寝取られ体験談で鬱勃起 最新更新情報!

【人妻】家庭崩壊【出来心】

一見、裕福で幸せに見える家庭でも、内情は結構荒れていたりするもんなんだなぁと思うような出来事が過去にありました。
学生時代に家庭教師のアルバイトをしてましたが、そこの家庭は俺が住んでいたアパートの大家さんでした。
その家は元々その辺りの大地主だったようで、戦前はもっと土地があったらしいのですが、戦後残された土地にアパートとマンションを何棟か建てたそうです。
先代から現在に代替わりした際に、税金の関係で何棟かは売ってしまったそうですが、それでも家賃収入だけで裕福な生活が出来るくらいになっているように思われました。
俺が住んでいたのは、大家さんの家の目の前のアパートで入居後は挨拶を交わしているうちに次第に会話まで出来るような関係になっていました。
アルバイトを探している事を奥さんに伝えると、当時小学校6年生の娘さんと小学校3年生の息子さんの家庭教師をやってくれないかと逆にお願いされました。
条件はかなりの破格で、生活的にも助かるから即了承しました。
元々子供好きだった俺は息子さんが外で遊んでいるのを見かけると、声を掛けたりしていたのですが、娘さんはあまり見かけたことがありませんでした。
かなり病弱で持病のせいで入退院を繰り返していた関係もあったのですが、学校にも殆ど通ってませんでした。
そんな中で家庭教師を開始し、半年も経たないくらいで、娘さんの病の原因が分かりました。
別に病弱とかではなく、父親が母親以外の女性と関係しているという事から精神的に塞ぎこんでしまっている状態でした。
ある程度大人からしたら、今の時代に不倫と言うのは、割り切れるのかもしれませんが、
子供には多大なショック要因のようです。
そのため、幼いながらも男性不信に陥っている娘さんにあえて俺を家庭教師として頼んだらしいのです。
あくまでも娘さんが話していたことだから、どこまでが本当かは分かりません。

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

||||||||

2014年2月3日 | 寝取られ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】青春の思い出!完全版【出来心】

今から調度8年前位の出来事です、僕は22歳で社会人1年生の時に就職先で知り合ったパート社員の美人な人妻さん32歳に一目惚れしてしまいました。
その奥さん当時32歳は優しい人で仕事を教えてくれたり他にも色々お世話をしてくれたり僕の彼女の事等、悩み事を聞いてくれたりしました。
優しくて美人で会社でも人気者の女性でした、男性社員は
皆が狙っているような感じが僕にはしました。
顔は黒木瞳さんに似ていますが身長は165cm有り95cmのFカップで巨乳でした、少し豊満な感じですが決してデブではなく脚も長くて綺麗です。肌の色も白くて艶っぽいオーラを出していました。
ある日奥さんが顔を腫らして、暗い顔で職場に来ました。
僕が心配して奥さんに「どうしたの?」と話しかけると
「何でも無いの大丈夫だから…」とうつむきながら言いました。
僕は心配でした、仕事が手につかなかった記憶が有ります。
其の日は会社全体の定時日だったので僕は奥さんに「駅まで一緒に帰りましょう」
と声を掛けた所、奥さんが何か僕に言いたげだったので僕は勇気を出して奥さんを食事に誘いました。
2人で居酒屋に入りました、お酒を飲みながら奥さんの不満や旦那の暴力やEDで最近SEXレスの不満話を真剣に聞いてあげました。
奥さんの話を聞いているうちに若い僕は溜まらなくなりお酒の力も借りて自分の気持を正直に奥さんに告白しました。
奥さんは少し困った様子で「嬉しいけど・・私・・人妻だからゴメンネ・・」
とはっきりと言われ僕はショックだけど仕方ないかと思いましたが、居酒屋を出た前の歩道の所で思わず、奥さんを後ろから「好きだ」と言いながらギュッと抱きしめてしまいました。

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||

2014年2月2日 | 寝取られ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【寝取られ】妻の喫煙【体験談】

