寝取られ体験談で鬱勃起 最新更新情報!

【不倫】二番でも良いと言って結婚した嫁と【浮気】

嫁の麻衣とは結婚して二年経ち、最近はそろそろ子供を作ろうと話しをしていた。麻衣とは、付き合い始める時にものすごく苦労をしたので、最近のラブラブな毎日が本当に夢のように思える。麻衣と知り合ったのは、大学のサークルでだった。一目見た時から好きになり、とにかく付きまとうというか、いつもそばにいるようにした。でも、全然僕の気持ちは通じず、逆に麻衣が僕に、先輩との恋のことを相談してくる始末だった……。
麻衣は、同じサークルの二つ上の先輩に恋をしていて、友達として僕に相談をかけてくるという、僕にとっては辛い日々だった。
でも相談を聞くという名目で、よく二人でお茶や食事が出来たので、辛い中にも幸せな部分もあった。でも気弱な僕は、麻衣の相談に真剣に答えてアドバイスをしたり、励ましたり、頑張れと応援したりしていた。そのせいかどうかはわからないが、結局麻衣は無事に先輩と付き合うようになってしまって、僕と過ごす時間もなくなっていった。
ラブラブな二人を見て、サークルを辞めようと思うこともあったが、それでも麻衣子のそばにいたくて、辛い思いをしながら辞めずにいた。1年半くらいの苦しい日々だったが、先輩が卒業とともにアメリカに行くことになり、結局麻衣は捨てられた。先輩がアメリカに行く理由も、麻衣が捨てられた理由もわからなかったが、僕は正直にチャンスだと思った。そして、失恋にひどく傷ついて、笑顔がなくなってしまった麻衣に、とにかく明るく優しく付きまとった。
僕が必死になっても、麻衣は落ち込んだままで、一年近くそんな日々が続いた。一年経ち、僕が思いきって告白をしたとき、麻衣は悲しそうに笑って、
『ありがとう……。本当に嬉しけど、ごめんね、どうしても忘れられないよ……』
と、断った。でも僕は、もう後悔したくないと思っていたので、その後も同じように麻衣に付きまとい、何度も何度も告白をした。
そして、僕の熱意というか、しつこさに負けたのか、
『うん……、でも私、ずっとあの人のこと忘れられないと思う……。それでもいいの? あっくんのこと、この先どれだけ好きになっても、ずっと二番だよ?』
と、泣きながら言ってくれた。
「それでもいい! どれだけ時間がかかっても、絶対に忘れさせるから! 絶対に俺が一番になるから!」
僕の人生で、一番真剣に、一番熱くなった瞬間だったと思う。麻衣は、さらに泣きながら、号泣に近い感じで泣きながら、
『よろしくお願いします。あっくん、本当にありがとう』
と言ってくれた。こんな感じで始まった付き合いだったけど、僕は幸せだった。好きな女の子と手を繋いで歩くだけで、こんなにも世界が違って見えるものなんだと、初めて知ることが出来た。ただ、僕と一緒にいて、楽しそうにしていたと思ったら、急に落ち込んだりする麻衣を見て、先輩の影はずっと付きまとっているようだった。でも、それも半年、一年と過ぎ、二年を数える頃にはすっかり消えていた。心の中までは覗けないが、表面上はすっかりと先輩のことを忘れたようだった。
そして、仕事も順調で、色々な意味でやっていけると判断して、プロポーズした。『はい! よろしくお願いします。あっくん、本当にありがとう、愛してます』

