寝取られ体験談で鬱勃起 最新更新情報!

【寝取られ】気になっていた受付の子が海外支社の黒人に喰われた 【体験談】

汚いとかは感じなかったけど、ショックだったなあ。。

受付の子は、肌が透き通るような真っ白なんだよ。。。
絡んでるとこ想像すると・・

ちなみに場所はラブホじゃないよ

だからなおさら・・状況的にゴム準備できるとも思えんし、
生だったんだろうな、やっぱり・・・

ホテルで会合があって、それに海外支社のエンジニアであるマークも参加した。

その人の接待役を受付やってる優希が担当することになった。
27歳、小柄でスレンダーで胸は小さめ、可愛い系の娘。
美人であることに加え、英語力堪能だから選ばれた模様

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ



2013年9月9日 | 寝取られ体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【寝取られ】裏切の母 【体験談】

高橋祐矢(以下、ユウ)16歳は携帯を覗き込んでいた。もう1時間は覗き込んでいる。
「いつまで携帯をいじってるの!?」
母、清子はたまらず注意した。
ユウはあわてて携帯を閉じて母を見る。
「こうなるから携帯は嫌だったのよ…」

今年高校に入学したユウは遂に念願の携帯を買ってもらった。
中学生の時からねだり続けてようやく両親を説得出来たのだ。
特に清子は携帯に夢中になって、家族の会話が減ることを心配して反対していた。

「ごめん、次からは気を付けるよ」
ユウは解約されることを恐れすぐに謝った。

なぜ、ユウが携帯に固執しているかというのには理由がある。それはアダルトサイトだった。
それまでAVすらほとんど見たことのないユウにとって、ネットの膨大なアダルト情報はとても魅力的だった。

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

||||||||||

2013年9月9日 | 寝取られ体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【不倫】ひとみを閉じて【浮気】

