寝取られ体験談で鬱勃起 最新更新情報!

【寝取られ】セックスレスの嫁がエロビデオを隠してた3 【体験談】

嫁の加奈子とは、子供が中学になった頃から、セックスレスだった。
それでも俺は、キャバ嬢とよろしくやっていたし、家庭も幸せな家庭だと思っていた。

それが、偶然見てしまった、嫁が若い男達にひどいことをされている動画、、、 それによって、すべてが壊れつつあった、、

俺に、ある日突然送りつけられた動画は、嫁をオモチャにする、大学生くらいの男達3人が映っていた、、
嫁は何かで脅されてレイプされている、、、 そう思っていたのに、嫁は積極的に快感をむさぼっているように見えた、、、

ただ、どちらにしても、この酷い状況を変えなければいけない、、 そう思った。
でも、加奈子も含めて、誰かに動画のことを話したら、ネットにばらまくと警告されている、、、

ネット拡散の恐怖は、過去の色々な流出事件でよく知っている、、 正直、手の打ちようがないと思った。

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||

2014年4月14日 | 寝取られ体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【修羅場】美少女ダンサー4人が【制裁】

美少女ダンサー四人が、深夜の埠頭でダンスの練習をしているところに、
突如バイクに乗った凶暴なレディース集団に絡まれる。
10対4での集団リンチ。羽交い絞めにされる美少女達。そこに大柄な女達が
交代で剥き出しになった白い腹にパンチやキックを連打する。ダンスで引き締まっているとはいえ、
ウエストの細い美少女ダンサー達の腹筋など、喧嘩にあけくれたレディースの腕力には
かなわなかった。「や、やめ、おぐぅ!」「ひぃぃッ、げほォォッ」「あう、痛っ、うげぇッ」
「オエ・・げぇ、ゲボォォ」美少女とは思えない呻き声をあげてのた打ち回るダンサー達。
レディースのリンチはさらにそれから2時間続いた。

ステレオの音に気づいた翌朝港湾関係者が現場を発見した時は、菓子袋、酒、タバコなどのほか、
衣服が散乱していた。血のついたキャミソール、ハーフパンツ、スニーカーなど。
その奥の倉庫から、無常なリンチにより血の海に沈んだ美少女4人の半裸体、中には全裸のもの
もいたが、言わぬ物体と化して倒れていた。

発見者はあまりにも凄惨な光景に息を呑んだ。倒れているのがまだ若い女性であるということは

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

||||||

2014年2月8日 | 寝取られ体験談カテゴリー:修羅場体験談

【不倫】上司の妻はエロ不倫妻【浮気】

もう誰も見てないと思うけど書いてみます。

俺35、上司40代前半、奥さん上司より少し年下です。
1年くらい前から、上司の夫婦関係がうまくいってなくて(それは上司の浮気発覚が原因)
子供が寝たりしたあとや、休日に間が持たないから遊びに来てくれと言われ、
ちょくちょく通うようになりました。
奥さんはほっそりとした美人で、別にグラマーなタイプではないけど、
とても色気のある感じでした。
なぜ、浮気するんだ?と思ったくらいです。
俺が上司の家に行くと、だいたいは家で焼肉をして酒を飲み3人で話しをして、
その日は泊まっていくというパターンができてました。
奥さんもかなり飲めるクチで、俺達が打ち解けて、
メールアドレスや携帯番号などを交換するまでにそんなに時間かかりませんでした。
と、いうか上司の前で「携帯教えておいてくださいよ」って言われて教えました。
しばらくすると、奥さんから頻繁にメールが来るようになりました。

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

||||||||||||

2014年2月6日 | 寝取られ体験談カテゴリー:不倫・浮気体験談

【人妻】性の受け皿になった過去【出来心】

しばらく車で走ると、少し大きめの居酒屋に到着しました。
先を走っていた車から、男性が2人降りてきて軽くご挨拶され主人も含めて4人で店内に入りました。
案内された個室には既に2人の男性がいらっしゃいましたので、主人と私と男性4人の計6人で一緒に飲むことになりました。
主人の横で手を握り緊張でいっぱいでした。
男性の方々は同年代で、みなさん楽しく優しく接していただき、お酒を飲んだこともあり次第に緊張もほぐれ、楽しい食事になりました。
少しずつ皆さんの色々な体験談から、下ネタ話にも花が咲き、席を替わりながら飲んだりしていると軽くボディタッチをされたりしましたが、それはそれで楽しい席でした。
それなりに時間も経ち、誰かが「そろそろ…」と言いましたので、お開きとなり席を立つことになりました。
「奥さん、大丈夫?」の声に、これからの事に気が付き、一瞬で緊張が戻って来ました。
主人や男性達に勧められるように外へ出て、主人と迎えに来られた方が、車を近くの駐車場へ移動しに行きました。
残された私と男性達はしばらく店の駐車場で待っていました。
その間に何か話したのかも知れませんが、覚えていません。
程なくして主人達が戻ってきたので、みんなで1台の1BOXカーに乗りました。
車はしばらく走って郊外のホテルに着きました。
すごく緊張しながら、みんなで部屋の方へ入りました。
部屋は広く、みんなが座れるようなソファーがあり、その左右奥にベッドが2つありました。

