寝取られ体験談で鬱勃起 最新更新情報!

【寝取られ】天使【体験談】

前話、再婚した友人・完結編 太郎とユウタの父子旅行

太郎(再婚当時33)は前妻礼子に逃げられ、ユウタが残された。
その直後、同級生の真梨子と子連れ再婚して1年。(礼子とも普通に話せるようになったが、礼子はヨーロッパへ移住した)
夏休みには箱根へ家族旅行に行き、宿で「私たちの子どもを作りたい」と真梨子から言われ、中だしをした太郎だったが・・・

【太郎、散々な長期出張】
旅行から帰ったあとも、俺と真梨子は子作りに励もうとしたが、四国の営業所で内紛がありスタッフが集団退職。一時的な人手不足のため、四国へ1ヶ月の長期出張をすることになった。ユウタと二人暮らしの時、会社に散々迷惑をかけていたので、断れなかったのだ。
四国から北東北だと、週末の帰省も難しかった。新幹線だと丸一日かかるし、飛行機は乗り継ぎの便がよくない。結局、ずっとビジネスホテル暮らしに。
で、出張最終日。倉庫で荷物の整理をしていると、OLの三香(22)のミスで脚立から転落。脚を骨折、腰も痛めた。
四国の病院に10日間入院した後、車椅子に乗って地元に戻る。
恐縮した三香が付き添いを志願してくれ、会社は三香を出張扱いにしてくれた。三香の両親と所長がポケットマネーで普通車との差額を出し、生まれて初めて新幹線のグリーン車に乗ったが、駅から地元の病院に直行して即入院。
真梨子や子どもたちとは病院で再会と言うことになってしまった。

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||||

2014年2月9日 | 寝取られ体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【寝取られ】犯されていた母【体験談】

父が不在の日になると、なぜか母の様子が変わってしまう。母は朝からそわ
そわとして落ち着きがなくなるのだ。
化粧もいつもより入念だし、服装も、父を送り出してから再び着替える事が多
くなった。父が居る時は楽そうなワンピース
などを着ているけど、着替えた母は、必ずといっていいくらいに、身体のライ
ンがくっきりと目立つ服装になる。
そんな日の母は、朝に付けたばかりの下着すら穿き代えているらしく、顔を
洗ったついでに覗く洗濯機の中には、
父が出かけた後に限って、まだ洗い立てのような下着が放り込んであるのだっ
た。

父を送り出した後に、母と、住み込み店員で夜学生のSさんと、小学生になっ
ていた私は居間で遅めの朝食を
取った。和食好みの父が不在の日は、いつもトーストにハムエッグというよう
な洋風メニューである。

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

||||||||||

2014年2月9日 | 寝取られ体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【寝取られ】娘婿殿・・・2【体験談】

 念願のベットでまた抱いてもらえる日が来ました。
息子はお盆休みで、娘たちは仕事です。
 「初めて愛し合った日の格好をして。」と、頼まれ、ノーブラでショートパンツと白いTシャツに着替えました。すると「洗濯物を干すように頼まれ、それにしたがっていると彼が後ろからそっと抱きしめてくれました。
それから、シャツの中に手が滑り込みやさしくオッパイを揉んでくれて、次にあそこに指を入れ優しくなでてくれたあと、パンテイーを降ろし膝を地面に着いて優しくクンニしてくれました。
あの日から1ケ月程でとても上達し、私の感じる場所を攻めてきます。
クリトリスからバギナそしてアナルと舐め上げられ、私は物干し竿に必死につかまり感じています。
今度は私がしゃがみ、たったままでフエラをしてあげました。
 我が家の庭の中はお隣さんの2階の部屋からしか覗く事が出来ず、お隣さん一家は昨夜というか今朝早くからお盆の間実家へ里帰りしているので人に見られる心配はありません。
再び物干し竿につかまり後ろからついてもらうと、彼も最高の瞬間を向かえ、最後は口の中にいってくれました。
 そしてふただび安心して彼に身を委ねクリトリスを撫でなれながら舌べらを挿入されると我慢できなくなり、「ベットの上で愛してね」と言うと、「よし、四角いジャングルの上で勝負だ!(^^)」と言われ娘たちのベットで昼過ぎまで3回も愛し合い、何度もいかせてもらいました。
お隣さんがいないので、我慢できず大きな声でよがってしまい、彼も余計に興奮していたようでした。
 疲れてそのまま寝てしまい、気がつくと4時になろうかとしていました。
眠り続ける彼にキスをし、そのまま洋服に着替えて買い物に出かけようとして隣のうちの玄関の前を通り過ぎようとすると、驚いて「エッ!」と漏らしてしまいました。
するとそこには居ないはずの隣の高2の長男が、オートバイを磨いています。高校生は私に気付くと軽く会釈し、私は気まずくなり、足早に過ぎようとすると、「あの、ちょつと」と呼び止められました。
「えっ、何」と答えるとて「ちょっと話しがあるんですけど中に入って」と、言われましたが、「ごめんね、急いでお買い物に行かなくちゃいけないの、お母さん達が戻ったらまた寄らせていただくわ。」と、答えると「そうだね、僕もあかあさんに留守中に見た事ふを報告しなくちゃいけないし、おねえちゃん(我が家の一人娘)にも話さなければならない事が出来たし。。。。」と言われ、「ちょつと」と言って隣家へ急いで入りました。