いっしょに寝るのは2回目だった。前は家に泊まった時に いっしょに寝たいと布団に入ったが、キスは拒否、乳ももませてくれないただ、抱き合っているだけ。耳元へのキスはOK。細身のスレンダー体形だが、その細さが気持ちいい。強く抱きしめたら、壊れちゃいそうだ。 そうしているうちに感じてきたようで、足を彼女の股に入れると拒否しない。逆に 『あっ・・・・』と甘い声を出す。いとしい・・・ぐっと足に股を押し付ける。『あっ・・あっ』完全に感じてる。何とかしようとするが、まだガードが固く。結局そのまま朝になった。 前に一度抱き合って寝たせいか今回は二人ですぐに布団に入る。彼女がうつぶせになり、マッサージの真似事をしているすきに体を持ち上げ、乳をもんだ。怒ったが抵抗は強くない。今日はいけそうだ。抱きしめTシャツの上から乳首にキスする。『ダメッダメ!』と抵抗するが、唇がノーブラのTシャツの上から乳首に吸い付くと『ダメッーーーー』とあきらめたような甘えた声になった。Tシャツの上から乳首を攻めまくる。右の乳首をすいつつ、左の胸をもむ。彼女は乳は大きくないが形がいい。彼女のTシャツを脱がせ、自分もパジャマを脱ぎ、生の乳首にキスをする。もう強い抵抗はしない。乳首は大きめだ。硬くとがってきている。しばらくじっくりと両乳首と胸をもんだ。『アッーーーーダメッー』と消えそうな声であえいでいる。しばらくするとあえぎ声に変わった。彼女はもちろん処女ではなかったが、あまり回数をしていないようだ。初夏だったので、ベランダの窓を開けていた。彼女はそれに気づき、『声が聞こえちゃう』と窓を閉めるようにお願いする。本気モードになったようだ。派遣社員でうちの会社に来ていたころから、妙に人懐っこいとこと、気位の高いところが入り混じり、興味を引く娘ではあった。ずうずうしいとこがあり、よく食事やカラオケをおごらさせられたが、変な関係になる気配はまったく無く、もしかしたら、処女かもとも思っていた。それが変わったのが、ある事がきっかけだった。その娘と男の友人の3人で飲みに行った時、彼女ががらにもなく、いつもおごってもらって申し訳ない。というような事を言ったので、冗談で、いいよ、体で返してもらうから。と言ったら、彼女が ショックを受けたような顔になり、ガクッとテーブルに倒れこんだので、まずいと思い、冗談だよ。とフォローすると、言っていいことと悪いことがある。と怒った。だけど どうも真剣に怒っているようでもなく、照れ隠しのような雰囲気があった。その日、はじめて彼女は、遅くなったので、家に泊めてくれと言った。そんなことは初めてだったし、友人もいたので、あせってしまい。(嫁さんは実家に帰っていた。彼女はそれを知っていた)その日は、友人もいっしょに3人で 自分の家(マンション)に泊まった。その日は何もなかった。(当たり前か)しばらくして、家に遊びに来たいと連絡があり、あせったが、別の友人を呼んで 鍋をやることにした。この夜が 1回目に寝ることになった。
鍋の後、カラオケに3人で行った。もう一人が歌っている時に彼女が 家に泊めてくれと言ってきた。酒も入っていたので、ついOKしてしまい、友人と分かれて2人で家に帰った。嫁さんは実家に帰っていたので留守なのは、彼女は当然知っていた。風呂に入り(別々で)、寝ようということになり、別の部屋に布団を敷いていた 。なにげに いっしょに寝ていいか 聞くと、意外にいいとの返事。エーッと思いつつ 同じ布団に入り、キスしようとすると手で顔を覆い、こばんでくる。何でだめなのと聞くと、私と付き合いたいんじゃなく、今エッチしたいだけなんでしょう。と言う。そのとおりなので、それ以上つっこめなくなったが、彼女は こうしているだけでいいと 布団の中で抱きついてきた。
前回はこのような形で朝を迎えたが、今回はすでに乳首を吸っている。胸を揉みつつパンティの中に指を入れた。抵抗は無く、されるままだ。茂みを下がってゆくと、アソコに辿り着いた。すでにかなり濡れている。『濡れてるよ』と耳元でささやくと『濡れてないよ』と答えた。『ほら・・・・』指で割れ目にそって撫で上げると、『アッ・・・・・・アッ』もう声にならない。クリを探りあて、円を書くように攻めてみた。さらに濡れ具合が激しくなった。パンティを下ろす。股を広げててアソコにキスをした。臭いはなく。清潔なマ○コだ。舌を使い、ビラビラを舐め回す。彼女は恥ずかしいらしく、声も出さない。じっくり攻めたあと、抱きしめてキスをした。あそこに指を入れると感じているようだ、抵抗しない。彼女のあそこは締りが良く、人差し指を締め付けてくる。指を動かし始める。『アッアッアッ・・・上手、気持ちいい・・・』『アッ・・・ゆっくり・・・』『後ろからが好きなの、入れて...』次々と注文が出てくる。本当はかなりの好き者のようだ。指の動きを速くするとたまらなくなり、『ゆっくりー!アッアッ・・・・』と絶頂に向かい始めた。一気にスピードアップするともう声も出ない。『うっーーーーー』とうなり、ふーと体の力が抜けた。アクメに達したようだ。初めの約束どおり、挿入はしなかったが、朝起きると、『やったも同然よ』とのたまった。それならやっちゃえば良かったと思ったが、入れないSEX?もいいもんだと思った一夜だった。

寝取られ体験談検索用タグ

||||||||||

2013年9月8日 | 寝取られ体験談カテゴリー:不倫・浮気体験談

【寝取られ】寂しげな男の背中 【体験談】

人によっては萌える話ではないかと思うがカテゴリが一致したので
妻と俺の話を書いてみる。

某年4月1日、とある新興企業に入社した俺は
1ヶ月程度の期間、同期50人程の研修に参加した。
そこで出会ったのが、妻の若葉だ。
研修の初日、若葉が立ちあがって自己紹介をした時、
俺だけでなく、他の同期もぼうっと見惚れているようだった。
気品のある顔立ちとスリムな体型の若葉はリクルートスーツがとても良く似合っていた。
間違いなく同期1の美女だった。すぐに争奪戦が始まり、
積極的な男達が、何かと話し掛けたりしているのが目に付いたが、
引っ込み思案の俺は、ただ指を咥えて見ているだけだった。

