寝取られ体験談で鬱勃起 最新更新情報!

【人妻】大学生の彼【出来心】

彼が高校生の時にセフレになり、卒業と同時に終わりになりました。
大学生になった彼は、隣県で一人暮らしを始め大学に通っていました。
別れた数ヶ月は何度、彼の所に行こうと思った事か・・・
でも寸前で思い留まっていました。
月日は流れ、その年の暮れの事でした。
お馴染みの商店街で買い物をしていると、八百屋のご主人から
耳寄りな話を聞きました。
彼が帰省すると言う話です・・・その八百屋の次男さんが彼と同級生で仲良しで、先日帰省するような事を電話で言っていたそうです。
買い物を早々に済ませ一旦、家に戻り彼の自宅前まで行って
みましたが、人の気配が無いので帰りました。
どうしても会って話をしたかったので、自宅2階の部屋から
彼が通るか見張ってしまいました(笑)・・・刑事みたいですね?
1時間程経った頃でしょうか・・・諦め掛けた時でした・・・
彼が大きなバックを持って歩いてきました。
私は、彼をお茶に誘う為に簡単に準備だけして、彼のお母様にお裾分けのお菓子を持ち、家に向かいました。

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

|||||||||||||||

2014年1月26日 | 寝取られ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】とうとう越えてしまいました【出来心】

私は、35歳の主婦で小学生の子供が二人います。
主人とは仲が良く円満な家庭です。主人の親と同居ですが何の諍いもありま
せん。
ただ、現在主人は単身赴任中で月に一度くらいしか戻ってきません。
友人のE子はもう3年前からダブル不倫をしています。E子の相手のM君が友達
を連れてくるから一緒に飲もう!と誘われたので気が進みませんでしたが行
く事にしました。
と言うのも 以前から「不倫」に私は否定的でしたし軽蔑もしていました。
もちろん、不倫などした事はありません。
昨晩、E子とM君・M君の友達のS君そして私の4人で居酒屋で飲みました。
S君の印象は、素敵で爽やかで楽しい方でした。
お店を出てから、カラオケに行くと、E子とM君は二人だけの世界に入ってし
まいキスをしていました。
私の隣にいたS君の腕が私の肩に回り、私は思わず寄り添ってしまいました。
そして私たちもキスをしました。

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

||||||||

2014年1月25日 | 寝取られ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】幼馴染【出来心】

幼なじみの彼と
高二で別れたきり年賀状だけの付き合いになっていた幼なじみがいました。
淡い恋心を抱いていた初恋の人です。
彼から研修で来訪する、との連絡があったのは私が22歳、結婚して4年目の時でした。
「真面目に奥さんをやっているかどうか拝見したい」と。
彼は24歳、地方都市の勤務。
夫は10歳年上の私を大切にしてくれる優しい人でした。
彼のことを話すと
「幼なじみだろう。昔話も沢山あるだろう。大切にすると良い。」
と会うことを快諾してくれました。
夫に紹介し、3時間ほど想い出など語り合いました。
「なかなかいい男性ではないか。今後も会っていいよ。若い空気も吸わなきゃ。」
三ヶ月後、再訪時、会議の最終日、家へ泊まってもらって一緒にお酒を飲もうと夫に言われました。
三人で酒を戴いて、いろいろ想い出話に花を咲かせて本当に楽しいひとときでした。
私がお風呂から上がって夫の部屋に行くと、

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

||||||

2014年1月25日 | 寝取られ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】こんな私って・・・抱かれる人妻 3【出来心】

あくる日も、真紀はいつものようにうちに来た。
事務所に入って仕事をしようとするのを呼び止めて
「あなたが仕事をする場所はここじゃないの。わかってるでしょ」
予想はしていただろうが、いきなりの命令に真紀はハッとしてうなだれる。
「昨日の続きをしましょう。たくさん感じてもらわないとね」
うつむいたまま一言も発しない真紀の手を引いて寝室へと向かう。
「真紀ちゃん、あなたにいろんなこと教えてあげる。だから素直になってね」
「教えるって何をですか・・・」
ベッドの片隅で身を固くしている真紀の横に座る。
「私・・・もうだめ・・・」
「女同士でしかわからないことがたくさんあるのよ。あの人にひどいことされて恐かったでしょ」
耳もとでささやきながら胸のふくらみに手をすべらす。
「ああ・・・お願いです。いやです」
真紀は少し触れただけでビクッと身体を震わせ、またもやいやいやを繰り返す。
そしてまた涙・・・真紀には涙がよく似合う。

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||

2014年1月24日 | 寝取られ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】見せられた【出来心】