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

||||||

2014年2月8日 | 寝取られ体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【寝取られ】気の強い妻【体験談】

俺は男だ!4/1(日)17:12:09No.20070401171209削除
私は、まあまあの大学を卒業し、全国区ではありませんが一様地元では名の知れた企業に無事に就職しました。
俗に人の言う苦労知らずの道を歩んでいたのでしょう。自分では挫折も味わったつもりですが、友人に言わせると、そんなのは世間知らずの甘ちゃんだと冷やかされてしまいます。人の痛みは10年でも我慢出来ると言いますが、私もそんな感覚で、自分の悩みは大した物で、人の悩みは小さな物にしか感じない俗物なのだろうとは自覚しています。
そんな私が25歳で3年後に入社した今の妻と職場結婚しました。
その時の妻の雅子は、野性的な美人でありながらも、個性的な雰囲気がその風貌をより強いインパクトにし、男性社員から可也人気がありました。
職業柄、女性社員の多い職場で、これ程人気の有るのも珍しい存在では有りましたが、私は私で、まあまあの容姿で遊び人でしたので、それ程気に掛ける存在ではありませんでした。
彼女は、多数の男性社員からデートの申し込みを受けた様ですが、食事を付き合う位で、誰とも真剣な交際には至らなかったので、身持ちの堅い女で通っていました。
その結果が、今の私の変わった幸せ?に結び付くのでですが・・・・・
しかし、此処に至るまでには、人には語れない苦しみを経験させられたのです。

妻とはあるプロジェクトで同じチームとなり、残業続きで帰りが遅く、一緒に食事や飲みに行く機会が増えた事でお互いに親密になって行きましたが、私にとってはガールフレンドの一人に過ぎませんでした。
ましてや、同僚達が言う様に身持ちの堅い女なら、それ以上の深入りは、私が恥を掻くだけと思い、有る程度の距離を取る事が、賢明だろうと思っていたのです。私はプライドが高いのです。
そんなある日、珍しく酔った彼女の口から意外な言葉を耳にします。

「私は貴方に一寸興味が有るんですけど、貴方は如何ですか?」

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||

2014年2月8日 | 寝取られ体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【不倫】以前住んでたマンションでのこと【浮気】

<>273名前:えっちな18禁さん投稿日:2008/03/30(日)03:06:09ID:YSH9hnSs0<>
以前住んでたマンションでのこと・・・・
そこでは、月に1度住民による清掃がありました。駐輪場や空いたスペースの
ごみ拾いなど
2人1組ペアになって清掃しました。その日は、8月のとても暑い日で朝から気温が
高くとても大変でした。
私は隣の奥さんとペアでした。30代前半、水野美紀似ですらっとしててそれでいて
胸、お尻は大きくタイプでした。

<>274名前:えっちな18禁さん投稿日:2008/03/30(日)03:14:36ID:YSH9hnSs0<>
2人で駐輪場の自転車の整理、またごみ拾い等行いました。
奥さんはTシャツにジーパンで、汗をかいており首の下あたりが濡れていました。
朝からの清掃がようやく終わり、参加住民みんな暑い、暑いって言ってました。
私は、奥さんに終了の挨拶をし帰ろうとした時、

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

||||||||

2014年2月7日 | 寝取られ体験談カテゴリー:不倫・浮気体験談

【修羅場】【胸糞】母が不倫相手の子供を死産して病院に遺体を置いたまま逃げ 【制裁】

<>130:◆DCDFHL.X6I2013/10/07(月)11:39:05.73ID:Bgnhk7Oj<>
フェイク入れてるので辻褄が合わなかったらごめんなさい。長文です。

我が家は両親と年子の姉と4人暮らしだった。
両親とも安定した仕事をしていて習い事もたくさんさせてもらって、
とても幸せな子供時代だったと思う。

しかし私たちが中学生の頃、母があまり家に帰ってこなくなった。
快活だった父がだんだん無口になりやせていって、姉が父のことを心配しながら家事をやり始めた。
母がほぼ自宅に寄り付かなくなったころ、母が不倫していたことを知った。

<>134:◆DCDFHL.X6I2013/10/07(月)11:42:03.97ID:Bgnhk7Oj<>
父はまだ母に未練があったのだろう。母に離婚してほしいといわれても承諾しなかった。
私たちの前では努めて明るく、なんでもないように振る舞った。
父と私たち姉妹で家事を分担しながら母が帰ってくるのを待とうと、全員が半ば自分に言い聞かせるように生活していた。