物凄い競争率だったが、同じ部署に配属されたことや、帰りの路線が同じだったこともあって
俺と若葉は、自然に親しくなった。

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

|||

2013年9月7日 | 寝取られ体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【寝取られ】清楚な後輩の部屋の前で聞き耳をたててたら 【体験談】

清楚で綺麗な後輩(1年生)と友達になって、
よく話をするんだ。
真面目でそっち系の話はしずらい雰囲気。
ところが最近、他の男の影がちらつくようになった。
それでも感覚的には処女としか思えない。
で、ある日30前後の男と歩いてるのを見た。

そういう関係じゃないだろうと思いつつも、
その男のことは当人から聞き出せず。
車に一緒に乗ってるとこまで見てしまった。
彼女のアパートは知っていたので、
たまにその前をなんとなく通り過ぎる。
そしてある夜、アパートの前にその車が止まってるのを見た。

ショックと不思議な高揚感を感じつつ、いつものように窓のそば

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

||||||

2013年9月3日 | 寝取られ体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【不倫】奥様【浮気】

H子と会った翌日に梅田のシティーホテルで出会った。フロント前の椅子にスレンダーな身体で、茶系のスカートに濃紺のサマージャケットを着たK子が座っていた。清楚で綺麗な奥様で、緊張した面持ちであった。私は隣の椅子に座りそっと「K子さんですか?」と囁くと、「はい」と軽く頷いた。チェックインの手続きだけ済ませ、ティーラウンジでお茶をしながらたわいもない話で彼女の気持ちを落ち着かせた。本当に見れば見るほど浮気なぞしそうにない奥さんである。込み入った話は人目をはばかるからと、用意した部屋へ誘うと、暫く沈黙して下を向いていたが、意を決したように「ええ」と返事をした。私は直ぐに立ち上がり、彼女も私の促され後に続いた。エレベータの中でも少し私から離れて立って、伏し目がちで後に付いてきた。部屋に私が先に入り、意を決したように彼女が続いた。ドアロックをして部屋の奥を向くと、17階の窓から見える景色をボーッと立ったままで見ている彼女の後ろ姿が目に飛び込んできた。私はスーッと傍により抱き締めた。彼女の柔らかい身体の感触と、ほのかな香が鼻をくすぐった。暫く身体を密着させて抱き締め、肩を掴んで私の方を向かせて顎に手を当て上を向かせてキスをした。かすかなたじろぎはあったが抵抗ではなかった。そのまま舌をこじ入れるときも少し歯で侵入を拒むようにしたものの、直ぐに受け入れ、ディープキスとなり、やがて自らも絡ませてきた。そのままベッドに優しく押し倒し、ディープキスを続けつつ、薄い綺麗な若草色のブラウスのボタンを外し、白い肌を露わにさせ、白のブラに包まれた小振りであるが張りのある乳房を直接揉み、乳首を摘むと、「ああ・・・」と喘ぎ声が洩れ始めた。手をスカートの裾から中へ侵入するときは、抵抗を示した。私の手首を強く握り「イヤ。ダメ」と言った。しかし、それもさらに進もうとする私の力には抗しきれず、奥の布まで到達させ、熱く湿ったパンティを触らせた。「濡れてるんだ」という私の言葉に、顔を剃らせて無言の抵抗を示した。私は一気にスカートを捲り上げ、パンティを剥ぎ取り、その匂い立つ秘部の中心に吸い付いた。クリを中心にアナル辺りからオメコ全体を音を出しつつ吸い、舐めた。「ああ、イヤ。イヤー。汚いよー」と抵抗の言葉を出すものの、もはやなされるがままになっている。シャワーをしていないので、独特のオメコの臭いであるが、私には最高の時である。一人の清楚な奥様が一人のただの女変貌しそれも性への欲望を露わにし始める瞬間である。クリを舐め、吸い、舌バイブで責めつつ、指を二本オメコの穴に突き入れ、指腹での快感スポット攻撃を始めた。もう、彼女の抵抗はないに等君あり、私の動きに翻弄されつつ、喘ぎ声を上げ、腰をくねらせ、私の吸い付く顔に押しつける動作までし始めた。やがて奥から白濁の愛液が溢れ始め、何とも卑猥なグシュ、ブシュ、グシューと言う音が洩れ始めたかと思うと、「イヤー、ヤメテー」と叫び声に近い声を上げ、その次の瞬間、潮が噴き出し、続いて細い水流が途切れ途切れに飛び放たれた。グッタリと脚を投げ出し、大股開きで横たわる彼女を見ながら、服をすべて脱ぎ、次に彼女を抱き起こし、彼女のスカート、ジャケットを脱がした。そして、私のいきり立つイチモツを握らせると「大きいね。わあ、凄く太い」と言い、握る手を動かしつつ、しげしげと眺め、身体を起こして私のイチモツに唇を近づけ、舌を這わせ、やがて咥えてジュルジュルと音を立てつつフェラをし始めた。お世辞にも上手いとは言えないが、その懸命さは嬉しかった。「さあ、上においで」というと、イチモツを咥えながら私を見て、黙って口を離し、私に跨り、私のを自分の淫穴に宛がい腰を沈めていった。侵入するにつれ「ああ・・」と喘ぎ声を上げながら、身体を仰け反らせ「ああ、気持ちいいー」と悦びを口にした。奥まで咥えると「ああ、痛い」と顔をしかめたが、「抜こうか」というと「ううん。イイ」と言いつつ腰をグラインドし始め、クリを擦りつけるようにしながら、それは前後左右だけでなく、時に回転させ、上下に動かし、もう狂ったように振り始め、やがて「イク、イク、イクー」と身体を仰け反らせて逝き始めた。身体を小刻みに痙攣させ、暫くはその余韻に翻弄されて、私に抱き付いていた。「ああ、凄い。こんなの初めてです」と顔を持ち上げ私に囁き、キスを求めてきた。暫くディープキスをしてから、身体を入れ替え、クリを触り、乳首を弄りつつ、突き擦りする正常位、巧みに奥への突き上げを楽しませる臥位、座位、背面騎乗位、立ちバックと楽しんで、何度もアクメを味わってもらった。5時間のデイユースがあっという間に終わりに近づいたとき、二人は汗ばんだ肌を密着させ、あそこは一つに繋がったまま、キスを交わし、話をし、もう何年も付き合っている関係のような姿になっていた。そのことを言い合って笑いた。二人でシャワーをしホテルを後にしたときには、遅い日没も過ぎていた。駅近くで軽く食事をして別れたが、もう恋人同士のような振る舞いで過ごしていた。暫くお付き合いしたい奥様である