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||

2018年1月9日 | 寝取られ体験談カテゴリー:不倫・浮気体験談

【寝取られ】今、木田と妻がホテル情愛に陥っている。【体験談】

今、木田と妻がホテル情愛に陥っている。
私は木田が今どんな事をしているのだろうと、、、、、、、、、嫉妬し、、、、、、、、、
散々弄ばれ、、、、、、、、、、、、、、、
妻は何度も絶頂を木田に告げ、、、、、、、、、、、、、、、、
木田の射精を膣内に欲して、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、
懇願しつづけているのか、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、
私は1人自宅で嫉妬と興奮で、自虐的な雰囲気の中で40男の手淫をしている。
私は色々な想像で頭がおかしなって、興奮で手が震え、この年の自慰にもかかわらずすぐに絶頂近くにまで到達してしまう。
こんな嫉妬と興奮でする時は、自分で自分を焦らしながらする自慰は異常に興奮します。
しかし、耐え切れず、妻のショーツの中へピューッピューツと精を放ったのです。
私はその晩、興奮がおさまらず、妻が帰宅する朝まで3回も自慰をしてしまいました。こんな事になったのは、私と妻との再婚に起因しているのです。
妻は離婚暦4回と言うつわもので、離婚原因はすべて妻の浮気だったそうです。
他方、私は40過ぎまで独身で、ひたすら自慰による性欲処理をしてきた男です。
さらに仮性包茎でセックスには自信がなく、長い間自慰のみで生活していると自慰でないと立たなくなってしまう傾向があります。
ソープランドへ行き、どうしても立たないので自慰をさせてもらった事もあります。

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

|||||||||||

2017年12月24日 | 寝取られ体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【寝取られ】妻の浮気~公認するまで【体験談】

妻27歳は私と結婚するまでに25人の男性経験がある。
14歳で初体験してから、一度も男を切らしたことが無い。
と言うよりも、常に複数の男と関係を持っていた。かくいう私も浮気相手の1人だった。
私の友人の彼女だったのだ。
初めて彼女を抱いたのは、友人の家で飲み会があり、
帰りに私が彼女を送ることになったその日、「N君、最近いつエッチした?」「しばらくして無いよ、彼女と別れて1年一人だし、
セフレは前いたけど彼氏が出来て、させてくらなくなったから」「せんずりしてるの?」「はっきりいうなぁ~、まあそうだけど」「女のあそこにチンポ入れたいんでしょ?」「あははは」「中に出させてあげようか?」「冗談言うなよ、Kの彼女だぜ」「内緒でエッチしようよ」「ほんとに?」「N君のエッチどんなのかなぁ~?」「普通だと思うよ」
そんな言葉を交わした後、彼女のアパートに行った。「一緒にお風呂入る?」「いいの?」「おちんちん洗ってあげる、ウフフ」
彼女と一緒に風呂に入り、その後ベットで抱いた。
こんなに乱れる女は初めて見た。
キスした瞬間から無限大に激しく悶え始め
ペニスを入れた瞬間、アパート中に響く声で悶え、
射精までの数分間、私の頭の中はいやらしいあんなの喘ぎ声で埋め尽くされた。「あああーっ、また他の人から出される、チンコの先から
アレが中に入ってくるぅーっ、イクイクイクぅぅぅ」彼女のイク瞬間の声とともに私は彼女の子宮に精液を
トロトロと流し込んだ。それから彼女とは時々会って、エッチを楽しむようになった。

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||

2017年12月22日 | 寝取られ体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【不倫】彼女との合コン【浮気】

【スペック】
真司(俺) 23歳 新卒サラリーマン
まなみ(彼女) 20歳 アパレル 身長160cm Dカップ 本上まなみ似彼女とは2年前にバイト先で知り合った。彼女は明るく人懐っこい性格。
一年前から同棲し始め、休日は基本的に二人っきりでいることが多い。
セックスはというと、平日はお互いの時間が合わないので、休日にする
ことが多い。どちらからともなく相手の体を触りだし、ゆっくり時間をかけ
てお互いの暖かさや柔かさを楽しみながら、という感じ。しかしながら
回数は日に3~4回することも珍しくなかった。彼女は俺が2人目の彼氏で、最初の彼氏とは3回ほどしかセックスをし
なかった、とのこと。なので俺との最初の方のセックスのときは痛がって
いたし、いまでもフェラチオはぎこちなく、騎乗位なんて全くできない。しかしながらその顔、性格から遊んでいるように見えてしまうところを
彼女自身も悩んでいた。現に俺も遊んでいそうなところに惹かれ、付き
合った当初はセックスの下手さにガッカリした。今ではそのギャップが
たまらないのだが。そんなある日、まなみが携帯を手にして
まなみ「なんか店の後輩ですごい男に飢えてる子いてね、その子の為
     に合コン開かなきゃいけなくなっちゃったんだよね。。。笑」