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年2月2日 | 寝取られ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【寝取られ】突然の海外赴任【体験談】

親子3人幸せに暮らしていた私に、突然の海外赴任の話が持ち上がったのは今から4年ほど前でした。

妻と何日も話し合いましたが、赴任先が地球の裏側と遠い事や期間が1年と短い事、娘の学校の事や、娘が幼稚園に行き出してから、妻が以前勤めていた同じ銀行の比較的近い所に有る支店にパートとして雇ってもらえた事などを考えて、ついて行きたいと言って譲らない妻を説得して、単身で赴任するという私の意見を押し通しました。

最初、1年ぐらい頼むと言われていた赴任でしたが結局半年延び、ようやく帰国出来たのは、私が43歳、妻智子38歳、結婚5年目にやっと授かった娘、理香が8歳になった初夏でした。
空港に着いて、当座必要な身の回りの物を詰め込んだスーツケースを受け取って出ると、そこには家族や知り合いの人を迎に来た、大勢の人達でごった返していましたが、私を迎に来た者は誰もいません。

それもその筈、海外赴任が終った事や、私が今日帰国する事を、妻や身内には誰にも知らせていないのです。
それは、私が赴任して7ヶ月ほど経った頃にかかってきた、私の母からの一本の電話から始まりました。
「おまえ、一度帰ってこられないのか?休暇ぐらいは有るのだろ?」
「それは無理だ。ここは地球の裏側だぞ。日本までどれだけかかると思っているんだ?お金だってかかる。」
「旅費なら私が出すから。」

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年2月1日 | 寝取られ体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【不倫】嫁さんの友達に【浮気】

<>249名前:嫁さんの友達に・・・投稿日:03/11/1822:48ID:I7EvHxCl<>

私は大阪に住む31才の会社員の者です。
去年の事なんですが、嫁さんの友達夫婦と4人で温泉旅行に行った時の事です。
うちの嫁31才・嫁の友人E31才・友人の旦那H35才との4人です。
私は昔に柔道をしていたことがあり、接骨院でいろいろとマッサージやツボを教えても
らった事がありました。
そのマッサージを時々嫁さんに施してあげています。
室内での食事が終わり、4人で雑談をしていました。
その時主婦業は大変だと言う話になり、うちの嫁さんが私のマッサージの事を話し出し
ました。

<>250名前:嫁さんの友達に・・・投稿日:03/11/1822:48ID:I7EvHxCl<>

Eは羨ましがって私にマッサージをせがんできました。

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

||||||||||||||||

2014年1月30日 | 寝取られ体験談カテゴリー:不倫・浮気体験談

【人妻】開拓【出来心】

永年多くの人妻をゲットして、至福の世界を味わってもらってきた私も還
暦が過ぎ、今年で新規開拓を止めることにした。来年からは少しずつ今お付
き合いしている奥様達とも縁を切っていこうと思う。今年も30人を超える熟
女の身体を賞味してきたが、いよいよ最後の人妻と27日に出会うこととなっ
た。
 彼女は名古屋郊外に住む女性であった。旦那が数年前から単身赴任。ほと
んど帰ってこないのでレスが続き、今年春に初浮気。2人の男を経験してき
たが、旦那よりは少しマシという感じで、本当に悶え狂うようなセックスを
味わえずに来ていた。折角なら思い切り乱れたいと思っていたところで、私
と繋がった。遠い大阪の男を捜したのは、今まで同様リスクを少なくするた
めとのことであった。2週間足らずのメール交換で逢うことになった。
27日朝早くに名古屋に出向き、栄にあるシティーホテルのデイユース(ここは
朝9時から夜21時まで利用可能)を利用した。彼女M代は44歳の奥様で、158cm
で中肉の可愛らしい感じの女であった。胸はCカップ、でもヒップは私好み
の張りのあるそそる女性であった。メールでの過激さとは異なり、緊張感一

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||

2014年1月28日 | 寝取られ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【寝取られ】元カノとのセクロスについて語らせてもらう【体験談】

元カノと別れて早6年。未だに忘れられない。
俺自身も元カノも別のやつと結婚したが。
元カノとは今もメールは続いている。
元カノAと付き合った期間は5年。
その間オレは浮気しまくってバレては泣かれてた。
あんまし可愛くなかったしちょっとぽっちゃりめだったんだよね。
それが三度目の浮気がバレた時から少しずつ変わっていった。
元カノとは元々はノーマルなセクロスのみで、たまにコスプレさ
せる程度。
ブルマとか制服系とか。あと
オレ思いの良い彼女だった。彼女は浮気とかなし。
ところがオレの三度目の浮気がばれてから、どんどん痩せてキレ
イになっていった。
オレは元々複数プレイの願望があって、元カノと付き合う前に多
少経験があった。セクロスのたびにその願望も元カノには伝えて