寝取られ体験談検索用タグ

||||||||||||

2013年9月1日 | 寝取られ体験談カテゴリー:不倫・浮気体験談

【不倫】結婚してるって、・・?!【浮気】

28歳の時、転勤になりました。転勤先は実家の近く。
と言うのも俺は高校卒業後、神奈川の大学に行き、そのままそっちで就職しました。
それからずっと神奈川住まいだったのですが、
うちの会社が中部に新しく事業所をつくるって言うので、
そっちに実家の俺に転勤の白羽の矢が立ったのでしょう。
とは言え、さすがにいい年して実家から会社に通うのは何なので、
事業所の近くにマンション借りました。
引っ越してちょうど半年ほど経った頃、実家にちょっとした荷物を取りに帰りました。
その日は平日の昼間だったので、電車も人は少なかった。
ゆったりと席に座って電車に揺られていると、何か視線を感じた。
見ると、ちょっと離れた向かいの席に座っている女が、こっちをジッと見ている。
一瞬、目が合ったが、気のせいだろうと思い、すぐに視線を外した。
するとどうだろう。その女がこっちにつかつかと歩み寄ってくる。
「ねえねえ、橘ナワフミじゃない?」
その女は俺の前で立ち止まり、俺のフルネームを呼び捨てで呼んだ。