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||||

2017年12月21日 | 寝取られ体験談カテゴリー:不倫・浮気体験談

【人妻】レンタルショップでの出来事【出来心】

暇を持て余していた俺は、ビデオショップに行った。洋画物を1一本と後はアダルトビデオを漁っていると、顔見知りの女性らしき人が入って来た。それとなく覗っているとこちらのアダルトコーナーにやってきた。
俺は隅の方に移動してわからないように様子を見ていた。やはり同じマンションに住む俺の子供と同級生の母親であった。その女性は普段きちんとした身なりで、旦那もどこかの金融機関に勤めていると聞いていた。しばらく見ているとアダルトビデオを2本ラックから取り出し、その後、他のコーナーで1本取って、レジで金を払っている。俺はすぐにその後に分らないように並び支払いを済ませて、外に出たその女性(山田さん)に声をかけた。「こんにちわ。まさかこんなところで会うとは。」。山田さんはびっくりして、ひどく狼狽して顔つきで「あっ・・どうも。ちょっとこの近くまで来たので、寄ったの。」。「俺、ビデオ探していたら、どこかで見た人だなあと思ってずっと見てたんですよ。「えっ・・ずっと見ていたんですか?」とますます顔が変わっていくのが見てとれた。「いい、ビデオがありましたか?」と突っ込んで聞くと「あ・・はい・・」と、持っていた今借りたばかりのビデオを握り閉めた。「近くでコーヒーでも飲みませんか?」と有無を言わせぬように言うと「そうですね・・・」と。もはや逃げ出させぬように「奥さんの車はそこに置いて、俺の車で行きましょう?」
と助手席に乗せた。車に乗ると「男も女も所詮動物ですね。本能と欲望を抑えるのは至難なことです。せめて
本を読んだり、ビデオの見ながら、妄想を膨らませたり、自分とその登場人物をラップしたりしてるんでよね」
と意味深なことを言うと「はあ・・そうですね」とますます普段の彼女とは違う彼女になっていった。
「ところで、今日はどんなビデオを借りたんですか?洋物?和物?どちらにしてもここで扱っているビデオなど
モザイクやぼかしが入っているから、モロには見えないですよね。そこは妄想でカバーしているんですか?いつもそんなビデオは一人で見ているんですか?なんだったら俺、モザイクなしのビデオたくさん持っているから貸してあげようか?でも俺からすると奥さんの肉感的な身体の方がずっと性欲をそそるなあ」ととどめをさすと「あの・・・ここで会ったこと、ビデオを借りたことは誰にも言わないでください」と言った。「いつもこんなビデオを見ながら一人エッチしてるの?もったいないなあ。これからそれを俺達でやりましょうよ」と言うとうつむいてしまった。俺は落ちたと確信して、近くのラブホテルに車を入れた。彼女は黙って着いて来た。部屋に入り、俺は一気に服を脱いで全裸になった。もちろんこれからのことを想像しており俺の股間はビンビンに勃起しており、奥さんの眼の前に突き出した。奥さんは一度俺の眼を見た後、俺の前にしゃがんで、片手で俺の竿を握り、口に含んだ。とうとうスイッチが入った。俺は仁王経ちになって彼女の後ろ頭をつかんだ。まるでなにかに取りつかれているように必死で頭を前後に動かしている。俺は黙って溜まっていた精液を放出した。彼女は喉を鳴らすようにして飲んでいる。出し終えると、「シャワーでもいっしょに浴びようや」とバスへ連れていった。脱いでいる彼女を俺は凝視した。裸の女性を見るのもいいが、服を脱いでいる姿も結構興奮するものだ。
見かけによらず、派手な下着を着けていた。きっとお揃い何だろう、レースの黒のブラとビキニのパンティーだった。服の上から見る以上に大きな胸と白くて丸いヒップに俺のペニスは瞬く間に大きくなっていった。予想外に陰毛も濃くて多かった、俺は身体を洗ってもらった。一度情交をした女というのはもうこれほどになるのか、
黙って手にいっぱいのソープを塗り俺の股間を洗ってくれた。今度は変わりに彼女を壁に手をつかせお尻を突き出させる格好をさせた。彼女のもっとも恥ずかしい両方の穴が丸見えであった。俺はしばらくそこを覗き込んだ。すると我慢できなくなったのか、小さな声で「ねえ・・・早く・・入れて・・このおおきくなった、ぺ・・二・・・ス・・を・」と。俺はいたぶりたくなって「なんか言った。シャワーの音で聞こえなかった。はっきり言ってくれよ」と言うと、「、ほしい、この太いチンポを突っ込んで・・・」と、俺は女が初めて聞く卑猥な単語を聞いた、「えっ、女には二つの穴があるから、どちらの穴にいれてほしいんだ。はっきり言ってくれよ」と
さらにいたぶった。彼女は「お・・・おまんこに・・チンポ入れて・・」と握って来た。
その日は都合3回射精してしまった。いうまでもなく、その後も彼女から俺に電話やメールで、逢引の連絡が入って来る。