問いただせば簡単に済む問題も、自分が躊躇した瞬間から妻に対する疑いの形に変わって行った。
疑いを解決する方法は色々有るのかもしれない、灰皿を見つけた時に妻に問い詰める方法、或いは吸っている現場を押さえる方法。
いずれにしても、妻がガラムを吸っていた事は明白であり、この段階で私の中には妻の素行に興味が移っていたのかも知れません。
妻は長女の出産を期に一度勤めていた会社を退職したが、長男が生まれてから少しすると、前の上司の薦めもあり派遣社員の形で、また同じ会社に勤めていた。
その会社は、そこそこ名の知られた観光会社である、二度目の時は経験も評価され、添乗の仕事もある事を妻は私に納得させていた。
元来家に閉じこもっているのが似合うタイプの女性ではないと思っていた私は、妻の仕事に口を挟む気はなかった。
行動を起こすでもなく、数日が過ぎたある日仕事も速めに終わった私は同僚の誘いも断り、妻の勤める会社の近くに私は足を進めていた。
妻の素行が知りたいという私の気持ちは、気づいた時には探偵の真似事をさせていました。
町の目貫通りに面した妻の会社は人道通りも多く、人並みの影から様子を伺うにはさほどの苦労は無かった。
午後6時頃現場に着いた私は、15分位でしょうか、探偵気取りで道路の反対側にある妻の会社の出入り口に神経を集中していると、突然聞きなれた女性の声で、私は出入り口から目を離すことになった。
その女性は、妻の会社の同僚の佐藤さんでした。

「奥さんと待ち合わせですか?」

突然の会話に、答えを用意していない私は多少狼狽していたことでしょうが仕事の関係上帳尻を合わせて会話するのは容易でした。

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||||

2014年2月2日 | 寝取られ体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【人妻】パチ屋【出来心】

平日の昼間に郊外のパチンコ屋に行ける方なら
人妻とできる確率は非常に高いです。
できれば自分のテリトリーから離れた地域の方が
後腐れがなくてベターでしょう。
午前11時頃にパチンコ屋へ行ってみると客の半分近くは女性で
中には、すでに2万円以上は注ぎ込んでいそうな主婦が
青ざめた顔つきで台に向かっていたりします。
そういうのが狙い目です。
ミニスカートを履いてタバコをふかす姉ちゃんみたいな若妻が
麻痺していた金銭感覚から覚めつつも後戻りできない状況になっている
—そういうところに声をかけると3人に1人くらいの割合で応じてくれます。
相場はフェラ抜き5千円…でも、結局は最後までやらせてくれたりもします。
人気のない屋上駐車場の車の中で着衣のままフェラ
そのまま69に移行して、少し匂いのするマ○コに指入れしながら舌でクリ攻め
白濁色の粘液が指にまとわり付く頃には、たいがいセックスOKになっているので

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

||||||||||

2014年2月2日 | 寝取られ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【寝取られ】ムカつく野郎の妻を寝取るリアルプロジェクト9/11最終回【体験談】

2008年9月11日(木)

こんにちは細川幹夫です。
この前の続きですが、4枚のSDカードの内、2枚までが優里さんを塾長が犯した前回報告の内容です。
今回は残りの2枚のショッキングな内容です。

優里さんが弱味を握られて、塾長に中出しされたビデオを見ながら3回も抜いてしまった後に、ボーっとしながら残りのビデオをパソコンで見ていました。
場面は、この前、塾長と高沢が一緒に飲んだ後、優里さんと大喧嘩して、お構い無しに塾長のセフレ2人と乱交した時の動画でした。

塾長の部屋が映り、ビデオを撮っているのは塾長です。
塾長と高沢は二人でソファーに座っていて、少し離れたベッドに女が二人で裸になってオ○ニーをしています。
映像が遠くて良く見えなかったのですが、一人は僕も見た事が有る、塾長のセフレで、33才のFカップ人妻です。

塾長:「どうだイイ絵だろ?こいつら」
高沢:「イイっすねー、何すかこいつら?マジで変態女じゃないっすか?」

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

||||||||||||

2014年2月2日 | 寝取られ体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【人妻】古本屋【出来心】