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

||

2014年2月7日 | 寝取られ体験談カテゴリー:修羅場体験談

【寝取られ】「あさぎちゃん」の447氏の外伝【体験談】

あさぎちゃん:氏の外伝

<>220:えっちな18禁さん:2008/08/16(土)18:32:44ID:fzndVifm0<>
では、お言葉に甘えて。

俺は一浪して都内某私立大に入った。
俺の通った大学は結構お嬢様が多くて、田舎もん丸出しの俺は通うだけで気が引ける感じ。

たまたま同郷で同じ学科の1個上の先輩と知り合い、誘われるがまま合唱サークルに入った。
合唱なんて中学の音楽の授業でしかしたことなかったけどさ。

そこで、あの子に会った。

<>222:220:2008/08/16(土)18:38:12ID:fzndVifm0<>
大学での授業が始まったある日、

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||

2014年2月7日 | 寝取られ体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【不倫】青年の主張 −−純愛じゃないですか!−−【浮気】

43名前:名無しさんといつまでも一緒[]投稿日:2007/09/10(月)09:51:150
ちょっと前旦那にばれたとメールが来た
別れのメールなのかと思ってたら
本当だった
辛いけど別れなきゃならないのかななんて考えてた

彼女と話し合ってお互い好きな気持ちは確認した
でももう無理なんだよねとお互い抱き合って泣いた

昨日の夜彼女が家に来た、旦那に追い出されたらしい
旦那は「まだ相手が好きで、でも離婚は出来ないから
帰ってくるのか?人を馬鹿にするのもいい加減にしろ
お互い様以上に俺に何か問題があったならはっきり言えばいい
ちゃんと考えが纏まるまで帰ってこなくていいから」
と言われ追い出された。自分だけの家でもないのに酷いと思う

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

|||

2014年2月6日 | 寝取られ体験談カテゴリー:不倫・浮気体験談

【寝取られ】娘婿殿【体験談】

42才の主婦です。
20才の一人娘の婿は21才、3人兄弟の末子で幼い頃母親を亡くし、結婚が決まった時は我が家に同居する事をとても喜んでくれて、私のことを実の母のように接してくれていました。
 それは7月の中旬のことでした。婿殿は夏休みで、朝から二人きりになりました。
 結婚出産が早く、趣味のテニスを続けていることもあってスタイルには自信があり、娘と並んで買い物に出かけると若い子達に声を掛けられることも何度かありました。
 私は、暑いのでショートパンツにノーブラでTシャツを着て洗濯物を干していました。
洗濯ネットの中では私のパンテイーと婿のトランクスがからみあっていて、思わず苦笑してしまいました。
物干し竿に洗濯物をかけていると自分でも乳首が立ち、心なしか透けているのに気付きましたが気にも留めずいると、視線を感じ辺りを見回すと娘たちの寝室のカーテンが動いたのに気付きました。
『若い子には刺激が強かったかな・・・』と、思いつつも見られていた事がうれしくもありました。
 お昼寝のあと洗濯物を取り込み、娘たちの寝室へそれを持っていった時のことです。
静かなのでてっきり婿は外出中と思い、ノックもせずに部屋に入るとベットの上で下半身を丸出しにした婿がオナニーの最中です。
しばらくはお互いに目線を合わせたままでした。
私はふっと、「ゴメン!!」と、言って部屋を出ようとすると彼が「待って、行かないで、母さんこっちにきてよ」と、言いました。
ベットに近づくと息子は立ちあがり抱き着いてきました。
「母さん好きだ、最初に会ったときから好きだった・・・」と、告白されてしまいました。
その間、先程の物干し竿のように大きくて長い息子のオチンチンは真上を向いたままです。

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

||||

2014年2月6日 | 寝取られ体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【修羅場】少年実話 14【制裁】

俺は何故か、付き合う女の子(風俗嬢)に、よく身内を紹介されます・・・。
物凄く困る・・・。何も言えないし、対処方法が判らない。
「今度の生休に、実家に帰ろうと思うんだけど。」彼女は夕食を作りながら
テレビを観ている俺に言いました。聞こえていない振りをしていると、
目の前まで来て、「一緒に長野まで来てよ!」と言うので、
「面倒くさいよ。一人で帰れよ・・・。」と言いました。彼女は
「結婚してくれ!とかじゃあーないから。遊びに行くだけ。」と言いました。
「電車(あずさ)は酔うから、嫌なの。車で一緒に行ってよ。」と頼まれました。
当日、起きない俺を無理やり起こし、スーツに着替える様に言いました。
「オイオイ!何でスーツやねん!!もっと、ラフなカッコが・・・。」
彼女は顎と目で”早く!!”と合図して、シャツを俺に着せました。
「こんなん、いつ買ったんや。ダサダサや〜。」そのスーツは全く、
俺の趣味に合わない、3つボタンのシングルで、鏡に映る自分は
”七五三”の”とっちゃん坊ーや”でした。ハメられた・・・。内心、思いました。
首都高4号新宿線から中央道に入り、新緑が綺麗で彼女は少し

この寝取られ体験談の続きを読む »

寝取られ体験談検索用タグ

||||||

2014年2月5日 | 寝取られ体験談カテゴリー:修羅場体験談

このページの先頭へ