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年1月23日 | 寝取られ体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【人妻】憧れの女教師と結婚!でも妻は過去に秘密が【出来心】

こんにちは、僕は25才のサラリーマンです。

昨年、僕は就職してすぐに結婚をしました。
相手は僕が高校生の時に同じ学校にいた美術教師だった人です。
高校2年の時に授業を受けるようになって、当時僕は17才で彼女は25才でした。

教師にしては?って偏見ですけど、かなり美人で、皆がおかずにしていた程の人気でした。
女子がいる手前あからさまにちょっかい出せなかったんですけど、皆絶対意識していた位綺麗な人でした。
でも今思えば、大人のエロさは全然感じなくて、いつもゆったりした服を着て、いつもロングスカートだった記憶があります。
だからおっぱいが大きいのかも良く分らなくて、皆で「本当は巨乳なんじゃねーの?」なんて話をしていました。

高校を卒業して美大に入った後も、「相談がある」って言って外で会うようになりました。
先生の名前は「真由実」と言って、いつのまにか「先生」から「真由実さん」に変わる関係になっていました。

真由実さんはすごく真面目で、当時は彼氏も居なくて、過去にも1人しか付合った事が無いって言っていました。

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2013年12月23日 | 寝取られ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】借金のカタに(その4)【出来心】

 妻が夜の仕事に出かけている間、私はパートでビルの夜警の仕事をすることがありました。ある日仕事に行くと、人員の割り振りを間違えたらしく、別の人が来ていたので私はそのまま帰宅しました。アパートのドアを開けると、入口に見知らぬ男物の革靴があります。部屋の奥からは微かに女の喘ぎ声が聞こえてきます。とっさに何が起こっているか察した私は、静かに戸を閉め、物音をたてぬようにベッドのある寝室に進みました。案の定、妻が男を連れ込んでいるのでした。暗闇の中でうごめく27歳の女と40歳くらいの男。私の妻に覆いかぶさり、両脚の間で腰を動かしている男は、人妻を寝取る快感を、今まさに楽しんでいる最中なのでした。小さな電球の灯りに眼が慣れてくると、二人の行為ははっきりと見えました。私は身をかがめ、見つからぬようドアの間から見ていました。
「気持ちええわ、奥さん、よう締まるよ~」
男は酔っているようです。関西人らしい。
「アン、アン~、わたしもよ~もっと突いて~」
妻は身体じゅうに男のフェロモンが回っているような、甘い声です。頭に血が上る思いでした。だが一方で下半身も微妙に感じてくるのですから、自分と言う生き物は不思議です。
「もっとよ~ああ、ああ~イイ」
「あかん、いきそうやわ。奥さん、今度は後ろ向いて」
ペニスを引き抜くと、妻を四つん這いにさせ、顔と胸を下げてヒップだけ突きあげるようなポーズをとらせます。そして男はヒップに顔を付けて、ジュルジュルと下品な音を立てて女陰を舐め始めました。肛門も舐めているようです。
「ハアアアアア~」
当然だが、妻は感じます。闇の中でもわかるほど淫汁で妻のそこは濡れているのです。
時々男が平手で妻の尻を叩きます。妻のあそこを舐めるだけ舐めると、今度は妻を仰向けにさせ、後ろ手をついて上体を反らさせ、Mの字に脚を広げさせました。男は指を妻の膣に入れると、激しく出し入れし始めました。グジュグジュと粘液の満ちた粘膜のたてる音がします。妻は今や、雌の野獣と化して叫びに近い狂おしい大声を上げると、液体をあそこからドバッと吹き出し、気味が悪いほど白目をむいてガクガクと腰を震わせてしまいました。その時は失禁したのかと思いましたが、これがいわゆる「潮を吹く」という現象だということを、私は後になって知りました。男は妻の痴態を見て嬉しそうにすると、
「奥さん、今度はわてのしゃぶってや」
そう言って、ベッドの上に仁王立ちになりました。妻はトロンとした眼付で男の一物を見ると亀頭から順に、渾身の丁寧さで舐め上げてゆきます。舌先で尿道口を舐めたり、陰のうの片方をまるごと含んだり、亀頭を含んで頬が飛び出るようにしたり、頬がへこむほど吸引しながら首を前後させたり・・・・。
私にはこんなにフルに尽くして貰えないのに・・・勿論単品ではあるけど・・・
男の一物がどんどん硬くなり、伸びてゆくようです。太さは私と変わらないと思いますが、長いのです。20センチくらい?他の男の勃起したところを良く知りませんが、長いと思いました。妻が後頭部をつかまれて、喉の奥までペニスを押し込まれた時は、窒息しそうになりゴホゴホと咳き込みました。人妻だと思って、やりたい放題です。

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

||||||

2013年12月8日 | 寝取られ体験談カテゴリー:人妻との体験談
1 / 612345...最後 »

このページの先頭へ