寝取られ体験談で鬱勃起 最新更新情報!

【人妻】続・室内プールで妻が (普段着編)【出来心】

プールでの出来事を忘れられない私。
プール旅行を計画しながらも、妻が水着以外でも痴漢を期待するのか?
色々考えていると益々気になって仕方なかった。
4月になり子供が学校から星空観察のお知らせを持って来た。
ゴールデンウィークに天文台で、夜の星空を親子で観察すると言った内容だった。
子供は参加したいと言うので、家族で参加する事にした。
観察当日の夕方、妻が出かける準備をしていたので、私はタイトなワンピースを着たらと言った。
妻は、「ちょっと太ったみたいで、着れるかな?」と言いながら服を準備していた。
私と子供はリビングで妻を待った。しばらくするとワンピースを羽織った妻が現れた。
明らかに小さく、ピチピチした感じだった。胸元は開き、はち切れんばかりの尻はパンティラインが浮き上がり
色っぽく見えた。「ちょっと小さいよね!違うの着るね!」と言うので、「時間無いし、いいよ。夜だから大丈夫」
と言うと、妻はそのまま出かける事になった。
車に乗り、10分程走った所に天文台はあった。
駐車場に着くと、予想以上に多くの子供とその親が居た。そして、一般客も多く見えた。
先生らしき人が前に出てきて、大声で案内を始めた。私達も人の流れに従い歩き始めた。

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

||||||||||||||

2013年11月22日 | 寝取られ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】ハイエナの住む街【出来心】

私は、33歳になる独身サラリーマン。
今まで、女性にも恵まれずチェリーボーイ。
駅前のベンチで、本を読みながら行き交う女性を物色しながら暇を潰している。
まぁ世言う、気持ち悪い中年男性と言う感じです。
数年前の出来事を書きます。
平日の昼間、私は仕事も休みで駅前のベンチで本を読んでいた。(まぁ女性を見ていたんだが)
すると、某高校(当時、かなり有名な不良学校)の生徒が5人現れ駅の出口にたむろっていたんです。
見るからにガラが悪く、関わりたくない感じでした。
彼らは人目を気にする事無く煙草を吸い、その辺に吸い殻を投げると言う常識知らずの行為を繰り返していました。
もちろん、行き交う人は皆関わりを持ちたくないので、見て見ぬフリで素通りして行きました。
ちょっと、若い女性が通ると”姉ちゃん!遊ばない!!”と声を掛けていました。
彼らが、来てから30分が経とうとした時です。駅のホームから30代の綺麗な女性が歩いて来るのが、
見えました。たぶん主婦と言った感じで、私好みの女性でした。
女性は、彼らに気づくと遠ざける様に、歩いて自転車置き場の方へ向かったのです。
男達の中で、一番番長っぽい男が何か喋ると、男達は立ち上がり女性の後を追いかける様に歩いて行きました。

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

|||||||||

2013年11月21日 | 寝取られ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】続・農家の嫁【出来心】

去年の冬辺りから、若者の姿は見えなくなった。
妻も、冬になり草刈作業もなくなったので、家に居る事が多くなった。
正月早々、祖父は体調を崩し入院した。
今年も田植えの季節がやって来て、忙しい毎日を送っていた。
私は、毎日田堀をする為、トラクターで田んぼに出掛け作業をしていた。
その頃だろうか?妻も出かける事が多くなった。
ある日、私がトラクターで田堀をしていると、山道を歩く妻を見かけ不思議に感じた。
妻は、池の方角に歩いていたので、”また彼らと・・・!”そう思い池の方を見たが、若者処か
人影は見えなかった。”何処に行くんだろう”私は気になって仕方なくなり後を追いかける事にした。
妻は、池を超え更に裏の山を登って行った。その方角には、近所のおじさんの田んぼが
幾つかある位で、他は減反で荒れ果てていた。私も山道を歩き林を抜けると、おじさんの田んぼが見えた。
田んぼには、おじさんが居て、トラクターを運転していた。妻がおじさんのトラクターに近づくとエンジン音が
止まった。トラクターの扉が開き、中に妻も乗るのが見えた。
暫くすると、ドドドドとエンジンが掛りトラクターが動き出した。私からは後ろ向きに走っていたので
妻の姿は見えなかったが、しばらく走って方向転換した時、私は目を疑った。

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

|||||

2013年11月21日 | 寝取られ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】幼なじみの姉妹 由美と亜美【出来心】