パート先の年下の男の子と仲良くなっていました。雑談もするしエッチな話も時々してました。彼は23歳です。私は31歳です。私は結婚してるし彼は独身だし、8歳も年が離れてるけど、友達のようにしていました。昨日仕事が終わって、仕事場の送別会があってみんなで飲みました。帰りに彼と一緒になって、少し飲みなおそうと言われ、ついていきました。彼の部屋です。アブナイかな?と思ったけど、不安と少し心の中で期待もあったような気がします。それにその時は彼からしたら私はおばさんだと思うし、そんな対象にならないだろうと思っていました。ワインがあったので飲んで話してました。暑いと思い上着を脱ぎました。決して誘った訳ではありません。ノースリーブのワンピースでした。突然彼が「マイ子さんは若く見えるよね、でもやっぱり人妻のエロっぽさがある。いつもお世話になってます」すぐにどんな意味で言ったのかわからなかったけど、そう言ってから恥ずかしそうにしてる彼を見て理解しました。「へ〜、私のこと考えてしてるんだ、でももっと若い子の方が興奮するでしょう?」「そんなことないよ」彼は怒ったように言いました。「マイ子さんのお尻は魅力的だし、今も見えるけど、服の上から見ても柔らかそうな大きい胸なんかみたらもう興奮ものだよ」かなり真面目な顔で彼が言ったので少し2人とも言葉を無くしてました。私は思い切って「今も興奮してるの」と聞きました。頷いた彼は「見てもらってもいいかな、セックスはしなくていいから、だってマイ子さんは旦那さん裏切れないでしょう、だから僕がマイ子さんを見ながらしてる所を見てもらうだけでいいから」真剣な顔で言ってきたので、つい私もうなづいてしまいました。それから彼は全裸になりました。もうおチンチンはかなり大きくなっていました。私は彼が言う通りにワンピースの前ボタンをはずしてブラが見えるようにしました。足を立てて座りパンティーが見えるようにしました。彼は私の前で目も合わさずに、私の体を見ながら、片手で自分の乳首を触り、もう片方の手でおチンチンをしごき始めました。「乳首気持ちいいの?」私は男の人のオナニーを見るのが初めてだったので聞きました。「うん、乳首で感じる男はかなりいると思うよ」彼はあの大きな手でも収まらないくらい大きくなったおチンチンをしごいてました。ブラから胸を見せるように言われて乳首を出しました。私の乳首も少し立っていました。パンティーの中も見たいと言われ脱ぎました。足を開いて見えるようにしてあげました。息が荒くなってきて「すごい、マイ子さん、見て、見てください」手の動きが早くなっていました。「出るよ、マイ子さんの足に出したい」「いいよ」私は足を伸ばして、ワンピースの裾を捲りました。彼はしごきながら私の太腿の近くにおチンチンを持ってきました。「もういく、いきますよ」
反対側の太腿まで飛びました。その時おチンチンが一緒太腿の触りました。それだけで私は体がビクッてなってしまいました。彼は射精の最中だったので気付かなかったと思います。ティッシュで精子を処理して、このまま居たら私の方が我慢できなくなると思い、ちょっとだけ普通の会話をして帰りました。でも今日は昨日の彼の大きくて硬そうなおチンチンが頭から離れません。旦那さんは仕事で一人なので1日中オナニーしています。

寝取られ体験談検索用タグ

|||||

2014年1月22日 | 寝取られ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】旦那のためにネトラレを【出来心】

ネットの書き込みを読んで、寝取られ趣味の男性がわりと
多いので、少しほっとしています。私の旦那も寝取られ
趣味だからです。結婚するまでは普通の男性のようでしたが、
結婚して1年目に、私が隠していたモトカレとセックスしている
ビデオを旦那に見られてしまい、旦那が変わってしまったのです。
急に旦那様のアソコが立たなくなってしまい、私に他の男性とセックスするように
強要しだしたのです。もちろん私は拒否しましたが、このままでは
僕は立たないと怒るので、仕方なくセフレをつくって、ホテルで録画
したビデオを旦那にみせるようになりました。旦那はそのビデオを
見せた時には、興奮してしてHしてくれるのです。相手のセフレには
旦那に見せていることは知らせていません。私が寂しいときに、
こっそり一人で見ていると言ってあります。最初はビデオ一台でしたが、
据え置きと手持ちの二台を使って、手持ちビデオはセフレに頼んで撮って
もらっています。最初は撮り方が悪いと言って旦那に怒られましたが、最近は
満足しているようです。先日は中だしさせて来いというので、安全日に

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

||||

2013年12月27日 | 寝取られ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】マンションの隣にチンピラ風の人が 続き【出来心】

私は自分で恥ずかしいぐらいアソコを広げて、小さい娘がオシッコさせられるような格好で、ソファーに座って足も広げていました。
男は膝を床について、私のアソコに固くなった大きなアレの先を当てました。
もちろんコンドームなんてしていません。
私は小さい声で「あのっ、コンドーっ」と言いかけると、男は先を「ブチュッ」と入れてきました。
私は「あうっ」と声がでてしまい、ゆがんだ顔で、もう一度男に「お願いですコンドームを」と言いました。
でも男は私の目をジッと見つめたまま、ゆっくりアレを押し込んできました。