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

|||||||||||||||

2013年8月29日 | 寝取られ体験談カテゴリー:不倫・浮気体験談

【修羅場】幼馴染A男(つ) 【制裁】

344名前:恋人は名無しさん[]投稿日:2010/09/17(金)05:02:38ID:8mOmJxSm0
眠れないので夜中にこっそり投下。

俺男=ごく普通の男。焼き鳥居酒屋でバイト。
彼女=背が高くてスレンダーな感じ。酒に弱い。
A男=幼馴染。高身長、イケメン。

当時高校生だった俺達。
俺男と彼女は同じ高校で、親友のA男は違った。
だが全員同じ町の幼馴染で地元に帰る経由駅も同じだったので
よく同じ電車に乗り合わせて他愛もないことをしゃべりながら帰ったり
そのままA男の家に遊びに行ったりしていた。

その内A男にスカイプを勧められた。

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

||||

2013年8月29日 | 寝取られ体験談カテゴリー:修羅場体験談

【寝取られ】妻をデカチンに寝取られたったww 【体験談】

出典
取引先の運送業者の従業員と仲良くなり、
仕事以外のお付き合いをするようになってはや一年、
お互いの夫婦で熱海へ旅行に行った時の事です。
待ち合わせの東京駅で、彼から、奥さんが風邪をひいてしまい同行出来なくなったと聞かされた時…私は唖然としました。
仕方なく、私達は3人で熱海へ1泊旅行する事になったのです…。
観光地を訪れる度に、妻は彼と打ち解け、息投合といった感じで、久しぶりの恋人気分…さながら様子でした。
時より彼の視線が、妻の目を盗んで、妻のスレンダーな体からせり出すように膨らんだ乳房を盗み見ているようです…。
観光地を歩く度に、妻の乳房の揺れは彼を魅了し、時より彼は、揺れる乳房をあからざまに直視しているではありませんか…。
恐らく、妻も、彼の直視する視線を乳房に感じている事でしょう…。
観光後、宿泊先のホテルにチェックインした私達は、夕食を済ませお風呂に行く事になりました。

入浴中に見た彼の身体は、流石、運送業者の従業員と言う感じで、筋張った筋肉質です…
さらに驚いたのは彼のペニスの大きさでした…。
勿論、勃起してはいませんが、私の2倍以上はあるペニスでした…。

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

|||||||

2013年8月27日 | 寝取られ体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【人妻】淫乱人妻貴子さん!【出来心】

私は33歳独身男で小さいコンビニ兼スーパーの雇われ店長を10年程しています。
仕事柄パートの人妻さんと接する機会が多くそれなりに今まで美味しい思いは何度かして来ました。
今時の若いアルバイト店員は興味が無くて私は熟女か人妻専門です。
私の持ち物は長さは普通ですが太さが5cm以上有りますカリも大きく硬さも自身が有ります。
大概の人妻さんは私の肉棒を嵌めると最初は嫌がっていても大人しく成ってしまいます。
今まで私は数人の人妻を食って来ました其の内の何人かは肉奴隷にして来ました。
今回はその中でも一番長く関係が続いた肉奴隷の貴子さん(夫・子一人有り39歳)との情事を投稿します。
貴子さんのスペック・身長163cm体重55kgB83のCカップ・W65・H82で少し貧乳かな?
経験人数は旦那のみですが顔が綺麗な割には最初見た時に女性器は使い込んで有る感がして結構グロマンコです。
貴子さんが店で働き初めて1ヶ月程経過した頃私は色白スレンダー美人で明るくて元気でお客の受けの良い貴子さんを
自分の肉奴隷にしようと作戦を考えました。
最初の頃は仕事中そんな素振りを一切見せずにいました。
私は履歴書で貴子さんの生年月日を知っていたのでプレゼント渡しました。
私「田中(貴子さんの姓)さん仕事慣れましたか?」
貴子「はい…大分慣れてきました」

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||||||||

2013年8月27日 | 寝取られ体験談カテゴリー:人妻との体験談
10 / 20« 先頭...89101112...20...最後 »

このページの先頭へ