寝取られ体験談検索用タグ

|||||||||||||

2014年2月7日 | 寝取られ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】弟【出来心】

私は主人の弟と付き合っている。
結婚前からの関係で私が主人と結婚してからも、その関係は続いている。
出会いは、結婚の為に挨拶に行った時、一目見た時に私は義弟に恋した。
だけど、私が結婚するの相手は主人であり、もう引き返せないところまで来ていたので、その思いを隠し、私は主人と結婚した。
式の打ち合わせをして、衣装や料理を決める時、急に出張になった主人の変わりに来たのは義弟だった。
その日は主人が来れないと言う事で打ち合わせは中止にして帰る事に。
そのまま、帰りたくない、私は義弟に海までドライブしましょう。と、誘いドライブに。
食事をして、海を見ているときに、何となく、義弟に持たれ掛かった私にキスして来た義弟、キスをしながら、私のおっぱいを揉み始め、段々その手は下に。
軽い抵抗はしたものの、私も義弟に抱かれたい!と、思い。夜の砂浜で私たちは結ばれた。
車に乗り帰る途中で義弟がもう1度、ゆっくり、ベッドの上で愛し合いたいと言うので、そのまま、ラブホテルに。
ホテルに入り、身体中砂だらけなので、一緒にお風呂に入り、お互いに洗いっこして、ベッドに。
身体の相性もいいみたいで、私は主人では感じられない、エクスタシーを感じた。
その後、主人の目を盗むように、義弟とはホテルで逢い短い時間を過ごしている。

寝取られ体験談検索用タグ

|||||||

2014年1月28日 | 寝取られ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】クラス会での再会【出来心】

久しぶりの高校のクラス会、高1の頃一時期付き合ってた恵美子と10年
ぶりの再会。クラス会の間中、ずっとお互いに意識してろくに言葉も交わさ
なかった。このままじゃ次いつ会えるか解からない、思い切ってトイレに立
った彼女を追って廊下へ。「帰り一緒に」とだけ伝えると彼女も頷いた。
二次会への誘いを断って渋谷で2人だけになったのが8時ちょっと過ぎ。
既にだいぶ出来あがっていたが、さらにそれからも飲みながら色々話して、
結局9時半過ぎには道玄坂のラブホに。
2人ともかなり酔っていて身体がふらつきながらも入るなり舌を絡め合う
濃厚なキス、付き合ってた頃の可愛いキスでなく大人のキス。
17歳の恵美子は35歳2人の子持ちの主婦に、華奢だった体つきは、それ
なりに変化して、でも同年代の中ではスリムな体型。キスしながら
手はスカートの中に、身を捩じらせる恵美子を抱きしめてショーツの上
から股間へ。なぞる様に指を這わせると彼女の息が一気に荒くなった。
それから2人ともキスしながら互いの服を剥ぎ取る様に脱がせ、下着だけ
になった恵美子をベッドに横たえた。ブラを押し下げかって大きく波打つ

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

|||||||||

2014年1月27日 | 寝取られ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】熟【出来心】

僕は26歳のサラリーマン、都内のアパートで一人暮らししてます。
あるとき会社の帰り、午後7時ごろ、いつも乗る電車に乗ってたら、すぐ近くに見たことある顔が。
僕のアパートの前の家に住んでいる奥さんで、以前奥さんの車が脱輪したとき手伝ったことがありました。
お互いすぐ気づき、帰りの電車内で世間話をしました。
奥さんはお名前を佐々木さんといい、代々木で働いていて、高校生になる娘さんがいると言ってました。
すると電車が事故か何かでストップしてしまいました。
よくあることなので仕方ないですねえ、などと話してたら、次のターミナル駅で信じられないほどの乗客が一気に乗ってきました。
僕と佐々木さんはあっという間に反対側のドアの角に追いやられ、佐々木さんと密着してしまう形になりました。
僕は佐々木さんの右側に立つ形になり、僕は手を壁に押し当てて、体が佐々木さんに触れないように踏ん張りました。
僕の顔のすぐ下に小柄な佐々木さんの肩や頭があります。
女性特有のいい香りがしてきて、女日照りの僕には刺激的過ぎるいい香りでした。
佐々木さんは歳はわからないけど、美人というより、かわいい感じの顔立ちをしてます。
ふと目線を下げると押しつぶされた佐々木さんの胸の谷間が見えます。
僕はヤバい、と思って腰だけは佐々木さんに触れないよう、なおいっそう強く踏ん張りました。
やがて電車は動き出しましたが、カーブで車内が揺れたとき、つい僕の股間が佐々木さんの右のおしりあたりにもろに当たりました。