幼稚園から高校までずっと同じ学校の同級生だった女の子が居た。一応仮名で由美としておく。家がごく近所で、親同士も大変仲が良く、幼稚園から低学年の頃は、よく家族ぐるみで一緒に出掛けてた。
由美はなかなかの美人、しかもバレエ、ピアノ、書道、(3年ほどだが)水泳、(水泳やめた後)公文と習い事も山盛り。
勉強もスポーツも出来ると言う、マンガに出てきそうな優等生。スラッとしたスタイルで、クラスの男連中の中では一番人気だった。
で、2つ下に妹が居て、名前が亜美(仮名)。彼女も由美と同じように習い事をして、勉強スポーツ両刀。
ただ、由美と違うのは、美人には程遠い容姿と、大柄で(同級生の中では)ゴツい体格。同級生にはゴリみたいな事も言われてたらしい。
父ちゃんは濃い目の男前、母ちゃんは和風美人、姉ちゃんは父似の美人のなか、彼女だけは負い目を感じてたと後に聞いた。
幼稚園~小学校低学年の頃は、彼女らの習い事の時間までは、ほとんど毎日遊んでたが、公園の遊具なんかでも、俺がクリアできない場所でも、2人は飄々と登っていったり出来るみたいな感じで、いつも怪我するのは自分だけだった。
何と言うか情けない話だが、運動関連では、2人には全く敵わなかった。
小学校も高学年になると、だんだん男女で一緒に遊ぶことなんかが無くなってきて、由美と会話するのは登校班で一緒に学校に行くときだけになった。
まぁ由美はクラスでは高値の花、俺は道端の雑草、恋心が全く無かった訳では無いが、家の大きさも違うし何となく世界の違いを感じてたので、深い恋愛感情にはならなかった。普通に会話するけどね。
ところが、亜美とは何故だか知らないが気が合って、亜美の方は俺を慕ってくれる。
「俺ちゃーん」
とか言いながら顔を見ると寄ってくるんだが、これが情けないことに、俺が小1(亜美が年中)の時に身長を抜かれたきり、成長期までずっと向こうの方が背も高かった(その頃の身長は、亜美>由美>俺)から、俺としてはありがた迷惑と言うか、複雑な気持ちだった。
その頃の事で覚えてるのは、亜美がよく俺に、
「水泳やめたい」

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2013年11月21日 | 寝取られ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】清らかな川で、私の失態【出来心】

去年の秋の出来事を書きます。
私は、結婚2年になる妻と山間の川でバーベキューをしました。
その場所は、同僚に教えてもらった場所で、綺麗な水なので、飲む事も出来て
しかも、泳げると聞き水着持参で向かいました。
秘密の場所だから人気は少なく、貸切状態の時もありますよ!
と言うので、妻には白いビキニを用意させました。(横で紐を縛るタイプ)
現地に着くと、確かに人気が少なく、妻と良い場所をキープしてバーベキューの用意を
開始し、焼き物を食べながら、自然の綺麗な空気を堪能してました。
私 「そろそろ、泳ぐ?」
妻 「そうね!着替えるね」
そう言って妻が先に車に着替えに向かいました。
私は、人気も無かったので、その場でちゃっと着替え待っていました。
駐車場の方を見ると、白いビキニに身を包み妻が現れました。
ちょっとムチムチした体系に食い込むビキニ姿はムラッと来る感じでした。
日の光に白いビキニは薄ら透けているのが分かりましたが、私は誰も居ないし、いいかと

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

||||||||||

2013年11月21日 | 寝取られ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】友人の母の秘密【出来心】

最近、私は動物好きな家族を持つ人と友達になった。
彼とは偶然一緒のクラスになり席も隣だった。
ちょっと変わった人と言う噂は聞いていたが、話をしてみると普通だった。
彼に誘われ、彼の家に行った。彼の家は、街外れにあり庭が広かった。
門をくぐると、動物の声が沢山聞こえた。
「俺ん家、動物多いからうるさいんだ!」
「俺動物好きだから大丈夫」
「俺も好きなんだ!気が合うね」
でも、俺の想像を遥かに超えていた。
犬・猫・鳥は当たり前で、アヒルや豚、家の中にはモルモットやウサギ
・爬虫類も多く居た。
「驚いたよ!いっぱい居るんだね」
「親父が動物関係の仕事してるから、色々貰ってくるんだよ」
「でも、凄いね」
驚きながら、彼の部屋に入った。部屋の中には流石に動物は居なかった。

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

|||||||||||

2013年11月21日 | 寝取られ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】スポ少の合宿で  (2日目)【出来心】

その日の、午後3時位に宿舎に向かう事になった。
妻は、寝室で着替えていた。
妻 「何着ようか?」
私 「ワンピース良いんじゃない!前ファスナーの可愛いのあったよね」
妻 「あ~この間買ったやつ」
私 「そうそう!あれで決まり」
妻 「ちょっと短いんだよね。屈むと見えちゃうし」
私 「若さの特権!今しか着れないよ
妻 「そうかな?パパがいいんならそれにする!」
私 「下着もTバックの透け透けがいいなぁ」
妻 「何考えてるんだか!」 そう言いながらも,Tバックを用意していた。
合宿所に行くと、まだ子供達はグランドで練習していた。
俺達もグランドに向かい、他の親に挨拶して回った。
そんな中、ニヤけているお父さん3人の姿があった。間違いなく期待する目だった。
「今日も泊まる事になったんです」

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

||||||||||||

2013年11月21日 | 寝取られ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】スポ少の合宿で【出来心】

