと思うが、昔の田舎の高校生にはそこそこ刺激的な記事であった。
その記事を読みながら、私は一人の女性を思い浮かべた。それは、母の弟にあたる叔父の妻、すなわち叔母のことであった。
玲子さんといい、私より12歳年上だった。
玲子さんに初めて会ったのは、私が小学校5年の時である。子供心にも「なんて綺麗な人なんだろう!」と思った。目は憂いを込めたように光っていながら、それでいて知性と優しさを感じさせた。鼻筋は通って、唇も形良い人だった。
身近や同級生でも、それなりに綺麗な子はいたが、玲子さんほどきれいな人はなかった。
いまの女優さんでいうと真野あずさに似ていたかもしれない。
そんな美人が叔父の奥さんになったのである。私は、小さいときから叔父に懐いていたので、とても嬉しい気持ちになった。
叔父の家に遊びに行ったりすると、しらずしらずのうちに、眼で玲子さんの姿を追っていた。そばにいて彼女の声を聞いているだけで幸せだった。
「俺は女の人を好きにならないかもしれない」

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||

2014年1月25日 | 寝取られ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】こんな私って・・・抱かれる人妻 3【出来心】

あくる日も、真紀はいつものようにうちに来た。
事務所に入って仕事をしようとするのを呼び止めて
「あなたが仕事をする場所はここじゃないの。わかってるでしょ」
予想はしていただろうが、いきなりの命令に真紀はハッとしてうなだれる。
「昨日の続きをしましょう。たくさん感じてもらわないとね」
うつむいたまま一言も発しない真紀の手を引いて寝室へと向かう。
「真紀ちゃん、あなたにいろんなこと教えてあげる。だから素直になってね」
「教えるって何をですか・・・」
ベッドの片隅で身を固くしている真紀の横に座る。
「私・・・もうだめ・・・」
「女同士でしかわからないことがたくさんあるのよ。あの人にひどいことされて恐かったでしょ」
耳もとでささやきながら胸のふくらみに手をすべらす。
「ああ・・・お願いです。いやです」
真紀は少し触れただけでビクッと身体を震わせ、またもやいやいやを繰り返す。
そしてまた涙・・・真紀には涙がよく似合う。

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||

2014年1月24日 | 寝取られ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】これが【出来心】

 私38歳、妻31歳どこにでもいる夫婦だと思います。
妻を私が見初めて結婚してちょうど丸6年になります、超美人ではないですが
そこそこいい女と思います、このサイトはいつから見始めたか覚えていませんが
結婚して数年後に偶然知りました。
 ここを愛読するようになって、いつも興奮していました。皆さんが書いてある
文章を読み、それを妻と私に置き換えて読んでいます。しかしどこかで本当に妻に
させたいという思いがあるのは私だけではなく、ここにいる殆どの方がそうなのでしょう。
 しかし勇気のない私は妻にここを読んでいることさえ言えません。それでも願望だけは
どんどん膨らみ妄想が妄想を呼んでいました。時々ここを読んで興奮したままベッドに行く
ことも何度かあります。
 たぶん妻は処女だったと思います、私の少ない経験からははっきりと断定はできませんが。
そしてそれから私たちはごく普通の生活をしていたはずでした。それがなんとかく違和感を
感じ始めたのは、昨年の私の誕生日の日でした。
 二人でレストランでに行き、食事も終わりかけたころに妻が「欧介さん、私が他人に愛さ
れたらどう思う?」と突然言ったのです。それは私の中に願望としてはあったのですが、妻

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||

2014年1月23日 | 寝取られ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】美和子物語 吉井さん 締め締めごっこ【出来心】

週末は高松の隠れ家へ出かけています。
金曜日の夕方に岡山を出発してドライブです。
車庫に車を止めてから食事に出かけます。
高松市内では数カ所のレストランや和食のお店を発見していますから。食後にはタクシーで帰りますのでアルコールもいただけます。
先週の週末はお寿司屋さんへ出かけました。
個室でお刺身と握り寿司をいただきました。一時間ほどで食事を切り上げて、カラオケを楽しむ事になりました。
数曲を二人で歌ってそしてダンスです。チークダンスですから吉井さんのトンガリ部分が美和子に接触します。
吉井さんは両手で美和子のお尻を抱えて・・・。
坊やがお元気です。唇を合わせてお互いの歯ぐきを舐めあいます。
美和子の中に入りたいとのお願いをされています・・・。吉井さんが暴発しそうだと言われますから、美和子がお口でキスする事になりました。
坊やの先端部分はピカピカに輝いています。
両手で坊やを持ってキスしましたら、その瞬間に噴射でした。
一週間分の核爆発のストックです。
美和子のお口には濃い口のザーメンで一杯です。
吉井さんがショーツを脱いでほしいと言われてそれに従いました。

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||

2013年12月23日 | 寝取られ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】美和子物語 愛の語らい 芳田さんが夢中で・・・【出来心】