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

||||||||||||||

2014年1月26日 | 寝取られ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】ホームセンター【出来心】

 おはようございます。
今日もいつもの様に待機してると 白色の軽自動車できました。見た目は40歳位で小柄な女性で顔は黒木瞳に似てるかな 美人でした。
 植木を見ていたので、そばに行きなにげなく顔をじ〜と見ると、どこかで見た人だなぁ〜やっぱり黒木瞳に似てるよな〜 すると目の前(1m)くらいのところで、前かがみに植木を見はじめたんです。
 えええ、まじでお乳の割れ目がドカ〜ンと目の前に、、、もちろんブラで乳首は見えませんが結構大きくて、も〜心臓バクバクで「あのさ、植木買う前にドライブしませんか」勇気をしぼっていってみたんです。
 するとおばさんは、ニコッと笑顔で「え?わたし?どこにいくの?」
 「どこでもいいよ、時間ある?」「あはは、いいよいこか」
 とりあえず、車を走らせて彼女の手を触りにいき「素敵な人なんで思わず声かけてん、旦那さんいるの?」
 「うん、なにをいうかな〜 結婚してるよ」「きみは学生ちゃうの?学校は?」
 「今日は休みやねん」。。。。雑談しながらは車はいつものホテルに近づいてきて「暑いしはいろうね」といい強引に IN
 少し戸惑ってたけど、部屋に入るなり俺の背中に抱きしめてきて「今日だけね」
「うん!」前に向かせてキス、彼女は腰が砕けるように座りこんでしまい 抱き上げてベットに寝かせて、シャツを脱がすようにあの少し大きめのお乳に ブラジャーをたくし上げ 乳首を舐めると
体をビクビクさせながら「アアアァァ。。。」変な声をだして、腰をみずからグラインドさせて「ちょうだい、はやく〜」
これはいかなきゃって感じで、服を全部脱ぎ 彼女のスカートとパンティーをはぎとり 取り合えず挿入 あの美人な人妻がって思うだけで、いきそうになり「めっちゃ感じるし、いきそ〜]
 [お願いつけて」またもや「ううううぅぅぅ」すごい声で「私もいくわ、おねがい、きて はやく〜〜」
 ほとんど同時に、もちろん抜く余裕もなく彼女の奥に

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

|||||||||

2014年1月25日 | 寝取られ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】罪な悪趣味教員【出来心】

某中学校の教頭でほどなく校長になる教員です。
これまでの悪行を考慮すると教師とは言い難い悪教員でした。
赴任した中学校の母親や同僚教員との淫行は日常茶飯事でした。
いい思いもしましたが世の中に生まれず闇に葬った子供は数人います。
生徒の母親、同僚、同僚の奥さんとの淫靡な思い出回想です。中学生の父兄は子供のより良い進学を望み教員にいろいろな接触をしてきます。
贈り物や飲食会を開催し教員との接触を図ってきました。
美味しそうな母親は成績の手心や内申書のことを話すとほとんど股を広げ生膣深く私の
精液を受け入れてくれました。
男子生徒の母親で30代半ばの良美がいました。
父親は近くの大手工場勤務のブルーカラーでした。
美味しそうな色気のある肢体で美人な母親なのでいつものように子供の成績を話題に良美に
近づきました。
隣町のカラオケで良美に成績や内申書は教師しだいと話すと少し考えて
「分かりました」と私の陰茎を引き出し即フェラを始めてくれた。
良美の下着を剥ぎ取り生膣を舐め回すと艶声を出し始めたので

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

|||||||||||||||

2013年12月24日 | 寝取られ体験談カテゴリー:人妻との体験談
1 / 712345...最後 »

このページの先頭へ