妻は巨乳です。
2人の子供を出産し2サイズUPのFカップ。
私的には、満足なサイズだった。
夏はVネックのミニTシャツを着るので、胸は特に目立つ。
基本下は、ミニスカートやミニ短パンが多く、私好みの洋服が多い。
街を歩いていると、大体の男性は妻の胸を直視する。
初めは抵抗もありましたが、今ではその光景に興奮しています。
妻も満更ではない様で、胸元を強調する服装が多いような気がします。
私32歳、妻29歳、子供9歳・8歳
去年の春先に、2人の子供がサッカーのスポ少に入団した。
初めて試合を見に行くと、大勢の親が応援に来ていた。
試合後半に上の子が、試合に出されぎこちない動きでボールを追っていた。
子供以上に興奮し、応援の声も大きくなっていた。
そんな時、ふと目線が気になった。目線の先を確認するとお父さん達数人がこっちを
見ていた。実際には妻を見ていた。興奮し、上下に動きながら応援する妻の胸は

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

||||||||

2013年11月21日 | 寝取られ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】妻が熟女フェチのイケメンに・・・【出来心】

なんか変な言い方だけど、寝取られた事がきっかけでかえって夫婦の絆が強まった方、いらっしゃいますか?
俺と嫁さんはそうなんだが。
俺は40歳、妻は45歳。
子供は2人。
妻は健康的なタイプで顔は美人、かなり若く見られる。
スレンダーでスタイルもいい(特に足とお尻が)。
妻は優しくて従順だから、俺も調子に乗っていたんだろうな。
妻には何かときつく当たいて、夫婦間はちょっとギクシャクしていたかな。
少なくとも、妻はただひたすら耐えるみたいな感じ。
辛い毎日だったんだろう。
ある週末の夜、妻は職場の上司の送別会に行った。
妻は家庭があるからということで一次会で辞退したが、妻の職場に通うアルバイトの大学2年の19歳のE君も
帰るということで駅まで二人で歩いた。
E君が、知ってるお店があるからちょっと寄って行きませんかというので、妻は若干の抵抗もあったが、
少しだけならということで、二人はそのお店に入った。

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||||||||

2013年11月21日 | 寝取られ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】妻と縁側で月見【出来心】

妻は清楚な顔した40女だった。夏の夜には縁側に寝転んで団扇で蚊を追いつつ浴衣の下に白い大きなおケツを眺めてると根がむくむくおっ勃ってくる。裾をめくると濃い陰毛が外に飛び出し、黒く濡れた女門が目にはいる。カリ首をヌチャッと当ててやると妻が呻く。暑いから抱かずにからだを離してにニュポ、ニュポとカリ首だけ抜き挿ししてやると淫水がヌルと溢れてくる。興奮し大きく勃起した妻のサネ頭を淫水で濡れたカリ首でこねこね撫でまわし、また壷に入れないで割れ目に沿って棹で嬲り、時にはカリ首をヌプヌプッと挿し込んでやるととってもいい気持ち。妻の方も壷の奥より門あたりは感度が高く、ウッウッと善がり声を堪えながらマラ突きの快味を感じてくれるのが嬉しかった。門のびらびらは充血して赤黒いホト状に膨れ上がりきつく閉じている。濡れたホトを押し分けて入れると敏感なカリ首の受ける快味は極上の味わい。マラとホトけのまぐわい、いつまででもクチュクチュ、ヌポヌポ続け、小半時もやってると妻が善がり我慢できなくなり、「トクっ」叫ぶ。オレも膨れきった根を思わず壷の奥深く突っ込み丸いお尻を強く抱きしめてやった。
ついで背後から妻の左脚を上に持ち上げてオレの左脚を妻の股ぐらに割り入れ、根元がサネ頭に当たるまで挿し込むと、膨れたマラはホトケに咥えられて隙間も見えない。コン玉だけが壷に入れずに引きつれた姿で入りたがっている。壷に咥えられたまま、カリ首を支点にして根元を左右に振ると、毛と毛がジャリジャリ擦れ、妻もサネ頭と門で感じるひとしお良い気持ちを堪能している。抜き挿しはしないで、乳首を弄り、棹を左右に振っていると気持ちよいのが続きながらも高揚はなく逝く事なしに長いこと月見が楽しめる。ついでそのまま背中から妻の上に被さり、勃った乳首をしゃぶりながらスカリスカリ捏ねてやると妻はフンフン善がりまくり、門から律液がジュルジュルと溢れてくる。濡れすぎると締りがなくゆるく感じてくると一旦壷からマラを引き抜き、冷えたタオルでマラを拭き妻の門も柔く拭いてやる。その刺激で「モウモウ」のおねだり、拭いて乾いた男根はビンビンで、そのままググッと門を押し広げ、壷の中に収めてやる。乾きマラがヌヌヌッとひだ中に潜りこみ、半擦れで抜き差しする時の快味は筆舌に尽きせぬものがある。ヌルヌルし過ぎず、擦れる感じで抜き差しすると妻もすごく良いらしくホトが随喜の涙を流して喜んでくれる。昔は縁側があって寝転んですれば熱さも吹っ飛んだもんだ。

寝取られ体験談検索用タグ

||||

2013年11月20日 | 寝取られ体験談カテゴリー:人妻との体験談

このページの先頭へ