結婚2年目の27才の主婦です。まだ子供がいないので、2ヶ月ほど前から古本屋さんで午前10時〜夕方4時までパートしてます。店主の53才のオジサンと私の二人だけで、このオジサンとエッチな関係になっています。もともと露出趣味でエッチ大好きな私。オジサンのセクハラ行為は私を淫らにさせました。それにオジサンたら、やたら性欲強くてイヤらしさ最高なんです。店には9時に着くように行き、開店前にセックス。立ちバックでイヤらしくチンポ嵌められます。お昼は順番にとるはずだったんですが、それほど客がくる事もないので、札を出して一時間半くらい店を閉めて、出前をとってくれたお昼ご飯パパッと食べてまたセックス。この時は店の奥にある和室で、イヤらしい下着つけさせられて、めちゃくちゃエロエロにされちゃいます。店を開けてる時も、お客がいない時や居ても気付かれないようにノーブラ・ノーパンの私にいたずらしてくるし、もう、パート中オマンコは濡れっぱなしです。夕方4時に一度店を閉めて、7時〜閉店時間10時までオジサン1人でやってるんですけど、4時〜5時半くらいまでまたセックスしちゃうんです。オジサンは、朝と夕方の二回だけは射精までいくけど、お昼はイカないで夕方まで貯めておく感じ。とにかく毎日毎日二人で嵌め嵌めして悶え狂ってます。そして、水曜日は店が休み。だから水曜日は8時間くらい私の体を舐めたり揉んだり、嵌めたり。ご飯食べたり休憩しながら変態行為に耽っているんです。今も、レジ席に座る私の下に潜りこんでオマンコ舐めてます。お客からは机があるので分かりません。激しくじゃなくソフトにしてくれるので、毎日しても乳首やオマンコ痛くならないし、当分この関係は続きそうです。

寝取られ体験談検索用タグ

||||||||||

2014年2月2日 | 寝取られ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】院長夫人【出来心】

個人経営の小さな医院、博信は月に一度その医院に薬を貰っている。勤めて居た薬剤師が辞め、院長の奥さんが薬を出す事になった、凛として上品そうな夫人であった、博信は夫人を一目見て性的欲求を覚えた、最初に見て観察を続ける博信は夫人を落とせると確信していた。
それからは、薬を貰うのを2週間に一度に変え医院に通う様になった、院長は毎日、2時に看護師を連れて往診に行く事、往診を終えて帰る時間は4時半である事を確認する、院長が往診に出た後、薬を取りに来る患者が居なければ入り口は鍵を掛けられ二時間は休診に成る、博信は毎回この2時の時間を狙い、2週間に一度通い続けた、最初の一ヶ月は事務的に薬を貰い、次の二ヶ月目は夫人から挨拶を貰い三ヶ月目に入り薬を貰う予定も無いのに医院に顔を出す。この頃に成ると夫人も素顔の部分を出し話しをしてくれる。
それが半年も続いた頃に薬を貰いに行った時、入り口の前に立つと夫人は入り口の鍵を掛けて居る所、夫人は鍵を開け博信を中に入れる。
そのまま入り口の鍵は掛けられ、帰りは横の非常口から。と言う。何時も様に薬を貰い、カウンターを挟んで立ち話、相変わらず上品な出で立ち、その衣服の下に隠された熟した肉体、博信は然り気無く夫人の身体を目で追い話しをする。
入り口に人影が、夫人は整った唇に指を当て居留守をする、人影が諦めて立ち去るのを確認した夫人は、意地悪っぽい顔で笑う。
博信は今日、駄目元で夫人を誘惑する事を決心する。
「奥さま、今日の服装は凄くお似合いですね」博信は夫人を誉める事から始めた。
「アラ!有り難うごさいます、お世辞でも誉めて貰うと嬉しいわ」夫人は博信の前で嬉しそうにクルリと身体を一回転させる。
「今までも素敵でしたが、今日の白で纏められたのが一番素敵です、って私の勝手な思いですけれど」
「貴方に、そう言われて嬉しいわ、主人なんて私の衣装の事なんて全く無頓着で何一つ誉めてくれないもの」
夫人は少し院長に対する不満を言う。
「普段から奥さまは何を着てもお似合いですから、先生の中では普通の事何ですよ」
「そうかしら、最近では私の方なんて見向きもしなくなったわ」
院長への不満が次第に増えて来る。
博信は、もう少し話を落とそうと小声で言う、聞き取れなかった夫人は顔を近づけ「何て言ったの」と聞き直して来る。