美和子物語 愛の語らい 芳田さんが夢中で・・・芳田さんとの出会いの翌日でした。
深夜に電話がかかってきました。
昨夜の出来事が楽しかったと言ってくれました。
近寄りがたかった美和子さんと仲良くできて感激したとの事でした。高校時代の試験成績はほとんどの生徒が95点以上でしたので、90点以下の成績の人は私学か地方の二期校しかいけなかったのです。
芳田さんはテニスに夢中でしたから予習や復習をされなかったとの事でした。
希望校を受験されましたが散々な成績だった様でした。
やむなく、昼間と夜間に複数の予備校へ通って猛勉強をされたようでした。理科三類は浪人が多くて3年以上も頑張った同級生が多かったみたい。
ご両親が郷里で開業されていたので、地元の大学で学位を取り病院を継承したいとの考えで帰郷されたとのことでした。
研究者にならないで臨床の道を選択されたのですが悩まれての結論でした。そして、三十前まで女性を知らなかったと告白されました。
美和子さんとのデイトで目覚めたと・・・。
そのようなお話の後で週末に食事をする事になりました。結婚を申し込まれそうな気配でしたから新しい洋服で出かけました。
下着も可愛いデザインのものを着ています。
髪も整えて精一杯のおしゃれです。尾道を経て福山の鞆の浦までドライブしました。
夕食は鞆の浦の夕陽を楽しみ乍らでした。
瀬戸内海の小魚料理が美味しかったのを憶えています。倉敷のホテルのラウンジでお休みしてからお部屋へ移動しました。

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

|||||||||||||

2013年12月20日 | 寝取られ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】恋人の母と【出来心】

同棲してる彼女の家に、いきなり彼女の母が遊びにきた。
事前に電話とかもなく、僕たちは裸で僕は寝室の布団にもぐりこみ、
彼女は慌てて服を着て玄関へ迎えにいきました。
しばらくリビングで話しこんでるようなので、
その隙きに・・・と思いパンツを履いているとドアが閉まる音がしました。
出て行ったのかな・・・?
ほっとして昨日の後始末をしているといきなり襖を開けられお母さんと目が合ってしまいました。
互いに面識はあるので騒がれたりはしなかったのですが、
僕は下着一枚で、しかも彼女が脱ぎ散らかした下着を手にしているのです。「まぁ・・・・久我さん。ちょっと・・・」お母さんはベッドに腰掛けると説教をはじめました。
僕はパンツ一丁で正座というなさけない姿です。
説教は、彼女が帰ってくるまで続きました。
ふと、顔を目線をあげると・・・?
お母さんの丈の短いスカートの奥が覗けます。
ストッキングに黒い下着・・・なんだか年甲斐もなくエロティックな感じ。
以前会った時よりも、ずいぶんお洒落な格好だった。

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||

2013年12月19日 | 寝取られ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】友人に調教される妻【出来心】

私達(山本・45歳)(妻・美子・40歳・専業主婦・158・86・60・88)は結婚15年目の夫婦です。
子供には恵まれませんでしたが、おかげで妻は40歳には見えぬ美貌とスタイルを維持しておりました。
真面目な性格の二人でしたから、私も浮気や遊びもせず妻も貞淑な女でした。
ある休日に妻が不在な時、私は偶然に探し物をしておりました。
寝室にある私が開けることのない妻のクローゼットを開けた時に妻の秘密を知ってしまったのです。
クローゼットの奥の奥に隠してある様なペーパーバックを見つけました。
不自然さを感じた私は中を確認したのです。
中には通販の箱に入った数本のバイブと3枚のDVDが入っていました。
バイブはどれも使用した形跡があります。
DVDが気になった私は再生させてみました。
DVDは裏物でストーリーほよく似た内容のものばかりです。
『奥さんが男達にレイプされ調教されて性奴になっていく』こんなストーリーです。
妻は貞淑な妻を演じているが、本当はDVDの女たちの様にされるのを望んでいるのではないか?望んでいるからこそ昼間に寝室で妄想しながらバイブを使って身体を慰めている、と思いました。
私達夫婦は月に1度程度のノーマルなセックスをするだけで、妻に本心を問いただすなど出来なかったのです。
そんな時に、私に一年の期限付き出向話が持ち上がりました。

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||

2013年12月17日 | 寝取られ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】バドミントン部で. . .【出来心】

俺は中学でバドミントン部に入った。
あまり知らない奴ばかりだったので気まずそうに黙っていた。
後ろから肩を叩かれた。
振り向くと、男子とは思えない程綺麗な子がちょこんと座っていた。
俺は相手が男なのに萌えてしまった。
次の日、その可愛い男子を自宅へ誘った。
両親とも、仕事に出かけていて、遊び放題だった。
しばらくはゲームをして遊んでいたが、飽きて、可愛い男子(以下よりK太郎)を意識していた。
K太郎は、喉が乾いたと言って、冷蔵庫を勝手にあさりだした。
K太郎は、冷蔵庫の水をガブ飲みし、「外で遊ぼうよ!」と、可愛らしい顔で振り向いた。
そしてK太郎は短パンでももぐらいまでしか無いのを履いていた。
俺は、「いきなり外で運動するのは危ない」と言ってK太郎に準備運動をするように言った。
K太郎は寝ころび、美脚がヤバいほど見えてる。
俺は迷わずK太郎の服を全て脱がした。
そしてK太郎にちんぽをくわえてもらい、激しく動きながら、K太郎の口に白い液体を吐き出した. . . . . .

寝取られ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2013年12月15日 | 寝取られ体験談カテゴリー:人妻との体験談
1 / 1012345...10...最後 »

このページの先頭へ