私は必死で「お願い、あんっ、ああああ、ハァハァ、ゴムっ、お願いします、ああああ」と言いましたけど、男は無視して、半分ぐらい入れてしまいました。
もう気持ち良過ぎてどうでもよくなってしまいました。
半分しか入ってないのに、主人や元カレの何倍も存在感があって、何倍も気持ちイイです・・・
もっと奥まで欲しくなって、彼の顔を見つめました。

すると男は「スポンッ」とアレを抜いてしまいました!
私はびっくりして「あんっ、え?」と言ってしまいました。
すると彼は「ゴムないからやめるか?」と言いました。

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||

2013年12月25日 | 寝取られ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】マンションの隣にチンピラ風の人が【出来心】

結婚して2年目の主婦です。
夫は公務員で、とても真面目な人です。
私もどちらかと言うと真面目な方で、若い時もあまり派手に遊ぶようなキャラではありませんでした。
ですから、平凡ですけど、人並み以上の生活が出来て満足していました。
でも、唯一の悩みは、最近ドンドン増してきた性欲でした・・・

若い頃は人より少なかったと思います。
経験人数も3人だけで、オナニー以外ではイッた事はありませんでした・・・
それで、最近はずっと家にいるので、時々ムラムラとしてしまい、昼間からオナニーをするのですが、中々おさまりません。

そして夜になって主人になんとなく伝えるんですけど、主人はすぐに寝てしまいます。
付合ってる時からもエッチは少ない人でした。
でも当時は私もエッチは好きではなかったので、良かったと思っていました。
ところが、30近いからでしょうか?今だけなのでしょうか?毎日ムラムラしてしまいます。

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||

2013年12月25日 | 寝取られ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】美和子物語 吉井さん 締め締めごっこ【出来心】

週末は高松の隠れ家へ出かけています。
金曜日の夕方に岡山を出発してドライブです。
車庫に車を止めてから食事に出かけます。
高松市内では数カ所のレストランや和食のお店を発見していますから。食後にはタクシーで帰りますのでアルコールもいただけます。
先週の週末はお寿司屋さんへ出かけました。
個室でお刺身と握り寿司をいただきました。一時間ほどで食事を切り上げて、カラオケを楽しむ事になりました。
数曲を二人で歌ってそしてダンスです。チークダンスですから吉井さんのトンガリ部分が美和子に接触します。
吉井さんは両手で美和子のお尻を抱えて・・・。
坊やがお元気です。唇を合わせてお互いの歯ぐきを舐めあいます。
美和子の中に入りたいとのお願いをされています・・・。吉井さんが暴発しそうだと言われますから、美和子がお口でキスする事になりました。
坊やの先端部分はピカピカに輝いています。
両手で坊やを持ってキスしましたら、その瞬間に噴射でした。
一週間分の核爆発のストックです。
美和子のお口には濃い口のザーメンで一杯です。
吉井さんがショーツを脱いでほしいと言われてそれに従いました。

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||

2013年12月23日 | 寝取られ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】潮吹きが忘れられない私【出来心】

私は35歳になる人妻で、子供はいません。
数年前から、ちょっとヤバい性癖がついてしまいました。夫と結婚し3年になりますが、夫の希望で子供は作っていません。
夫は昔から小さい子供が苦手らしく、付き合っている時から子供は作らないぞ!と
言われていました。私も出遅れ結婚だった事もあり、それを受け入れ結婚したんです。
子作りはしないとは言え、夫は毎日の様に身体を求める始末。
そんなある日、私は夫に激しくマンコを責められ遂に潮を吹いてしまいました。
初めて経験する潮吹きは大量で、ベットは凄い状況です。
流石に夫も”今まで見た潮吹きで、一番激しいなぁ”と言われ恥ずかしくなりました。
しかし、それ以上に気持ち良すぎて脳裏に焼き付く様でした。
それからと言うもの、夫は私を弄ぶように何度も潮を吹かせてくるんです。
性行為の前には、濡れてもいいように厚めのオネショシーツを引いておきます。
そんな日々も長くは続かず、夫が昇進し仕事が忙しくなると夜の営みは日々減っていきました。
それと同時に、私の欲求は溜まる一方です。
夫に散々弄ばれた身体は、潮吹きの感触が忘れられなくなっていました。夫を仕事に送り出し、掃除・洗濯を済ませた私は、友人の手伝い(アルバイト)に出掛けます。
午後2時には帰宅し、夕食準備の始まる5時過ぎまで自由な時間があるんです。

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

||||||||||||

2013年12月23日 | 寝取られ体験談カテゴリー:人妻との体験談

このページの先頭へ