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

|||

2014年2月2日 | 寝取られ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】性の受け皿になった過去【出来心】

しばらく車で走ると、少し大きめの居酒屋に到着しました。
先を走っていた車から、男性が2人降りてきて軽くご挨拶され主人も含めて4人で店内に入りました。
案内された個室には既に2人の男性がいらっしゃいましたので、主人と私と男性4人の計6人で一緒に飲むことになりました。
主人の横で手を握り緊張でいっぱいでした。
男性の方々は同年代で、みなさん楽しく優しく接していただき、お酒を飲んだこともあり次第に緊張もほぐれ、楽しい食事になりました。
少しずつ皆さんの色々な体験談から、下ネタ話にも花が咲き、席を替わりながら飲んだりしていると軽くボディタッチをされたりしましたが、それはそれで楽しい席でした。
それなりに時間も経ち、誰かが「そろそろ…」と言いましたので、お開きとなり席を立つことになりました。
「奥さん、大丈夫?」の声に、これからの事に気が付き、一瞬で緊張が戻って来ました。
主人や男性達に勧められるように外へ出て、主人と迎えに来られた方が、車を近くの駐車場へ移動しに行きました。
残された私と男性達はしばらく店の駐車場で待っていました。
その間に何か話したのかも知れませんが、覚えていません。
程なくして主人達が戻ってきたので、みんなで1台の1BOXカーに乗りました。
車はしばらく走って郊外のホテルに着きました。
すごく緊張しながら、みんなで部屋の方へ入りました。
部屋は広く、みんなが座れるようなソファーがあり、その左右奥にベッドが2つありました。

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年2月2日 | 寝取られ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】PC【出来心】

妻の親友A(32)のPCが起動しなくなったから見てあげて、と妻に頼まれた。美人のAからの依頼にPCに詳しい仕事をしている私は快く引き受けた。普通には起動しないが、セーフモードでは問題なく起動した。できればデジカメ画像だけでも復活させてほしいと言われていた私は、別HDにできるかぎりのデータをバックアップした。そのデータを見てびっくり!Aの旦那が保存していたらしきフォルダに彼女の淫らな姿がギッシリ。しばらくおかずにしていた。
その後、やはり古いPCはまた調子が悪くなり、新PCを購入したらしく、写真データのバックアップがあればコピーしてほしいと依頼されたので、普通の画像と共に淫らの画像もコピーした。
すると、それに気づいたAは僕にその画像のことを遠まわしに気付いているか探ってきたので、あっさりと「知ってるけど誰にも言わないし、見せないから大丈夫。一人で楽しむだけにしておくよ」と言うと、
「私の画像でそんな楽しめるの?」と聞いてきたので、「十分!でも実物が見たくなったらどうしよう?」と言うと、
「実物見て、私にオナニーして見せて」と言われた。
まだ、そのチャンスは巡ってきていないが、ドキドキ!

寝取られ体験談検索用タグ

|||

2014年2月2日 | 寝取られ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】嶋(仮名)の体験記【出来心】

この話は私が営業をしていて実際にあったお話しです。
フィクションは入れておりませんので他に公開しないで下さい。
あえて事業者名、登場人物名をふせております。
その人は、人妻でした。
仕事の関係で、相手の会社に行った時、
お茶を出してくれた、社長婦人(40代)です。
ちょっとハイソな感じで、黒いストッキング
がセクシーだったのが今でも、頭にやきついています。
仕事上、何度か会社に訪問し、打ち合わせを重ねる度
社長婦人とも言葉を交わす回数が増え、目線がすごく、
気になるようになりました。
5回目くらいの打ち合わせのとき、
社長婦人は、タイトなスカートに、前あきの白いブラウスを
きていて、髪をポニーテールにしていました。
それを見た俺は、舐めるように社長婦人をみてしまい

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

||||||||||||||||

2014年2月2日 | 寝取られ体験談カテゴリー:人妻との体験談

このページの先頭へ